FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 5

     ←DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 4 →DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 6
    ウエスタン小説、第5話。
    無理筋の依頼。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
    「なるほど」
     アデルたちの話を聞き終え、パディントン局長はそれだけ言って黙り込んだ。
    「……どうしましょうか?」
     沈黙に耐えかね、アデルが尋ねる。
    「ふむ……」
     しかし、局長はうなるばかりで、返事は返って来ない。
    「迷うことがあるのかしら?」
     エミルからそう問われ、ようやく局長は応じた。
    「いや、迷っているわけじゃあない。
     君の言う通り、その依頼は受けて然るべきものだろう。我が探偵局が凶悪犯2名を拿捕できる絶好のチャンスだ。情報提供者が犯罪者だとしても、そんなことはチャンスを逃す理由にはならん。
     一方で、疑問がある。イクトミが何故我々に対し、そんな依頼をしてきたのか? その点だ」
    「確かにね」
     局長の指摘に、エミルもうなずいて返す。
    「あの怪盗気取りの伊達男がわざわざあたしたちの前に現れ、わざわざ依頼なんかしに来るその理由が、さっぱり分からないものね」
    「そう、それだ。
     彼は探偵として動けば、恐らくそこいらのヘボ探偵より余程、いい仕事をするだろう。リゴーニ地下工場事件の一件だけでも、その才能と実力がよく分かる。
     が、それ故に何故、我々に依頼してきたのかと言う疑問も、一つの解が付けられるだろう。即ち、彼のその『相当の手腕』を以てしてもなお、そのアンリ=ルイ・ギルマンなる人物の足跡を追うことができなかったのだろう、と言うことだ」
    「なる……ほど」
     局長の見解を聞き、アデルは嫌な予感を覚える。
    「つまり我々にとっても、この依頼は相当な無理筋だ、と見るべきでしょうね」
    「うむ。……そこでエミル、君に聞きたいことがある」
     局長からそう尋ねられ、エミルはけげんな顔を向ける。
    「どうしたの、改まって?」
    「君は『組織』に詳しい、と考えていいのだね?」
    「ええ、まあ。少なくともあなたよりは詳しいでしょうね」
    「では尋ねるが、このギルマンと言う人物は、『組織』においてどんな役割を担っていたのかね?」
     局長の質問に、エミルはわずかに表情を曇らせる。
    「それは……」
    「言えない、と言うことかね?」
    「違うの。そうじゃなくて、……そうね、まず、あたしが『組織』でどんな立場にいたかってことから話すけれど」
     そう前置きし、エミルはぽつりぽつりと言った口調で話し始めた。
    「まず、あたしが『大閣下』の孫だったって話は、知ってるわよね?」
    「うむ」
    「その、言ってみれば、……何て言うか、そう言う立場って、例えば国王に対する王女、みたいなものじゃない?」
     珍しく、顔を赤らめつつ話すエミルを見て、アデルは内心、笑いが込み上げそうになる。
     それを見透かされたらしく、エミルがにらんでくる。
    「なによ?」
    「い、いや。何でも」
    「……コホン。と、ともかく、そう言う、その、王女って、例えば騎士団に入ったり、政治に携わったりする?」
    「なるほど。つまり、言わば君は『籠の鳥』として扱われていた、と言うことか」
    「そう言うこと。だから、あんまり幹部がどうだったとか、『組織』が何をしてたかとか、詳しくないのよ。
     だからそのギルマンって奴も、全然面識は無いの」
    「ふーむ……。となると、手がかりが全く無いな。イクトミに聞くしか無さそうだ」
    「どうでしょうね? 依頼してくるほどだから、相手も大したことは知らないんじゃ……?」
     そう返したアデルに、局長は肩をすくめる。
    「何の接点も関係も無い人間を探してくれなどと頼むような人間は、この世にはまずいるまい。捜索を依頼するのならば、必ず何かしらのつながりがあって然るべきだ。返事をするのはそれを聞いてからだろう。
     仮にアデルが言う通り、本当に何の接点も無く、何の手がかりも与えられないとなると、その依頼は断る他無い。何の手がかりも無いまま局員をあてどなく放浪させるほど、我が探偵局は暇ではないからな」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 4】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 4】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 6】へ