FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 4

     ←DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 3 →DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 5
    ウエスタン小説、第4話。
    アルジャン兄弟。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
    「アンリ=ルイ・ギルマン?」
     首を傾げつつも、アデルは懐からメモを取り出し、その名を書きつける。
    「名前からしてそいつもフランス系か? スペルはこれでいいのか?」
    「Hが抜けていますね。あと、AではなくEです」
    「分かりづれえな、無音のアッシュ(注:フランス語は基本として、語頭の『H』を抜いて発音する)かよ」
    「それがフランス語と言うものです」
    「こいつが今、どこにいるのかが知りたいのか?」
     尋ねたアデルに、イクトミは恭しくうなずく。
    「その通りでございます」
    「ちょっと待ちなさいよ」
     と、エミルが再度さえぎる。
    「あんた、受けるつもりなの? まだ報酬が何なのかも聞いてないのに?」
    「ああ、そうか。つい流れに乗せられちまった」
     アデルは首をぶるぶると振り、イクトミをにらみつける。
    「いい加減聞かせてみろよ、お前が持ってきた報酬とやらをよ?」
    「ええ。先程示したものこそが、わたくしの提示する報酬でございます」
    「何だって?」
     首を傾げるアデルとは反対に、エミルは納得言ったような表情を浮かべる。
    「そう言うこと?」
    「さて、どうでしょうか」
     そんな風に言葉を交わしつつ、目配せし合った二人に、アデルは苛立たしさを覚えた。
    「何だよ?」
    「つまりね、こいつは知ってるのよ。『あの二人』の居場所を」
     エミルからそう説明されるが、アデルには依然としてピンと来ない。
    「あの……二人?」
    「アルジャン兄弟よ。ほら、いつものあんたなら手帳開いて、賞金額を確かめるところじゃない?」
    「ん? ……お、おう」
     言われるがまま、アデルは自分の手帳を開き、賞金首のリストを確認する。
    「トリスタン・アルジャン、賞金9800ドル。結構な大物だな。
     ディミトリの方はデータが無いが……」
    「一応ながら、ディミトリは一般市民として生活しているようですから。
     しかし兄のトリスタン、即ち犯罪者へ改造拳銃を提供したり、非合法のルートでM1873のコピー品を国内外へ流したりと、裏を覗けばかなり『臭い』ことを行っているようです」
    「M1873のコピー品……? おい、それってまさか」
    「ええ、ご明察です。あのリゴーニ地下工場で見た、大量の武器。
     あの製造にも、ディミトリが関わっていたようなのです」
    「マジか」
     これを聞いて、アデルは真剣になった。
    「それが本当なら、アルジャン弟も立派な犯罪者ってわけだ。
     少なくともウィンチェスター社からは著作権侵害で訴えられるだろうし、そもそも密輸って点でお縄になる」
     エミルも真面目な顔でうなずいている。
    「軽く見積もっても3~4000ドルのお尋ね者になるわね。兄弟合わせれば12000ドルに届くかも知れないわ」
    「と言うわけです。これはかなりの報酬と言えるのではないかと、わたくしは思っているのですが」
     そう尋ねたイクトミに、二人は揃ってうなずいて返した。
    「なるほどね。確かに美味しい話だわ」
    「捕まえられれば、の話だがな」
    「お二人ならばそれが可能、そう思って提示した次第です。
     どうでしょうか? わたくしの依頼、お受けになっていただけますか?」
    「この場ですぐイエスとは言えないわね。あたしたちは基本的に、探偵局の人間だし」
     そう返したエミルに、イクトミは苦い顔をする。
    「と言って探偵局にわたくしが依頼しに参れば、その場で拘束されるでしょう?」
    「当たり前だろ。強盗殺人犯を放っておくわけが無い」
     アデルにも冷たい態度を取られ、イクトミはやれやれと言いたげに首を振る。
    「では、ここは一旦お暇するといたしましょう。また明日、午後3時に、電話にてご連絡いたします。その時に返事をお聞かせ下さい。
     では、わたくしはこれにて」
    「え?」
     次の瞬間、イクトミはほとんど垂直に飛び上がり、ビルとビルの間をとん、とんと蹴って二人の頭上をやすやすと越え、そのまま大通りへと消えた。
    「……やられた」
     上をぽかんと見上げたまま、アデルがうめく。
    「あっちのペースに乗せられっぱなしね。
     まあ、とりあえず帰って局長と相談しましょ」
     そう言って、エミルは傍らに置いていた買い物袋を手に取った。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 5;緑綺星
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 3】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 3】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 5】へ