FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・陥港伝 1

     ←イラスト;虎獣人 →琥珀暁・陥港伝 2
    神様たちの話、第81話。
    拡がる世界。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     時に、人間の行いは奇跡や神業と表現されることがある。

     ただの人間一人には到底成しようの無い偉業を成し遂げ、ただの人間一人にたどり着くことのできない叡智を手にし、そしてただの人間一人では決して得られない未来を掴み取る。
     一人では何も成せず、たどり着けず、獲得できなかったとしても、そうした人々が同じ目的の元に集まり、揃って力を奮い、互いに知恵を絞り、偏(ひとえ)に勇気を持って挑むことで、できなかった「何か」ができるようになる。
     人類の歴史は一人で築いたものではなく、無数の人間の協力と連携、共存によって築かれてきた。即ち人間にとって最も大きな、そして強力な武器とは、「団結すること」なのだ。

     この双月世界においてその真理を誰よりも良く、そして誰よりも早く理解していたのは、紛れもなくゼロ・タイムズその人である。
     彼は己一人が唯一無二の英雄となるようなことを厭(いと)い、己の知識と技術を人々に広く伝えると共に、その人々と同じ目線に立って動き、考え、戦うことで、人々を堅く団結せしめたのだ。
     その体制が10年、20年と続くうち、効果は如実に現れていた。人々は自らの生息圏を少しずつ、しかし着実に獲得していった。それは必ずしもゼロの指示に依るものでは無く、人々が己の心のままに、版図を拡大していったのである。
     かつて無数のバケモノに怯え、逃げ、そして蹂躙されてきた人々は、自らバケモノに立ち向かい、退け、自分たちの生活圏から駆逐していった。それに伴い、人々の心もまた、恐怖や諦観から解放され、新天地や希望に満ちた生活、幸福を次々に求めるようになっていった。

     そして双月暦22年を迎えた頃には、人々は最早「壁の山」を畏れるようなことも無く、かつて跋扈していたバケモノも、お伽話の類として扱うようになりつつあり――また、こうした突飛なことをうそぶくような者さえも、巷に現れ始めていた。



    「例えばさ、ずーっと行ってみたらどうよ?」
     ニヤニヤしながら語る狼獣人に、船に同乗していた短耳が呆れた顔を向ける。
    「ずーっとって、この海をか?」
    「そうだよ。岸も見えなくなるくらい、ずーっと遠くまで。そしたらよ、何かあるかも知れないだろ?」
    「無い無い。干からびて死ぬのがオチだ」
    「んなコト断言できねーだろ?」
     そう反論する「狼」に、短耳は皮肉げに答える。
    「やってみればどうだ? 間違い無くお前、そのまま死ぬだろうけどな。賭けてもいい」
    「おう、言ったな? じゃー俺は何か見付かる方に100クラム賭けるぜ。後悔すんなよぉ?」
    「やりたきゃ勝手にやれよ。でもな、ロウ」
     短耳は釣り糸を海から引き上げつつ、やはり皮肉じみた笑みを向ける。
    「やるなら俺を下ろしてからやれよ? お前と海のド真ん中で心中なんてまっぴらだ」
    「はっは、俺だって勘弁だぜ。
     ……もう今日はこの辺にしとくか。魚籠(びく)一杯だし」
    「だな。今日の稼ぎは、……ま、二人合わせて1千クラムちょっとってとこか。この分なら明日はのんびり寝ててもいいかもな」
    「そうか? 俺は出るつもりしてるが……」
     そう返したロウに、短耳がけげんな顔を向ける。
    「ロウ、何だってお前さん、そんなに海に出たがる? マジで水平線の向こうに漕ぎ出すつもりなのか?」
    「まあ、さっきのは半分冗談だけど、でもいつかやってみたいって気持ちはあるんだよな」
    「……お前なぁ」
     短耳はバカにしたような目をロウに向け、彼の肩をばしっと叩く。
    「沖ばっかフラフラ出てないで、たまにはヨメさん探ししたらどうなんだ? お前もう、結構なおっさんだろうが」
    「そんな気になんねえんだよ。どんな女見たって、ときめかないって言うかさ」
    「……まさかとは思うが、お前、男が好きとか言うんじゃないだろうな?」
     短耳の冗談を、ロウは鼻で笑う。
    「ばっか、ちげーよ。昔見た女が忘れらんねえんだ。
     アレ以上のいい女は、俺ん中じゃどこにもいやしねえんだよ」
    「やれやれ。見た目と違って青臭えな、お前さんは」
     話している間に仕掛けを回収し終え、二人は帰路に着く。
    「とりあえず帰ったらどうする? 朝メシ先に食うか?」
    「いや、風呂に行くよ。昨夜は何だかんだで入りそびれててさ」
    「そうか。……ん?」
     既に岸へ向かってオールを漕ぎ始めていたが、短耳がぎょっとした顔をし、手を止める。
    「どうした?」
    「ありゃ、何だ?」
     そう返され、ロウは短耳の視線の先に目をやる。
     ようやく明るくなり始めた水平線に、わずかながら黒い影がチラホラと浮かんでいるのが、ロウの目にも確認できた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    大変お待たせいたしました。
    「琥珀暁」第3部、本日より開始です。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【イラスト;虎獣人】へ
    • 【琥珀暁・陥港伝 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【イラスト;虎獣人】へ
    • 【琥珀暁・陥港伝 2】へ