黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 9 ~ 赤錆びたガンスミス ~ 13

     ←DETECTIVE WESTERN 9 ~ 赤錆びたガンスミス ~ 12 →DETECTIVE WESTERN 9 ~ 赤錆びたガンスミス ~ 14
    ウエスタン小説、第13話。
    子猫と猛火牛の交錯。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    13.
    「……う……!?」
     アデルは自分の右腕から血煙が上がるのを目にしたものの、それが何を意味するのか、一瞬では理解できなかった。
     だが、ボタボタと滝のように流れる血と、そして右腕から発せられる激痛が、アデルにその意味を、無理矢理に理解させた。
    「……あっ、が、……ぎゃああああっ!」
     こらえ切れず、アデルはその場に倒れ込む。
    「あ……、兄貴ッ!?」
     ロバートが駆け寄ってくるが、アデルに応じる余裕は全く無い。
    「うああ……うあ……いで……え……痛ええ……うあ……ああ……」
     口を閉じようとしても、勝手に悲鳴が漏れていく。
    「ヤバいっスって、これ、血、あのっ、姉御、そのっ……」
     ロバートが顔を真っ青にし、エミルに助けを求めるが、エミルは既にその場にいない。
     その時、エミルはトリスタンに向かって駆け出しながら、弾を撃ち続けていた。
    「Merde! Un salop! Quelle terrible chose tu lui fais!?(このクソ野郎! なんてことすんのよ!?)」
     その間にもトリスタンは、ダンの隣にいたもう一人を撃ち、残った1挺をエミルに向けていた。
    「S'il te plaît, pardonne-moi,mademoiselle(お許しを、お嬢)」
     そして前回対峙した時と同様、トリスタンは7発目の銃弾を発射する。
     しかし――エミルはそれを事も無げにかわし切り、お返しとばかりに2発、反撃した。
    「Je ne suis jamais surpris par un tel tour deux fois,un stupide(そんな手品で二度も驚きやしないわよ、おバカ)」
     流石のトリスタンもこれはかわせなかったらしく、1発は右肩を貫通し、そしてもう1発は額を削り、そのまま倒れさせた。

    「……やった……?」
     地面に伏せていたダンが顔を挙げ、恐る恐るトリスタンに近付く。
    「……ど、……どうだ?」
     拳銃を構えたまま、おっかなびっくりと言った様子でトリスタンの体を蹴り、動かないことを確認し、そのまま二歩、三歩と下がる。
    「……やったぞ!」
     そう叫び、ダンはその場に座り込んだ。
     エミルも一瞬、ほっとした表情を浮かべかけたが――。
    「……アデル! あんた、生きてる!?」
     エミルが振り向いたところで、ロバートが困り果てた声を上げる。
    「あ、姉御、姉御、兄貴が、兄貴が……」
    「……まさか」
     エミルが慌てて駆け寄り、アデルの側に座り込む。
    「バカ! こ、こんなところで、あんな奴のせいで、……そんな……」
    「あー、と」
     と、真っ青な顔をしていたエミルの肩に、とん、と手が置かれる。
    「俺のために感動的に泣いてくれるのはすげー嬉しいが、まだ死んでねーよ」
    「……え」
     むくりとアデルが上半身を起こし、左腕でロバートを小突く。
    「腕を貫通したから心底痛いっちゃ痛いが、指は普通に動かせるし、出血もヤバいってほどじゃない。骨だとか血管だとか、致命傷になりそうなところはそれてくれたらしい。
     だからロバート、お前も泣いてないで、さっさと手当てしてくれ。痛すぎて、マジで気ぃ失いそうだ」
    「へっ? ……あ、兄貴? 生きてるんスか?」
    「死んでてほしいのかよ、てめーは?」
    「いやいやいやいやそんなそんな、んなこと無いっスって! あ、えーと、手当てっスね? すんません、すぐ!」
     ロバートにたどたどしく止血を施してもらいながら、アデルはニヤニヤとエミルに笑って見せる。
    「ほれ、エミル。俺にいつまでも構ってないで、さっさとトリスタンを確保してこいよ。殺したとは言え、奴なら死んでも生き返ってきそうだからな」
    「……そう、ね。一応、縛るくらいのことはしておきましょうか」
     そう言って振り返ったところで、ダンが既に、トリスタンを縛っているのが確認できた。
    「こっちも死んでないみたいだぜ。脈があるのを確認した。気絶はしてるがな」
    「あら? 額を撃ったのに?」
    「それなんだが、骨がちこっと見えてる程度の銃創だ。どうやらかすめただけらしい」
    「……流石に『猛火牛』と言うべきかしら。あたしに反撃されてなお、紙一重でかわしてたのね」
     ため息をつくエミルに、止血を終えたアデルが軽口を叩く。
    「どっちもどっちだな。お前だってトリスタンの最後の1発、ひらっとかわしてたじゃないか」
    「あいつが7発撃てる特殊拳銃を持ってるってことは、前回の時点で分かってたことだもの。今回だって土壇場で使ってくるだろうってことは、予測できてたわ。
     ま、自爆覚悟でM1874を使われてたら、どうなってたか分からないけど」
     そこで3人同時にため息をつき――今回の大捕物は、一応の収束を迎えた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 9 ~ 赤錆びたガンスミス ~ 12】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 9 ~ 赤錆びたガンスミス ~ 14】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 9 ~ 赤錆びたガンスミス ~ 12】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 9 ~ 赤錆びたガンスミス ~ 14】へ