FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・陥港伝 7

     ←琥珀暁・陥港伝 6 →イラスト;黄晴奈(蒼天剣)
    神様たちの話、第87話。
    ノースポート脱出。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
     町民たちがなだれ込んできたのを見て、門前に陣取っていた敵が目を丸くする。
    「***! ***!」
     雰囲気から、どうやら「止まれ」と言うようなことを叫んでいるらしいが、いつの間にか魁(さきがけ)に立っていたハンが、それをかき消すように叫ぶ。
    「皆、止まるな! 全速力だッ!」
     それに応じるように、マリアが敵に向かって駆け出す。
    「とりゃーッ!」
     槍をぐるんぐるんと振り回し、その勢いのまま、槍の腹を敵のほおに叩きつける。
    「***~……っ」
     槍に引っ叩かれ、敵は歯を1本、2本と吐き出しながら、門の前から吹っ飛んでいく。
    「もいっちょお!」
     槍の勢いをまったく衰えさせないまま、マリアは2人目も弾き飛ばす。
    「**……!」
     それを見た3人目がいきり立った様子を見せたが、武器を構えるよりも前に、ハンがその懐に入っていた。
    「やらせんッ!」「**!?」
     ハンのタックルを食らった敵は門に叩きつけられ、そのまま気を失う。
    「よし、排除! 後ろは!?」
    「クリアっス!」
     シェロの返事を受け、ハンは門の閂を外す。
    「開いたぞ! 急げ、急げ、急げ!」
     開かれた門を、町民たちが勢い良く駆け抜けていく。
     大部分が逃げたところで、殿(しんがり)にいたビートの声が聞こえてくる。
    「敵、来てます!」
    「急げーッ!」
     町民全員が出たところで、ハンが門を閉じる。
    「頼んだぞ、マリア!」
    「りょうかーい!」
     一人残されたマリアは閂をかけ、横の壁に向かって走り出す。
    「***! ***! ***!」
     同時に敵の集団が角を曲がり、怒涛の勢いで迫ってくる。
    「よーい……、しょーっ、と!」
     マリアは3メートル近い垂直の壁を軽々と駆け上り、空高くジャンプして、そのまま壁の向こうへと消えていった。
    「*****ーッ!」
     敵集団は勢いを殺せず、次々と門にぶつかっていく。
     どうにか衝突を免れた者たちが仲間をかき分け、門を開けるも――。
    「……***!」
     町民の姿は、既にどこにも見当たらなかった。



    「助かったよ、クー」
     追跡を諦めたらしく、敵が正門を閉ざしたところで、ハンたちと町民らが姿を現す。
    「お礼には及びませんわ。当然のことをいたしたまでですので」
     クーが提案した作戦は、彼女が得意とする潜遁術――「インビジブル」を活用したものだった。
     彼女の術により、ハンたちは姿を消したまま、壁を越えるはしごの調達や逃走経路の確保が行えた上に、堂々と町民の側まで近寄り、ロウを始めとする元手練の協力を得ることもできた。
    「……でも」
     と、ビートがけげんな顔をしている。
    「クーさん、どこでそんな術を学んだんですか? 僕も軍で魔術教わりましたけど、そんな術、見たことも聞いたことも無いのに。
     それにそもそも、これだけ大量の人間を一度に隠せるなんて、並の魔力じゃ絶対できないですよ。クーさんは一体、何者なんですか?」
    「えっ、……と」
     素性を尋ねられ、クーは困った顔になる。
    「それについては、その……、詳しいことは申せません」
    「だそうだ」
     見かねたハンが、話に割って入る。
    「言いたくないって話を無理に聞く必要は無い。そうだろ?」
    「そ、そうですね。すみません、クーさん」
    「い、いえ。こちらこそ申し訳ございません、ビートさん」
    「あ、いや、そんな、全然」
     二人してぺこぺこ謝り合うのを見て、マリアがクスクス笑う。
    「もー、二人ともおっかしー」
    「えー……」「そ、そうですか?」
     周囲を含め、ひとしきり笑い合ったところで、ハンが手を挙げる。
    「もうそろそろ、日が暮れる時間だ。このままこんな野外に留まっていたら、折角逃げられたのに体を壊しかねない。
     ちょっと辛いかも知れないが、皆で西に移動しよう。1時間ほど歩いたところに昔、バケモノ討伐に使ってたって基地がある。そこなら200人全員、問題無く収容できるだろう」
    「あら、お詳しいですのね」
     そう返したクーに、ハンは肩をすくめて返した。
    「元々それが、俺たちの仕事だからな。
     本当、今日は柄にも無いことばっかりしたもんだよ」
    「ほんとですよねー」
    「まったくっスよ」
    「すごく疲れました」
     揃って気の抜けたことを言う英雄4人を囲み、町民たちはまた笑っていた。

    琥珀暁・陥港伝 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・陥港伝 6】へ
    • 【イラスト;黄晴奈(蒼天剣)】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・陥港伝 6】へ
    • 【イラスト;黄晴奈(蒼天剣)】へ