FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・古砦伝 4

     ←琥珀暁・古砦伝 3 →琥珀暁・古砦伝 5
    神様たちの話、第91話。
    最善策の検討。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
     夜が更け始めても結局、街には何の動きも見られなかったため、ハンは監視を切り上げ、屋上を降りて砦内へ戻った。
    (この調子じゃ交代に誰か監視させても、まったく成果は出ないだろう。それよりかぐっすり寝て英気を養ってもらってた方が、後々の旅路を考えたら得策だろうな。
     ……やれやれ。『得策』、か。現状、何がそうなるのか、判断が難しいところではある。そもそも自分たちが今ここにいる間、何をすれば最善なのかも、決めあぐねてるんだよな。
     まず、ここからクロスセントラルまで、馬車使っても10日以上かかる。連絡したのがもう3日か、4日かくらい前だから、監視班が来るのは最短でも、あと一週間はかかる計算になる。
     その間、ただこの状態を維持して監視を続けるのが最善の策だろうか? それとも相手を観察できる機会を狙って、何かしら行動を起こしてみるか?
     いや、論外だな。十分な人員も装備も無い俺たちが無理に行動を起こすのは、得策なんてもんじゃない。はっきり言って愚策だ。
     門前で騒ぐとか、壁越しに石放り投げるとかして多少突っつけば、そりゃ確かに何かしらの反応があるかも分からんが、それで相手を怒らせて囲まれたりしたら、馬鹿丸出しだしな。
     相手は少なくとも50人以上はいる。今度捕まったら、もう逃げられないだろう。最悪、その場で殺される可能性もある。
     やはりこのまま同じ作業を繰り返して、後は監視班に任せるのが最善策だろう。俺たちがわざわざ今、何か行動する意味も意義も無いし、不用意な行動を採れば、街の人間がいたずらに、危険にさらされるだけだからな)
     砦内の廊下を進み、階段を1つ、2つ降り、食堂へと進む。
    (だが、本当にこのまま監視だけしてて、親父はどう思うだろうか? 『いくらなんでも消極的すぎじゃないか?』とか思われたりしないかな。
     ……いや、親父がそんなこと言うわけないな。こう言う時は多分、『無理してまで前に進むな。できることだけやればいい』って言うだろうさ。俺も同感。しなくてもいい無理をして、後で辛くなったら、そこで挽回なんかできやしないからな。
     無理は、するべき時にするさ)

     食堂に着き、ハンは室内を見回す。
    「誰かいるか?」
     そう尋ねつつも、内心では返事を期待してはいない。
    (もう皆、寝てるだろう。マリアとかならまだ、のんびり茶でも飲んでるかもと思ったが、流石にいないか)
     厨房を覗くが、やはり誰の姿も見当たらない。
    (まあいい。それなら気楽だしな)
     かまどに置いてあった鍋からスープをよそい、パンを一切れ、二切れ皿に取り、がらんとした食堂の端の席に座って、食事の前で頭を垂れる。
    「そんじゃ、いただきます」
     挨拶し、頭を上げた瞬間――ハンの視界が、真っ暗になった。
    「……おい、何だよ。誰だ?」
     すぐに、自分の顔にひんやりとした、柔らかいものが当たっていることに気付き、冷静を装って尋ねる。
    「誰だと思いますー?」
     背後からかけられた女性の声に、ハンは呆れた口ぶりで答える。
    「マリアだろ。
     ……ん? でもお前、こんなに手、ちっちゃかったか? それに槍使いにしちゃ、ぷにぷにだぞ。訓練、さぼってるんじゃないだろうな?」
    「はずれでーす。声はあたしですが、手の方はー」
     顔から手が離され、ハンはくる、と振り返る。
    「わたくしです」
     そこには、クスクスと笑うクーの姿があった。
    「なんだ、君か。どうした?」
     尋ねたハンに、クーは一転、ぷくっとほおをふくらませる。
    「もう少し反応して下さってもよろしいのでは? 多少なりとも驚かせられたのではと、わたくし期待したのですけれど」
    「そりゃ驚いたさ。反応してないように見えるのは、訓練の賜物ってやつだ。想定外の事態にも、冷静に対処できるようにってことでな」
    「もう、つまらない方ですこと」
     つん、と顔をそらしたクーに、ハンはもう一度尋ねた。
    「それで、クー。何か俺に、用があって来たんじゃないのか?」
    「用が無ければ、声もかけてはいけないのかしら?」
    「ん、いや、そう言うわけじゃないが……」
     しどろもどろになるハンを尻目に、クーは彼の正面の席に座る。
    「お一人で寂しく晩餐(ばんさん)を召し上がっていらっしゃるのではないかと存じましたので、こうしてお話などして、場を温められればと」
    「ああ、そうか、うん。マリアも?」
     マリアもクーの横に座り、こくんとうなずく。
    「クーちゃんに誘われましてー」
    「流石に殿方と一対一と言うのは、不安ですから」
     そう言ってマリアの腕を取るクーに、ハンは肩をすくめる。
    「気にしすぎだ。君が思うようなことを俺がすることは、絶対に無い」
    「断言されても、それはそれで無礼に思えますけれど。わたくしに魅力が無いと仰られているようにも取れますし」
    「じゃあ、どう言えばいいんだ?」
     そう返したハンに、クーはいたずらっぽく笑って見せる。
    「わたくしの口から申し上げるよりも、あなたがご自分で懸命に考えて下さる方がわたくし、楽しく感じますわね。
     次回の回答に期待しておりますわ」
    「何だよ、それ……?」
     翻弄してくるようなクーの言葉に、ハンはただただ憮然とするばかりだった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・古砦伝 3】へ
    • 【琥珀暁・古砦伝 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・古砦伝 3】へ
    • 【琥珀暁・古砦伝 5】へ