FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 12

     ←DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 11 →DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 13
    ウエスタン小説、第12話。
    イクトミ襲撃の夜。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    12.
    「ごきげんよう、ご老人。騒がしい夜になりそうですな」
     そこには全身真っ白のスーツに身を包んだ伊達男が、拳銃を構えて立っていた。
    「……貴様……イクトミ……!?」
     アーサー老人は戦慄する。
     そして――銃声が、サルーン内に轟いた。



     だが、アーサー老人は傷一つ負うこと無く、その場に立ち尽くしたままだった。
    「……な、……なぬぅ?」
     流石のアーサー老人も、何が起こったのか把握するのに、数秒の間を要した。
     そして周囲の人間が、一人残らず射殺されていることに気付き、アーサー老人はもう一度イクトミに視線を向けた。
    「どう言うことだ? 何故彼らを殺した? まさかこいつらが一人ひとり、リーブル硬貨(18世紀までフランス王国で使われていた貨幣)を握っていたと言うわけでもあるまい」
    「ええ、左様です。
     彼らはあなたを狙っていたのです。そしてわたくしはあなたを探していた。であれば彼らを排除せねば、当然の帰結として、わたくしの目的は達せられません」
    「彼ら? こいつら全員が、私をだと?」
     アーサー老人はどぎまぎとしつつ、もう一度辺りを見回す。
    「彼らの懐を探ってみて下さい。その証明が見付かるはずです」
    「……うむ」
     イクトミの言う通りに、アーサー老人はカウンターに突っ伏したバーテンの懐を探り――そして、あの「猫目の三角形」が象(かたど)られたネックレスを発見した。
    「こいつら……!」
    「あなたはいささか、組織について知りすぎました。組織があなたや、あなた方を消そうとしています」
    「それを私に知らせるために、ここへ来たと言うのか?」
    「それも理由の一つです。あなた方がいなくなれば、わたくしもまた、早晩倒れることとなりますから」
    「どう言うことかね? ……ああ、いや」
     アーサー老人は長年の経験と勘、そして磨き抜いた人物眼から、イクトミに敵意が無く、友好的に接しようと距離を図っているのだと察し、フランクな声色を作る。
    「立ち話もなんだ、バーボンでもどうかね?」
     アーサー老人はカウンターの内側に周り、バーテンの死体をどかして、グラスを2つ取り出す。
    「ご厚意、痛み入ります」
     イクトミはほっとしたような顔をし、恭しく会釈をしてから、カウンターの席に付いた。

     カウンター周辺に漂っていた血と硝煙の匂いが、酒とつまみのバターピーナツの匂いに押しやられたところで、イクトミは話を切り出してきた。
    「わたくしのことを、いくらかお話してもよろしいでしょうか?」
    「うむ、聞かせてくれ」
     イクトミはバーボンを一息に飲み、ふう、と息を吐き出した。
    「インディアンとしての本名は、わたくしにも分かりません。
     仏系の父親からは一応、『アマンド・ヴァレリ』なる名をいただいておりましたが、10歳、いや、11歳くらいの頃から、自分からそう名乗ることは無くなりました。
     父はインディアンであった母のことを、家畜程度にしか思っていなかったことが分かりましたからね。その血を引くわたくしのことも、どう思っていたか。いや、悪感情を抱いていたことは間違い無いでしょう。
     そんな事情でしたから、11歳の頃に家を出ました。そんなわけで幼いながらも放浪の日々に入り、間も無く組織が『人材育成のため』と称して、わたくしを略取・誘拐しました。
     そこで私は、新たに『アレーニェ(蜘蛛)』と名付けられました。身体能力が他の子供と比べ、飛び抜けて高かったからでしょう。……しかしその名も結局、組織を抜けた際に捨てました。
     その後、紆余曲折(うよきょくせつ)を経て――わたくしは、己で自分自身を『イクトミ』と名付けたのです」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    ブログ「妄想の荒野」の矢端想さんに挿絵を描いていただきました。
    ありがとうございます!
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 11】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 13】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 11】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 8 ~ 悪名高き依頼人 ~ 13】へ