FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・陥港伝 6

     ←琥珀暁・陥港伝 5 →琥珀暁・陥港伝 7
    神様たちの話、第86話。
    ロウの逆襲。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     日は既に傾きつつあり、広場に集められた町民たちの中には、明らかに消耗した様子の者も少なくなかった。
    「はぁ……はぁ……」
     その中の一人が顔を真っ青にし、倒れ込む。
     それを見て、彼らを囲んでいた一人が、良く分からない言葉でわめき出す。
    「*******! **! **!」
     その虎獣人は倒れた老人に駆け寄り、持っていた棍棒を振り上げる。
     と――二人の間に、顔があざだらけになったロウが立ちはだかる。
    「おい、コラ! 何する気だ!?」
    「*****!? **!」
     虎獣人はわめきながら、ロウに向かって棍棒を振り下ろした。
     が、ロウはお構い無しに虎獣人の懐へと突っ込み、肩から勢い良くぶつかる。
    「**っ!?」
     虎獣人はそのまま突き飛ばされ、ごろごろと転がっていく。
    「どうだ、ちっとは効いたかこの野郎!」
    「***!」
     しかし他の者がわらわらとロウへ集まり、彼を袋叩きにする。
    「うぐっ、がっ、ぎっ、……げほっ」
     四方八方から殴られ、流石のロウも膝を付く。
    (畜生、こいつら数でガンガン小突き回しやがって……!
     一対一ならこんなヤツら、余裕でボコボコにしてやんのになぁ、クソっ)
     ロウが血まみれになって倒れたところで、ようやく打擲(ちょうちゃく)の手が止む。
     彼らが離れ、元の位置に戻ったところで、ロウは倒れていた者に声をかけた。
    「ゼェ、ゼェ、……大丈夫か?」
    「い、いや、それはこっちのセリフだろ。……大丈夫だよ、ロウ。横になったら大分楽だ」
    「おう、そっか」
     ロウはごろんと仰向けになり、歯ぎしりする。
    「あー……ッ、ムカつくぜ。
     俺が海の上で捕まったりしなけりゃ、アイツらの3、4人は……」
    「仕方無いさ、ロウよ。漁はお前さんの日課だからなぁ」
    「はぁ、情けねー……」
     苛立ちつつも――騒げばまた袋叩きに遭うため――ロウは黙って、そのまま大の字になっていた。
     と――とん、とんと自分の腕を指で突かれるような感触を覚える。
    「ん?」
     上半身を起こし、きょろきょろと辺りを見回すが、特に何も見当たらない。
    「どうした、ロウ?」
    「いや、……何でも」
     もう一度寝転んだところで、またとん、とんと腕を突かれる。
     それと同時に、ぺた、と腕に紙が貼られた。
    (何だぁ……?)
     はがして頭上に掲げると、その紙にはこう書いてあるのが確認できた。

    「助けに来た 合図したら暴れろ」

    (……は?)
     何のことか分からず、ロウはもう一度上半身を起こし、辺りを伺う。
     と、自分と同様に、小さな紙を握りしめながらきょろきょろと首を動かす者が、何人かいることに気付く。
    (他のヤツらにもコレが……? 何が何だか分からんが、……合図だと?)
     もう一度紙に視線を落とした、次の瞬間――頭上でドン、と爆発音が轟いた。
    「**!?」
    「*! *!」
     音に驚いたらしく、囲んでいた者たちが一様に上を仰ぎ、騒ぎ出す。
    (……っと、合図ってコレか!?)
     ロウは瞬間的に立ち上がり、まだ上を向いたままの敵に向かって駆け出す。
    「……っ!?」
     完全に虚を突かれたらしく、その熊獣人はロウのパンチで簡単に吹っ飛ぶ。
    「どーだこの野郎! ……よっしゃ、得物いただき!」
     ロウは熊獣人が落とした棍棒を拾い、他の敵に向かって駆け出す。
     と同時に、同じ指示を受けたらしい他の町民たちも、一斉に敵へ襲いかかった。
    「おりゃああああッ!」
     ばこん、と痛々しい音を立て、敵の顔に棍棒がめり込む。
    「**!? **! ***!」
     突然の蜂起で目を白黒させている敵を次々に叩きのめし、ロウは雄叫びを上げる。
    「よくも好き放題やりやがったなてめーらああああッ! 全員血祭りに上げたらああああッ!」
    「……っ」
     町民たちの反撃に加え、ロウの吼えるような怒声に怯んだらしく、敵の包囲が目に見えて緩む。
     それに乗じるように、どこからともなく声が響いてくる。
    「全員正門へ向かえ! 近くに動けない奴がいたら、助けてやってくれ! 繰り返す、正門へ急げ!」
     5人目の敵を打ちのめしたところでその声を聞き、ロウは後ろを振り返る。
    「じいさん! 歩けるか!?」
    「ちょ、ちょっと無理……」
    「分かった!」
     ロウは真っ二つになった棍棒を投げ捨て、老人を背負って駆け出す。
     他の町民らも正門へ向かって走り出し、広場は倒れた敵だけになった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・陥港伝 5】へ
    • 【琥珀暁・陥港伝 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・陥港伝 5】へ
    • 【琥珀暁・陥港伝 7】へ