黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第2部

    琥珀暁・駆逐伝 6

     ←琥珀暁・駆逐伝 5 →琥珀暁・駆逐伝 7
    神様たちの話、第75話。
    今後の打算。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     エリザの放った魔術によって巨獅子は吹き飛ばされ、基地の壁に叩きつけられる。
    「グウ……ウ……」
     そのまま壁を突き破り、基地の中にまで入ってきたものの、巨獅子はぴくりとも動かず、大量の血を流している。
     頭や体も左半分ほどしか残っておらず、絶命したのは明らかだった。
    「よっしゃ!」
     エリザは魔杖を振り上げ、一目散に基地へと向かう。
    「皆、無事ですー!?」
     中に入るなり、エリザは大声を上げて尋ねる。
    「ああ、大丈夫だ!」
    「ヒヤヒヤしたけど、問題なし!」
     すぐに大声で返事が返され、エリザも、続いて基地に戻ってきた本隊も、一様にほっとした表情を浮かべた。
     やぐらから降りてきた見張りに、エリザはにこっと笑いかける。
    「後はシモンさんらを待つだけですな」
    「いや、その前にさ」
     が、見張りは苦笑いを浮かべる。
    「壁直さないと。そこから入って来られたら困るし」
    「あ、……すんません」
     ぺこっと頭を下げたエリザに、見張りが「いやいや」と返す。
    「巨獅子が生きて入ってくるより全然ましだし、気にしないでいい。
     それより疲れただろ? 寝床の準備できてるらしいから、皆、ゆっくり休んでくれ」
    「は~い」
     見張りに促され、エリザたちはぞろぞろと屋内に向かった。



     一方、村の方では――。
    「掃討班、応答願う。こちら隊長のゲート・シモン、どうぞ」
     まだ疲労の回復しきっていないゲートが、まだわずかに形を残していた廃墟にもたれかけながら、救助を要請していた。
    《こちら掃討班、ゴア。どうしました、隊長?》
    「村に出現した巨獅子を撃破したが、疲れて動けん。
     こっちに残ってるのも似たような奴ばっかりだから、戻るのに手を貸して欲しい」
    《了解です。何人残ってますか?》
     返事を受け、ゲートは周囲の人数を数える。
    「えーと……、14人だな、俺含めて。ケガ人もいるし、マジで立ち上がれんくらいぐったりしてるのもいるから、担架がいりそうだ。そっちで用意できそうか?」
    《いやー、ちょっと持ってきてないです。そちらで作れます?》
    「分かった。有り合わせでどうにか作ってみる。何人くらい来られる?」
    《そうですね……、巡回がもう必要なければ全員で向かいますが、どうしましょう?》
    「そうだな、村は制圧したし、増援が来る可能性もほとんど無いだろう。分かった、皆こっちに来てくれ」
    《了解》
     通信を終えるなり、ゲートはその場に座り込む。
    「ふー……、どうにかなったな」
     その一言に、周囲の緊張も緩み始める。
    「そうですね」
    「一時はどうなるかと思ったけどな」
    「ああ。ドッジがやられたって聞いた時は……」
     それを聞いて、ゲートがふらふらと立ち上がる。
    「どうしたんですか、隊長?」
    「いや、バタバタしてて一瞬忘れてたが、……ドッジたちを弔ってやらなきゃな」
    「ああ……」
     ゲートの後を何人かが続き、巨獅子が現れた周辺を探る。
    「ひどい格好だな。……原型残ってるだけマシか」
     ゲートたちは仲間の死体を集める一方で、村の外れに穴を掘り、そこに埋めていく。
    「勝手にこんなとこ掘っていいのか?」
     一人がそう尋ねたが、ゲートは苦い顔を返す。
    「他に無いだろ。持って帰るには数が多いし。
     それに――エリちゃんには悪いが――既に村としては崩壊してるからな。どこに穴掘ったって、咎める奴はいないさ。一応、通行の邪魔にならなさそうな場所にはしたが」
    「ここ、これからどうするんだろうな?」
     と、また別の一人がそうつぶやき、ゲートが尋ね返す。
    「どうって言うと?」
    「お前も自分で今言っただろ? ここはもう、村としては終わっちまってる。元いた奴らもネール氏の村に移ってるし。
     もっぺん村として作り直すには、かなり手をかけなきゃならんだろうし、もう放棄するかも知れないな、って」
    「いや、エリちゃんが言ってたが、ここにはかなり良質の鉱床があるらしい。金も出るって言ってた」
    「そうなのか? ……そうか」
     ゲートの言葉に、何人かがきょろ、と辺りを見回す。
    「どこにあるって?」
    「さあ? そこまでは聞いてないな。……まさかお前ら、勝手に掘ろうって思ってるんじゃないだろうな」
    「いや、思わない方が無理だろ?」
     ゲートに咎められるが、反発する者も現れる。
    「あの山越えてまで遠征させられた上、死人が出たんだぜ? それなりの報酬が無きゃ、誰だって納得できないだろうと、俺は思うがね」
    「……うーん、……確かに、一理ある」
    「だろ? そこら辺、一度タイムズに確認するべきじゃないのか?
     この遠征を指示したのはタイムズだし、報奨もあいつの裁量で決定されるだろうし」
    「そうだな。基地に戻ってから報告する予定だから、その時に聞いてみるよ」
    「ああ、たの……」
     と――全員が顔を真っ青にし、静まり返る。
     ゲートも「その異状」に気付き、言葉を失った。
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・駆逐伝 5】へ
    • 【琥珀暁・駆逐伝 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・駆逐伝 5】へ
    • 【琥珀暁・駆逐伝 7】へ