FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    短編・掌編

    サティスファイ・ジョーンズ・ロッカー

     ←イラスト;葛(白猫夢) →イラスト;狼獣人
    サティスファイ・ジョーンズ・ロッカー

     私は満足している男だ。

     多少のトラブルや諍いはあれど、仕事は順調である。
     高級車や一戸建ては買えないが、貯金も資産も多少ある。
     少しばかりぽっちゃりしていて首や肩が凝り気味だが、健康も概ね問題ない。
     愛する人や親密な友人もいないが、孤独と思ったことも無い。
     特に過不足も無く、平穏そのもの。それが私の人生である。



     ある時、胡散臭い老人が目の前に現れた。
    「このボタンを押せば、君に幸せが訪れる」
     その他、何かしらしゃべっていたが、あまり覚えていない。
     老人からボタンを受け取った私は、一度もそのボタンを押すこと無く、自宅の押し入れに収めた。

     ある時、あからさまな出で立ちの紳士が目の前に現れた。
    「このノートに願いを書けば、どんなものでも叶うのです」
     その他、何かしら説明していたが、あまり覚えていない。
     紳士からノートを受け取った私は、一文もそのノートに書きつけること無く、自宅の押し入れに収めた。

     またある時は、いかにも偉そうな科学者が現れ、珍妙な機械を私に渡す。
     はたまたある時は、明らかに放浪している風の行商人が、変わった小箱を私に渡して逃げ去る。
     その他、色んな人々がどう言うわけか、私に様々なモノを渡していく。
     しかしそのどれにも手を付けること無く、私はそれらを全て、自宅の押し入れに収めていった。



     そんな私も老境を迎え、押し入れは満杯になっていた。
     大抵のことには動じない私も、流石に押入れ付近の雑然とした状況を疎ましく思い、兄弟やその子供たち、さらにその孫たちにも片付けの手伝いを頼んだ。
    「もう、大叔父さんは不精だなぁ」
    「あとでアイスおごってよー?」
     そんな風に文句を言いながら、姪孫たちが押し入れから色々とモノを出していく。
    「ねえ、大叔父さん。このボタン、なに?」
     聞かれたので、私は覚えている限りのことを答える。
    「押すと幸せになるんだってさ」
    「なにそれ、ウソくさーい」
     姪孫が笑う一方、別の姪孫が尋ねてくる。
    「大叔父さんは押したの?」
    「いいや。もらいものだけど興味無かったから、とりあえず押し入れに入れといたんだ」
    「押していい?」
    「あげるよ。いらないし」
     姪孫はボタンを両手に抱え、嬉しそうにしていた。
     と、別の姪孫がノートを掲げている。
    「これなにー?」
     聞かれたので、また私は覚えている限りのことを答える。
    「書いたことが叶うんだってさ。興味無かったから、とりあえず押し入れに入れといたんだ」
    「ふーん。もらっていい?」
    「いいよ」
     そしてまた別の姪孫が、小箱を持って来る。
    「これはー?」
    「いいものが入ってるんだってさ。興味無かったから……」「とりあえずおしいれにいれといたんだー、……って?」
    「そう、そう」
     結局、私の家の押し入れに収まっていた様々なガラクタは、すべて姪孫たちが持って行った。

     その後、私は特に後悔も不満もなく、満足して生涯を終えた。



     そして彼岸へ渡った先――私の前に、ずらりと人だかりができていた。
    「あ、あなた……どうしてなんです?」
     口火を切ったのは、かつてノートを私に渡した紳士だった。
    「どうして一度も、私たちの贈り物を使って下さらなかったんですか!?」
    「どうしてって、……うーん」
     私は首をひねりつつ、こう答える。
    「別にこれと言って欲しいものも無かったしなぁ」
     私の返答が不満だったらしく、他の者たちも口々にぼやき出す。
    「も、もったいない!」
    「使ってくれれば……」
     それを受け、私は姪孫たちに渡したことを彼らに伝えたが――。
    「そんな話をしてるんじゃないんです!
     もうお気づきでしょうけど、私たち全員、あなたを惑わすべく参上した悪魔ですっ!
     あなたを地獄に堕としてやろうと色々、色々企んでたのに、なんで全然引っ掛かってくれないんですかあっ!?」
    「はあ、……なんかすみません」
     揃って意気消沈する悪魔たちの中、一人、こんなことをつぶやく者がいた。
    「こんな奴初めてですよ……。人間誰だって、ちょっとくらい欲があるって言うのに。
     あなた、『もうちょっとくらい』って思わなかったんですか?」
     そう聞かれて、私は答えた。
    「そう言うの、あんまり……。
     私、自分の人生に満足してましたので」

     結局、恨みがましい目でにらんでくる悪魔氏一同を横目に、私は天国行きのバスへと乗った。
     その道中、背中に白い羽の生えた運転手がクスクス笑いながら、こう教えてくれた。
    「あなたのことは『こっち』でもうわさになってましたよ。
     悪魔に一度も誘惑されなかった男だって」
     とは言え特に何かをしたと言うわけでもないので、私は「はあ」とだけ返した。



     私は常に満足した男だった。
     悪魔氏一同にとっては、ひどく不満な男だったようだが。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【イラスト;葛(白猫夢)】へ
    • 【イラスト;狼獣人】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【イラスト;葛(白猫夢)】へ
    • 【イラスト;狼獣人】へ