FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 9 ~ 赤錆びたガンスミス ~ 16

     ←DETECTIVE WESTERN 9 ~ 赤錆びたガンスミス ~ 15 →2018年2月携帯待受
    ウエスタン小説、第16話。
    さらなる危機。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    16.
    《……そうか》
     電話の向こうから帰って来たミラー局長の声は、ひどく落ち込んでいた。
    「申し訳ありません、局長」
     答えたダンに、ミラー局長が《いや》と返す。
    《君の責任では無い。と言うよりも、責任を追求できる状況には無い、と言った方が適切だろう》
    「……と、言うと?」
    《結論から言おう。
     連邦特務捜査局はその権限と機能を、連邦政府からの命令によって停止された》
    「な、何ですって? 一体、どう言うことなんですか?」
     思いもよらないことを耳にし、ダンは声を荒げる。
    「トリスタンの確保は、元から失敗の危険が大きかったんですよ? 実際に失敗したと言って、それだけで……」
    《その一件だけでは無いのだ》
     そう前置きし、ミラー局長は話を続ける。
    《実は君たちの他に3件、同時に派遣を行っていたのだ。
     君たちが発つ前後、いくつかの事件の捜査進展、もしくは解決に足る情報が入り、君たちも含めて4チーム、合計64名もの人員を合衆国中部・西部に送っていたのだ。
     だが、……君たちの中にスパイがいたことから、おおよその想像は付くだろう?》
    「……まさか」
     ダンの顔から血の気が失せる。それを見越したかのように、ミラー局長が《そうだ》と答えた。
    《結果から考えるに、特務捜査局には相当数のスパイがいたらしい。君たち以外の3チームはすべて消息を絶ち、誰一人として、ワシントンに戻って来ない。
     事態を重く見た司法省は先程、特務局の業務停止を通達した。こっちに残っていた局員は全員拘束され、監視下に置かれている。私にしても、このオフィスに軟禁されている状態だ。
     これまでの実績の低さから鑑みても、復活が認められることはまず、有り得ないだろう。恐らく君たちが成功していたとしても、覆ることは無い。
     特務捜査局は、もう終わったのだ》
    「そんな……!」
    《……スタンハート捜査官。頼みがある》
     と、ミラー局長の声が、これまでより一層、悲痛なものに変わった。

    《私は、君たちに対して一つ、裏切りを犯していた》
    「な、……何です、それは?」
     ごくりと唾を呑んだダンに、ミラー局長が恐る恐ると言った口ぶりで答える。
    《何も、私も実はスパイだったなどと、とんでもないことを言うつもりは無い。裏切りと言うのは、言うなれば、人事に関する操作だ。
     私はある者に身分を偽らせ、特務局の捜査員として入局させたのだ。君たちには、その人物の名前は、サミュエル・クインシーと聞かせていた。
     だが、実際には……》
     続く局長の言葉に、ダンは耳を疑った。
    「……はぁ!? あ、あいつがですか!?」
    《そうだ。
     頼む、スタンハート。あいつを助けてくれないか? 頼めるのは現在拘束されておらず、監視も受けていない君たちだけだ。
     もし引き受けてくれれば、私に出来る限りのことは尽くさせてもらうつもりだ。
     だから、……頼む。あいつがいなくなったら、私は、……私は……!》
    「……」
     ダンは黙り込み、その場にしゃがみ込んだ。
    《スタンハート? どうした?》
    「……俺一人でどうにかなる問題じゃ無いのは、分かってますよね?
     残った仲間の中で動けるのは、俺を除けば2人しかいないんです。それと、パディントン探偵局の奴ら3人。
     探偵局の奴らが手を貸してくれたとしても、6人です。たった6人で、サムを助け出せって言うんですか?」
    《法外な頼みであることは、十分に承知している。成功の可能性は極めて低いだろう。
     だが、私には頼むしか無いんだ》
    「……10分、時間を下さい。相談してきます」
     そこで、ダンは電話を切った。

     アデルたちのいる小屋に戻ってきたダンは、ミラー局長から依頼された内容を皆に話した。
    「……は?」
     当然と言うべきか、全員が唖然とした顔になる。
    「い、いや? どう言うことだよ、それ?」
    「言ったままだ。
     特務局は壊滅した。残った局員は全員、拘束・監視されてる。
     そして生き残った奴でサムを助けてこい、……だとさ」
    「前2つはまだ納得できる。当然の処置だろうからな」
    「だがワケ分からんのは3つ目だ」
    「何でわざわざこの状況で、サムを助けに行かなきゃならないんだ?」
     異口同音に尋ねてくる皆に、ダンは苦い顔を向けた。
    「その、……これも今聞かされて、俺自身もマジかよって思ってることなんだが」
     と、ダンをさえぎり、エミルが口を開いた。
    「あたしは知ってたわよ。サムのこと」
    「え?」
     目を丸くするダンに、エミルがこう続けた。
    「本人から聞いたもの。『事情があるから』って。
     あたしは手を貸すわよ。あの子、助けに行きましょう」
     その一言に、アデルが手を挙げる。
    「お前がやるってんなら、俺も行く。坊やには世話になってるしな」
    「ありがと」
     エミルが笑みを返したところで、ロバートも続く。
    「さっきも言った通りっス。お二人が行くなら俺もっス」
    「と言うわけで、これで3人よ。で、話を聞いたあんた自身は?」
     エミルに尋ねられ、ダンは顔を帽子で覆いつつ、うなずいた。
    「やるよ。事情を聞かされたら、嫌って言えねえよ」
    「その事情って結局、何なんだ?」
     残る2人が尋ねたところで、ダンが答えた。
    「結論から言うぜ。
     サミュエル・クインシーは偽名だ。本名はサマンサ・ミラーだとさ」
    「……え」
    「それって、つまり」
     エミルとダンを除く全員が、驚いた様子を見せる。
     それを受けて、エミルがこう続けた。
    「つまり、そう言うこと。『あの子』は局長の娘なのよ」

    DETECTIVE WESTERN 9 ~赤錆びたガンスミス~ THE END

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    これにてDW9、終了です。
    次回作はもう半年くらい待っていただければ、多分。

    ちょっと間を置いて、2月5日よりいよいよ、「琥珀暁」第3部の連載を開始します
    とりあえず2018年、出だしは良さそうです。
    お楽しみに!
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 9 ~ 赤錆びたガンスミス ~ 15】へ
    • 【2018年2月携帯待受】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 9 ~ 赤錆びたガンスミス ~ 15】へ
    • 【2018年2月携帯待受】へ