FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・奔尉伝 1

     ←2018年3月携帯待受 →琥珀暁・奔尉伝 2
    神様たちの話、第94話。
    尉官、奔走する。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     謎の敵集団に動きがあったことが瞬く間に伝わり、砦内は騒然としていた。
    「話は聞いたぜ、尉官さんよ。敵が来るって?」
     話を聞き付けやってきたロウに、ハンは首を横に振る。
    「確実じゃない。現状じゃまだ、来る『かも』って程度だ」
    「かも?」
    「確認できたのは、奴らが街の広場で集まって、隊列を整えてるってことだけだ。
     今のところマリアが街を監視してる。また動きがあれば、周知する」
     説明を受け、ロウもかぶりを振る。
    「んなトロいこと言ってる場合か?
     集まって、そんで終わりってわけ無いだろ? 集まる以上、何かしら行動するに決まってるぜ」
    「ああ。俺もそれは危惧している。十中八九、付近の探査を行うと見ている」
    「となりゃ、ここは危険だろう」
     そう返し、ロウは辺りを見回す。
    「向こうからも、この砦はギリギリ見える位置にある。『あいつらこっちに逃げてったかも知れん』と思って、真っ先にこっちへ来るって可能性は、相当高いと思うぜ」
    「そうだな。俺も同意見だ。だが実際にあいつらがこっちに来た場合、どうすべきか。そこから考えなきゃならないだろう」
    「どうすべき? 迎え撃つしかねーだろ?」
     ロウの言葉に、もう一度ハンは首を振る。
    「俺たちにそんな戦力は無い。あんたを始めとする元討伐隊の人間を集めたって、せいぜい十数名ってところだ。向こうはその4~5倍はいる。そんな状況で迎え撃ったとしても、砦内の半分以上が死ぬことになる。
     だから、真っ向からは戦わない。それを回避するべく行動するんだ」
     ハンの考えを聞いて、ロウはけげんな表情を浮かべている。
    「どうやるんだ?」
    「それは今から考える。ともかく、今は下手に動かないようにしてほしい。
     猫獣人みたいに耳や目の利く奴が向こうに大勢いたら、こっちが無闇に騒いでるのを気取られるおそれがあるからな」
    「は? このままじっとしてろって言うのかよ? んなことしてたらあっと言う間に攻め込まれちまうぜ」
     ハンがなだめても、ロウはまったく応じる姿勢を見せてくれない。
     仕方無く、ハンはこう返した。
    「……分かった。じゃあ戦闘の準備だけ整えておいてほしい。
     だがくれぐれも、大騒ぎしないようにしてほし……」
     ハンが言い終わらない内に、既にロウは大声を上げ、その場を駆け出していた。
    「敵が来るぞーッ! 迎え撃つ準備だーッ!」
    「……っ!?」
     ハンは絶句し――直後、ロウに駆け寄り、ぶん殴っていた。
    「何やってるんだ!? 止まれッ!」
    「いってえ!? 何すんだよ!?」
    「何すんだ、じゃない! 俺の言ったことが分かってないのか!?」
    「は? お前さん、戦闘準備しろって……」
    「静かにやれ! 騒ぐなと言ったはずだッ!」
    「なんだそれ? 聞いてねえぞ」
    「はぁ……」
     煙たがっているような顔をするロウに、ハンは頭を抱えつつ、こう続けた。
    「頼むから、自分勝手に行動しないでくれ。
     ただでさえこちらが圧倒的に不利な状況なんだ。一人ひとりがバラバラに動いたら、敵に『各個撃破して殺してくれ』と言っているも同然だ。
     ここにいる間は、俺の指揮に従ってほしい」
    「は? なんでお前さんの命令に従わなきゃならん? 俺はもう軍だの討伐隊だのを抜けたんだぞ」
    「じゃあ一人で敵陣に乗り込んで死ぬか? あんたが自由意志で死にたいって言うなら、俺は止めないぞ」
    「んなことするかよ。俺はただ、お前さんの勝手で動く気は無いって言ってるんだ」
    「いい加減にしてくれ。あんた一人のわがままで、ここにいる全員を危険にさらすな」
    「……」
    「……」
     二人とも黙り込み、互いににらみつける。
     と――騒ぎを聞き付けたらしく、その場にぞろぞろと、砦内の人間が集まってきた。
    「どうした、ロウ?」
    「敵とか何とか聞こえたけど……」
    「何かあったんですか?」
     集まってきた者たちから異口同音に状況を尋ねられ、ハンがそれに答えようとする。
    「ああ、今……」「敵だ! 敵が来やがる!」
     が、ロウがさえぎり、まくし立てる。
    「敵? ……って、あの虎みたいな熊みたいな奴ら?」
    「来るって、こっちに?」
    「ど、どうすんだ!?」
     ロウの言葉に、周囲は騒然となった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【2018年3月携帯待受】へ
    • 【琥珀暁・奔尉伝 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【2018年3月携帯待受】へ
    • 【琥珀暁・奔尉伝 2】へ