FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・陥港伝 5

     ←琥珀暁・陥港伝 4 →琥珀暁・陥港伝 6
    神様たちの話、第85話。
    出会い。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     静かに壁を越え、街の中に入ったところで、尉官が無言でマリアの手を引く。
    (どこかに隠れよう)
    (了解でーす)
     二人はさっと身を翻し、近くの民家に滑り込む。
    「……よし。誰にも気付かれてなさそうだ」
    「どうしましょ? はしごは無さそうですけど」
    「ロープなんかはどうだろう」
     二人で家中を探り、壁越えに使えそうなものを探す。
    「……何にも無いな。ただ寝泊まりするためだけの家って感じだ」
    「かまどとか物置とかも無いですよねー? 一応ベッドとテーブルだけはありますけど。
     と言うか鍵すら無かったですよね、この家。びっくりするくらい何にも無いですね。もしかしてここ、物置小屋なんじゃないですか?」
    「外から見た限りじゃ、家だと思ったんだがな」
     そんな会話を交わしながら、尉官はベッドの下を覗き込む。
    「案の定、何にも無いな」
     口でそう言いつつ、尉官はベッドの下に手を伸ばした。
     すると――。
    「ん?」
     わずかながら、ふにっ、とした感触が手に伝わってくる。
     そして次の瞬間――。
    「なななな何をなさるのですかっ、ぶっ、無礼者っ!」
     何も無いはずの空間から突然手が伸び、尉官の手をつかんだ。
    「わわわたくしをどどどどうしどうしようといい言うのですかっ!?」
    「え? は? な、何だ?」
     何が起こっているのか分からず、尉官は面食らう。
    「ててて手を出すと言う言うのならばわわわわたわたわたくし、よよよ容赦いたいたしましませ、にぇっ」
     どもるような言葉の羅列が続いた後、唐突に黙り込む。どうやら舌を噛んでしまったらしい。
    「……えーと、お嬢ちゃん。大丈夫か?」
    「ひっ」
     ベッドの下に姿を現したその長耳の少女は、尉官の腕をつかんだまま、さらに奥へ潜り込もうとする。
     当然、尉官もそのまま引っ張られるのだが――。
    「こっ、来ないで下さい! ててて、手を離して!」
    「いや、君が引っ張ってるんだが」
    「え? ……あっ、あっ、失礼いたしました」
     尉官から手を離し、少女は再度、奥へ潜む。
     それを引き留めようと、尉官はやんわりと声をかけた。
    「言っておくが、俺たちは君に危害を加えるつもりは無い。
     街の人たちを助けるため、道具を探してるところだ。だから出てきてくれないか?」
    「……本当に?」
     ベッドの下から恐る恐る尋ねてきた銀髪の少女に、今度はマリアが答える。
    「本当ですよー。尉官はいっつも青白い顔してるし、大抵しょっぱい表情してますし、パッと見怖い人なのかなーって思ったりしちゃいますけど、実はとっても優しい人ですから、安心して出てきて下さいよー」
    「しょっぱい? 怖い? ……顔がか? 血色のせいか? そんなにか?」
     尉官がそう尋ねるが、マリアは応じず、ベッドの下と同じ目線までしゃがみ込む。
    「あたしはマリア・ロッソって言います。あなたの名前は何ですか?」
    「わたくしはくら、……いえ、クーと申しますわ」
    「クーちゃんですね、よろしくー」
     マリアは顔を挙げ、尉官に促す。
    「ほら、尉官も自己紹介して下さい。いきなり『出てこい』とか言っても、怖がらせちゃいますよ?」
    「それもそうだな」
     尉官も再度しゃがみ込み、クーに自己紹介した。
    「俺の名前はハンニバル・シモン。階級は尉官だ。周りからはハンって呼ばれてる。
     この街には元々、測量目的で訪れたんだが、変な奴らが街を占拠してるのに気付いて、それで町民を解放するため、街に忍び込んだんだ。
     どうだ? これで納得してくれたか?」
    「……クスっ」
     小さく噴き出すような声を挙げ、クーがベッドの下から這い出てきた。
    「ええ、納得いたしました。確かに悪い方では無さそうですわね。
     先程のことも――わたくしが姿を消していたことですし――不可抗力だったとしておきましょう」
    「先程?」
     尋ねたハンに、クーは顔を真っ赤にする。
    「あ、あなた、うら若き乙女に、あの状況をつぶさに説明しろと仰るのかしら?」
    「あの状況と言われても、何が何だか」
    「わっ、分からない方ですわね。あなたわたくしの胸を、……いえ、……何でもございませんわ。もう水に流しますから。もうお聞きにならないで下さいませ。
     ええと、ともかくあなた方は街の方々を助けに来られた、と言うことでよろしいのかしら?」
    「そう言うことだ」
     ハンがうなずいたところで、クーは窓の方をチラ、と眺める。
    「わたくしも昨日この街を訪れたばかりですので、あまり詳しい地理は存じ上げないのですけれど、この家を出て左に少々進んだところに、宿がございますわ。
     宿であれば、少なくともこの家よりも何らかの設備があるのではと」
    「なるほど。少々ってどのくらいかな?」
    「そうですわね……、わたくしも動揺しておりましたので正確には申せませんが、3分もかからなかったかと」
    「慌てて3分、か。多分、200メートルも無い程度だろうが……」
     ハンも窓の外にチラ、と目線を向ける。
    「宿までの道ってなると、どこの街でも大体見通しがいい、大通りに出るだろうからな。敵に見つからないように移動するのは難しい」
    「あたしの脚なら、ぱぱーっと……」
     そう提案したマリアに、ハンは首を振る。
    「うまく潜り込めてはしごなり何なりを手に入れたとしても、そこからビートたちのいる壁まで、はしごを持って戻らなきゃならん。結局、目立つ」
    「あ、そっか。……じゃあ宿の方に行く案はまずいっぽいですねー」
    「だな」
     と、二人のやり取りを眺めていたクーが手を挙げる。
    「あの、わたくしに考えが」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・陥港伝 4】へ
    • 【琥珀暁・陥港伝 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・陥港伝 4】へ
    • 【琥珀暁・陥港伝 6】へ