FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・古砦伝 1

     ←イラスト;黄晴奈(蒼天剣) →琥珀暁・古砦伝 2
    神様たちの話、第88話。
    古い砦で。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
    「状況は?」
     尋ねたハンに、マリアは首をコキコキと鳴らしながら答える。
    「変わりないですねー。門は閉じたままですし、中から人が出て来る様子も無いですし」
    「相手の動きは全く無し、か」
    「そうですねー。……あれ? 尉官、登らないんですか?」
    「いや、一旦全員で会議しようと思ってな。今後の監視体制について」
    「今後って言えばー、本営からは何か、連絡ありました?」
     マリアの方から尋ねられ、ハンは小さくうなずく。
    「ああ。このまま何も無かったら戻ってこい、と。
     既に監視班もこっちへ送られてるらしいから、状況がこのままならそいつらと交代して、……って感じになる。
     そこら辺の伝達も兼ねて、会議で話そうと思ってた」
    「あらー、そうでしたか。
     でも、よーやく帰れますねぇ」
     そう返したマリアに、ハンはもう一度、今度は大きくうなずいて返した。
    「ああ。ただでさえ測量で3ヶ月もうろつき回ってたってのに、さらにここで足止めされたからな。いい加減、家が恋しいよ」
    「同感ですねー。こっちのお魚もすっごく美味しいですけどー、そろそろクロスセントラルで山海焼き食べたいですもん」
    「お前、本当にあれ好きだよな。
     と言うか、超肉食系だよな。イーストフィールドでもステーキ3枚、ぺろっと行ってたし」
    「この仕事、ガッツリ食べなきゃやってらんないじゃないですかー」
    「ま、そりゃそうだ。俺も親父から良く言われたよ、『食える時に食ってないといざって時にキツいぞ』って」
    「尉官はもうちょっと筋肉付けた方がいいですよー。痩せすぎです」
    「そうか? 腕とか腹筋とか、しっかりしてると思うんだけどなぁ」
    「顔が問題です。ほっぺた、こけてますし」
    「これは生まれつきだ」
     話の内容が堅い状況確認から緩い雑談に変わってきたところで、廊下の向こうからビートとシェロが現れた。
    「マリアさん、お疲れ様です。もうご飯できてますよ」
    「おつかれっスー」

     ノースポートを脱出したハンたち測量班一同は、村人たちと共に西の古砦へ移り、そこに建てられた監視塔から、街の監視を交代で行っていた。
     とは言え事件の発生から数日が経つも、正体不明の侵略者たちの動きはこの間、全く無く、一同は街を単眼鏡で遠巻きに眺めるばかりの毎日を続けていた。
    「本日もご苦労様です、マリアさん」
     白い少女、クーからお茶を差し出され、マリアは口をもぐもぐとさせたまま受け取る。
    「ありがとうございますー、……んぐ、んぐっ」
    「……いつも思うが、マリア」
     それを眺めていたハンが、苦々しい声を漏らす。
    「ちょっとくらい、綺麗に食べる努力をしようか」
    「えー、綺麗に食べてますよー、ほら」
     そう言って空になった皿をぺらっと見せるマリアに、ハンは頭を抱える。
    「そうじゃない。食べ方が汚いと言ってるんだ」
    「そですか?」
     きょとんとした顔になるマリアに、測量班一同とクーは揃ってうなずく。
    「言っちゃ何ですけど汚いっス」
    「たまーに欠片、飛んできますよね」
    「お召し物にもお汁、飛んでらっしゃいますわね。点々と」
    「あうー……」
     顔を真っ赤にし、慌てて服の食べカスを払うマリアに、クーがクスクスと笑いながらハンカチを差し出した。
    「はい、マリアさん」
    「えっ、……いやー、あの、汚れちゃいますし」
    「お気になさらず。汚れを拭うためのものですから」
    「あっ、はい、……どーも」
     素直にハンカチを受け取り、服を拭くマリアを見て、シェロが噴き出す。
    「ぷ、くくく……」
    「……なによー」
     一転、ほおをふくらませるマリアに、シェロは笑いをこらえつつ、こう返す。
    「いや、いつものマリアさんらしくないなって。
     尉官や俺たちが相手だったら、こーゆー時『全然気にしないで下さいよー』とか言って、強情張るのになーと思ったんスよ」
    「そ、そっかなー」
     服を拭き終え、ハンカチを返そうとしたマリアを見て、ハンがまた、苦い顔をした。
    「汚したハンカチを返すなよ。ドロドロじゃないか」
    「あ、……ホントだ、すみませーん」
     マリアがハンカチを引っ込めようとしたところで、クーがそれを手に取る。
    「お気になさらず。これくらいなら……」
     そう返しつつ、クーはぼそっと何かを唱える。
     途端に、ハンカチに付いていたトマトの汁は、綺麗に消えてしまった。
    「……すごい」
     成り行きを眺めていたビートが、驚いたような声を上げる。
    「なにが?」
     尋ねたシェロに、ビートが小声で返す。
    「汚れの分解と乾燥と――あとついでに生地のシワ伸ばしも――一瞬でやっちゃったよ、あの子。
     魔術が同時発動できるなんて、聞いたこと無い。なのにあの子、3つも同時にだなんて」
    「……何が何だか分からんが、すごいってことか」
    「う、うん。そう言うこと」
     二人が目を白黒させている間に、クーはすっかり綺麗になったハンカチを、腰に付けていたポーチにしまいこんでいた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【イラスト;黄晴奈(蒼天剣)】へ
    • 【琥珀暁・古砦伝 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【イラスト;黄晴奈(蒼天剣)】へ
    • 【琥珀暁・古砦伝 2】へ