黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 9 ~ 赤錆びたガンスミス ~ 6

     ←DETECTIVE WESTERN 9 ~ 赤錆びたガンスミス ~ 5 →DETECTIVE WESTERN 9 ~ 赤錆びたガンスミス ~ 7
    ウエスタン小説、第6話。
    猛火牛、来る。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     ジョージタウンで作戦会議が行われた、その2日後。
     駅に掛けられた時計が2時40分を指すとほぼ同時に、列車がスリーバックス駅に到着した。
    「……」
     到着と同時に、一瞬、熊と見紛うほどの筋骨隆々の男が、のそりと客車から現れる。
     件(くだん)の「猛火牛」こと、トリスタン・アルジャンである。
    「……ふむ」
     彼は辺りをうかがい、むすっとした表情のまま、駅を後にし、通りを闊歩(かっぽ)する。
     その間にも時折、彼は周囲に視線を向けていたが、その都度安心したかのような、しかし、どこか腑に落ち無いと言いたげな鼻息を漏らし、歩き続ける。
     やがて目的の場所――弟の経営するガンスミス店が入った3階建ての木造建築、レッドラクーンビルの前に着く。
    「……」
     そこでももう一度、トリスタンは周囲を見回し、首を傾げる。
     が、それ以上何かするでもなく、彼は店に入った。
    「ディム、私だ。少し早いが、来たぞ」
    「ああ、兄さん」
     店の奥から弟、ディミトリ・アルジャンが手を拭きながら現れる。
    「いや、時間通りだよ。3時きっかり」
    「そうか」
     トリスタンは自分の懐中時計と、壁に掛けられた時計とを見比べ、またわずかに首を傾げた。
    「ではお前の時計が早いようだ。
     私の時計は駅の時計と合致していたが、こちらとは合っていない」
    「いいじゃないか」
     ディミトリは肩をすくめ、ふたたび店の奥へ戻る。
    「2つ時計があるんだ。同じ時間を示したって無駄だろ」
    「変わり者だな、相変わらず」
    「僕に言わせりゃ、兄さんも相当さ。なんだってそこまで神経質に、時間を気にするのさ?」
    「それが時間と言うものだ」
     トリスタンは奥へ進まず、店の中央に佇んだまま、弟の背中を眺めている。
    「私には、守らぬ人間の方が信じられん」
    「人それぞれ。合わせようって無理矢理言う方が、僕にはどうかしてると思うけどね」
    「その点は相変わらず、意見が合わんな」
    「逆に言えばその1点だけさ。他はわりと合ってるじゃないか」
     奥から戻ってきたディミトリが、左手に持っていたコーヒー入りのカップを差し出す。
    「これもね。バーボン嫌いだったろ?」
    「当然だ」
     トリスタンはカップを受け取り、掲げてみせる。
    「酒は人を堕落させる」
    「出た、兄さんの流儀その1」
     ディミトリはニヤニヤ笑いながら、右手のフラスコを掲げる。
    「ま、どんどん飲んでよ。いっぱいあるから」
    「いや」
     と、トリスタンはカップを傍らの机に置く。
    「本来の目的を先に済ませておきたい。渡してくれ」
    「ん? ああ、うん、拳銃だったね」
     ディミトリは棚から箱を取り出し、トリスタンに向かって開ける。
    「はいこれ。M1874のノンフルート、6インチカスタム。しっかり整備しといたよ」
    「うむ」
     トリスタンは拳銃を受け取り、懐に収め――ると見せかけ、それを突然、ディミトリに向けた。
    「な……、何だよ、兄さん? 物騒だなぁ」
    「妙なことばかりが起こっている」
     ディミトリの問いに応えず、トリスタンはじっとその顔を見据えつつ、話をし始める。
    「お前から銃を受け取るため、この町に来た。それ自体はいつものこと、至極まともな出来事だ。疑いの目を向ける余地など無い。
     疑うべきはこの町に着く2駅前、ジョージタウンからのことだ。私に対して、妙な視線が向けられているのを感じていた。明らかにあの狗(いぬ)共、連邦特務捜査局の奴らのものだ。
     なのでいつもの如く、組織に確認を取ってみれば、確かに私を拿捕せんと向かっている一団があると言う。数は20名。だが組織からの指示により無力化されており、後は私が各個撃破すれば終わりだ、との返答も得ていた。
     故に待ち構えていたが、ジョージタウンにおいても、その次のトマスリバーにおいても、そしてここ、スリーバックスに到着しても、視線は感じれど、姿をまったく現さず、何か仕掛けてくるような気配も無い。
     そして極めつけは――ディム、お前のことだ」
     かちり、と拳銃の撃鉄を起こし、トリスタンは続けて問う。
    「お前の瞳は私が知る限り、この31年間ずっと、緑色だったはずだ。
     だが今のお前は何故、茶色い目をしているのだ?」
    「……っ」
     飄々(ひょうひょう)と振る舞っていたディミトリの顔に、ここで初めて、焦りの色が浮かんだ。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 9 ~ 赤錆びたガンスミス ~ 5】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 9 ~ 赤錆びたガンスミス ~ 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 9 ~ 赤錆びたガンスミス ~ 5】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 9 ~ 赤錆びたガンスミス ~ 7】へ