FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 6

     ←DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 5 →DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 7
    ウエスタン小説、第6話。
    探偵王と怪盗の邂逅。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     翌日、3時。
     壁に取り付けられた電話がじりりん、と鳴り出したところで、局長がすぐに受話器を取った。
    「はい、こちらパディントン探偵局。……うむ、そうだ。私がパディントンだ。
     君はイクトミかね?」
     局長の後ろで様子を伺っていたアデルとエミルは、顔を見合わせる。
    「来たわね」
    「流石、伊達男。3時きっかりだな」
     その間にも、局長とイクトミは電話越しに会話を交わしている。
    「そうだ。私が話をする。……いや、彼女はいるよ。私の後ろにね。
     ……そうは行かない。君はエミル嬢にではなく、このパディントン探偵局に対して依頼したのだろう? ……個人的に、であったとしてもだ。彼女は個人業じゃあなく、局に所属する人間だ。である以上、彼女の仕事は局がマネジメントするのが道理だろう? ……ははは、馬鹿を言うものではない。いつ終わるとも知れん仕事をさせるために休暇を取らせるなど、私が認めると思うのかね? ……そう言うことだ。それが嫌だと言うのならば、これまで通り一人で捜索したまえ。
     ……うむ。ではもう少し詳しい話をしようじゃあないか。いつまでもそんなところで私たちを眺めていないで、……そうだな、こっちのビルの斜向いに店がある。君のいるウォールナッツビルの、3つ左隣の店だ。……そう、ブルース・ジョーンズ・カフェだ。
     そこなら捕まる、捕まえるなんて話抜きで相談もできるだろう? 無論、衆人環視の中でドンパチやるほど、我々も無法者じゃあないからな。君もそう言うタイプのはずだ。
     ……決まりだな。私たちもすぐ向かうから、君もすぐ来たまえ」
     そこで局長は電話を切り、窓の外に向かって手を振る。
     その様子を眺めていたエミルが、呆れた声を上げた。
    「あのビルにいたの?」
    「うむ、予想はしていた。彼も慌てたようだよ。居場所を言い当てられたものだから、指摘した瞬間、声が上ずったよ」
    「伊達男も形無しね、クスクス……」



     15分後、局長が指定した喫茶店に、一般的な――今度は「東部都市では」と言う意味で――スーツ姿で、イクトミが姿を現した。
    「あら、白上下じゃないのね」
     指摘したエミルに、イクトミは苦笑いを返す。
    「流石に目立ってしまいますから。わたくしも、色々と狙われる身でしてね」
    「ふむ」
     イクトミのその言葉に、局長が納得したような声を漏らす。
    「つまりギルマン某を探したい、と言うのは、やはり組織に関係してのことかね?」
    「左様です」
     イクトミが椅子に座ったところで、局長がメニューを差し出す。
    「私がおごろう。ここのコテージパイは絶品だそうだよ」
    「ほう。ではそれと、コーヒーを」
     そう返したイクトミに、局長はニヤっと笑いかける。
    「君もコーヒー派かね?」
    「ええ。氏はイギリス系とお見受けしますが、紅茶は?」
    「実を言えば、あまり好きじゃあないんだ。それがイギリスを離れた理由の一つでもある」
    「変わった方ですな」
    「君ほどじゃあないさ」
     やり取りを交わす間に注文し終え、間も無く一同の座るテーブルにコーヒーが4つ、運ばれてくる。
    「コテージパイが温まるまでにはまだ多少、時間がある。それまでに話を詰めておこう。
     まず、君からの依頼を受けるか否かについてだが、君から何かしらの情報を得られれば、受けてもいいと考えている」
    「情報……、何のでしょうか?」
    「まず、アンリ=ルイ・ギルマンとは何者なのか? 組織においてどんな役割を担っていたのか?
     そして何故、君はギルマンを探しているのか? それを聞かせて欲しい」
    「ふむ」
     イクトミはコーヒーを一口飲み、それから局長の質問に応じた。
    「ギルマンはいわゆる『ロジスティクス(兵站活動)』を担当していました。
     武器・弾薬と言った装備の調達や侵攻・逃走経路の確保、基地や備蓄施設の設営、その他組織が行う作戦について、あらゆる後方支援を行う立場にありました。
     そして……」
     イクトミはそこで言葉を切り、エミルに視線を向けた。
    「なによ?」
    「大閣下がマドモアゼルの手にかかって死んだと思わせ――その実、陥落せんとする本拠地からまんまと彼を連れ出したのも、ギルマンの仕業なのです」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    ブログ「妄想の荒野」の矢端想さんに挿絵を描いていただきました。
    ありがとうございます!
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 5】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 5】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 7】へ