FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・古砦伝 6

     ←琥珀暁・古砦伝 5 →2018年3月携帯待受
    神様たちの話、第93話。
    弛緩と緊張。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     監視班が来るまでの間、ハンたちの班は変わらず監視を続けていたが――。
    (……う~、飽きたよ~。暇だぁ~)
     相手の動きがまったく無いため、元々から落ち着きのないマリアは、この作業に半ば興味を失ってしまっていた。
    「様子はどうだ?」
     一方で、それを見過ごすようなハンでは無い。
     監視塔に籠もっていたマリアを、度々訪ねてきていた。
    「変わりなしでーす」
    「そうか」
     ほとんど定型化したやり取りを交わして、ハンが塔から降りようとする。
    「あ、ちょっと尉官」
     と、それをマリアが呼び止めた。
    「どうした?」
    「今何時ですかー?」
    「2時半ってところだな。いや、3時前くらいか」
    「えー……。まだそんなくらいですかぁ。もう4、5時間は経ったかなーって思ってたのにぃ」
     だらけた声を漏らすマリアに、ハンは苦笑して返す。
    「気持ちは分かる。相手の動きが無さすぎて、正直俺だって、無駄なんじゃないかとは思ってる。
     だが万一ってこともあるだろ? その万一を見過ごしたりしたら、大変なことになる。その責任は忘れるな。
     気合を入れ直して、しっかり監視に当たってくれ」
    「はぁ~い」
     ハンが降りて行ったところで、マリアは単眼鏡を手にし、ノースポートの状況を伺う。
    (分かってるんですよー。分かってるんですけどねー)
     ここまでの2時間と同様、街には特に、変わった様子は見られない。
    (こっちに来てもう5日、6日くらい経ってますけどー、なーんにも起こらないんですもん。いい加減ダレてきちゃいますってばー)
     ハンにたしなめられたものの、あっと言う間に興味を失い、マリアは単眼鏡を砦内に向ける。
    (……お、ビートだ)
     ビートが砦の中庭で、壁にもたれつつ本を読んでいる姿が視界に入る。
    (勉強してるのかなー。……あ、反対側にシェロもいる。素振りしてる。
     真面目だなぁ、二人とも)
     と、ビートの側に白いものが近付いて来るのに気付く。
    (お? あれ、クーちゃんかな)
     単眼鏡の焦点をビートに戻し、二人の様子を眺める。
    (ビート、なんか嬉しそうだなぁ。クーちゃんから魔術、教えてもらってるのかなー)
     ビートとクーが仲良く談笑しているのを見て、マリアは思わず、ため息をつく。
    (……あーあ、何か憂鬱だなぁ。早く交代時間にならないかなぁ)
     マリアはもう一度ため息をつき、単眼鏡をノースポートに向けた。

     と――。
    (んっ?)
     街の広場に人影があるのを確認し、マリアは目を凝(こ)らした。
    (遠くて良く分からないけど、あれって街を占拠した奴らだよね?)
     大きな耳を持つ者たちが広場に続々と集まり、隊列を成していくのが見える。
    (あーゆーことするのって大体、何かやろうって時だよね? ……なんか、まずいっぽい?)
     マリアは単眼鏡から目を離し、中庭に向かって声をかけた。
    「ビート! 近くに尉官、いるー!?」
    「どうしました、マリアさん?」
     ビートがぎょっとした顔で返事し、尋ね返してくる。
    「街の方、なんか動きがあるっぽいから呼んできてー!」
    「は、はい! 了解です!」
     そう答え、ビートは慌てて走り出す。シェロとクーも状況を察したらしく、同じように駆け出して行った。
     その間に、マリアはもう一度街へと視線を向ける。
    (尉官は敵の数、50人くらいだろうって言ってたよね。広場に集まってるのって、10人か20人くらいかな。
     全員集合ってことじゃ無さそうだけど、……やっぱヤバそう)
     そうこうしている内に、ハンが青白い顔で塔のはしごを登ってくる。
    「どうした、マリア?」
    「見て下さい、尉官」
     ハンに単眼鏡を手渡し、マリアは状況を説明する。
    「今ですね、敵が広場にどんどん集まってるんです。隊列も組んでますし、何かやるぞって感じがします」
    「そうだな。その雰囲気はある」
     ハンも確認を終え、単眼鏡をマリアに返す。
    「何かする気でしょうか?」
     尋ねたマリアに、ハンは緊張した面持ちでうなずく。
    「でなきゃあんな風に集まらん。可能性として一番高いのは、近隣の探査だろう」
    「探査?」
    「敵がノースポートを占拠して以降、動きは無かった。と言うことは、街の外について何の情報も集めていなかったってことになる。だから集めに来るのさ。
     ただ、その範囲が問題だ。本当に周囲をぐるっと回るだけならいいが、この砦まで来られたらまずい。攻め込まれたらひとたまりもないからだ」
    「でも、この前は……」
     反論しかけたマリアを、ハンは「いや」と制する。
    「前回は近くに逃げ込める場所もあったし、成功の可能性は十分高かった。
     だがこっちに攻め込まれたら、今度は逃げ場が無い。この砦にいる全員を移動させたとしても、その大人数を収容できるような当てが、この近隣にはもう無いんだ。
     そんな状況でもし、逃げ出さなきゃならなくなったら、確実に半分以上が死ぬか、行方知れずになるだろう。
     だから、奴らがこっちに来るようなことがあれば、俺たちで迎え撃たなきゃならん。急いで準備するぞ」
     そう言ってハンははしごに飛び付き、大慌てで滑り降りて行った。

    琥珀暁・古砦伝 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・古砦伝 5】へ
    • 【2018年3月携帯待受】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・古砦伝 5】へ
    • 【2018年3月携帯待受】へ