FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 2

     ←DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 1 →DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 3
    ウエスタン小説、第2話。
    怪盗紳士、三度目の登場。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
    「で、どの店の豆が美味しいって話なの?」
    「そこなんだよなぁ」
     エミルと共に街の大通りを歩きながら、アデルは肩をすくめる。
    「グレースの奴、コロンビア産のがどーの、アフリカの方から輸入したのがどーのって色々うんちくを垂れてばっかで、結局『ここがあたしのイチオシね』ってのを教えてくれなかったんだよ。
     しまいにゃ俺も『ああ、こりゃ聞くだけ時間の無駄だ』と思って、適当に切り上げてきちまったんだよな」
    「役に立たないわね。勿論あんたじゃなくて、アシュリーの方がだけど」
    「まったくだ」
     この日、二人は揃って買い物袋を抱えながら、街をぶらついていた。
     と言ってもプライベートではなく、探偵局で使う紙やインクなどの消耗品、そしてコーヒーやドーナツと言った飲食物の買い出しである。
     それでも単調なデスクワークよりも幾分気楽な作業であるためか、それとも街を流れる秋風が心地いいためか、二人の雰囲気は軽く、呑気なものだった。
     そんな雰囲気の中で交わす取り留めの無い話が、アデルが交流を持つ情報屋のアシュリー・グレースに触れたところで、エミルが尋ねてきた。
    「そう言えば聞いた話だけど、あの子、副局長の娘さんですって?」
    「苗字も一緒だし、多分そうなんだろ。
     局長曰く、副局長は『情報収集と分析、そしてその応用・活用にかけては、彼の右に出る者はいない』って話だし、そこら辺の才能が娘に遺伝したんだろうな」
    「お父さんに比べたら、腕と扱う情報は雲泥の差だけどね。
     でも本当に娘さんなら、なんでうちに入らないのかしら? 街の裏手でコソコソやってるより、よっぽどマシなはずなのに」
    「さあ……? 今度、副局長に聞いてみたらどうだ?」
    「その『今度』がいつになるやら、だけどね」
    「違いない。あの人いつも、いるのかいないのか分からんって感じだし。あの人の席、いつ見ても猫しかいないからなぁ」
    「あはは……」
     のんびり世間話に興じながら、二人は通りの角を曲がり――その途端に揃って駆け出し、裏路地に滑り込んだ。
    「あんたも気付いてた?」
    「そりゃな。と言うより、わざと姿を見せてる気配すらあったぜ」
    「そうね。あたしもそれは感じてた。
     となると多分、あたしたちがこの路地に隠れることも計算に入れてるでしょうね。……そうでしょ?」
     通りに向かって呼びかけたところで、声が返って来る。
    「ええ、ご明察です」
    「……また、あんたなの?」
     エミルがげんなりした声を漏らす。
     間を置いて、声の主が裏路地に入ってきた。
    「ごきげんよう、マドモアゼル・ミヌー。それからムッシュ・ネイサン」
     現れたのは、あの「西部の怪盗紳士」――イクトミだった。



    「何の用だよ?」
     ぶっきらぼうに尋ねたアデルに、イクトミは恭しく帽子を脱ぎ、お辞儀をする。
    「単刀直入に申しますと、依頼をお願いしたく参上した次第です」
    「……あんたねぇ」
     呆れ顔で眺めていたエミルが、こめかみを押さえている。
    「さっきあたしたちを尾行してた時、普通の――あたしたちにとっての普通よ――スーツ姿だったじゃない。
     あたしたちと話をするためだけに、この一瞬でわざわざその白スーツに着替えたわけ?」
    「ええ。依頼するのですから、正装が適切かと思いまして」
     臆面も無くそう返すイクトミに、アデルは悪態をつく。
    「正装、ねぇ。俺には仮装に見えるが。
     まあいい。依頼だの何だの言ってるが、そんなもん俺たちが受けると思うのか? お前、自分がお尋ね者だってことが、全然分かって無いだろ」
    「良く存じておりますとも。自分のことですから。
     そしてムッシュ・ネイサンがどうであれ、マドモアゼル、あなたはこれからわたくしの言うことを、聞く気でいるはずです」
    「ええ、そうね。アデルがこう言う反応するってことも、あたしが半端な見返りじゃ動いたりしないってことも、全部把握しての、あんたのこの行動ですもの。
     さぞやあたしが求めてやまないような、そんな極上の報酬を持ってきてるんでしょうね?」
    「勿論ですとも」
     イクトミはにっこりと、微塵も悪意を感じさせない笑みを返した。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    ブログ「妄想の荒野」の矢端想さんに挿絵を描いていただきました。
    ありがとうございます!
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 1】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 1】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 3】へ