FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・奔尉伝 5

     ←琥珀暁・奔尉伝 4 →琥珀暁・奔尉伝 6
    神様たちの話、第98話。
    陽動開始。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
    「首尾は上々、ってところだな」
     陽動部隊を招き入れつつ、ハンはその向こう側、砦の方向へ目をやる。
    「砦にも変わった様子は無さそうだ。
     すぐ暴れてもらうぞ。準備はいいか?」
    「いつでもいいぜ」
     ロウはニヤっと笑い、手にした戦鎚(せんつい)を掲げる。
    「それじゃ行ってくるぜ、尉官さんよ」
    「頼んだ」
     ハンがうなずくとほぼ同時に、ロウは鬨(とき)の声を挙げた。
    「うおらあああああッ! 出てきやがれええええッ!」
     他の者たちも口々に叫び、街へと駆け出していく。
     その場に残ったのはハンとビートだけになり、そこでビートが尋ねてくる。
    「クーさんは?」
    「あそこの家の中だ。魔術師に近接戦闘なんか頼めないからな。大人しくしてもらってる」
    「そうですね。じゃあ彼女には、逃走時の手引きを頼む感じですか?」
    「ああ」
     二人でその家に戻り、ビートがクーに声をかける。
    「大丈夫ですか、クーさん?」
    「あら、ビートさん。ええ、何ら問題ございませんわ」
     クーににこっと微笑まれ、ビートも笑みを返す。
    「落ち着いてるみたいですね」
    「これしきのこと、平気です」
     クーがそう返したところで、ハンはぷっと吹き出した。
    「……何かしら?」
     一転、じろっとにらんできたクーに、ハンは笑いを噛み殺しつつ、こう返す。
    「いや、さっきまで真っ青な顔してどもってたじゃないか」
    「そっ、そんなことございません! たたた、泰然自若でございましたわ!」
    「まあ、君がそう言うなら、そう言うことで構わないさ。
     それよりクー、逃げる準備を整えておこう。皆が無事にここを出られるよう、手配して欲しい」
    「ええ。承知いたしました、ハン」
     クーはうなずき、家の外に出る。ハンたちもその後に続き、周囲を警戒する。
    「敵は無し。安全を確認」
    「それでは詠唱を始めますわね」
    「頼んだ」
     クーが魔術に集中し始めたところで、ビートも呪文を唱える。
    「『ホワイトアウト』」
     発動と共に白煙が辺りに漂い始め、上空へと上がっていく。
    「これで探査部隊も異状に気付き、すぐに引き返してくるでしょう」
    「となると、猶予は5分ちょっとってところか。向こうはどうかな」
    「今のところ順調っぽいです。暴れ回ってます」
    「ロウか?」
    「皆さん全員ですね」
    「どうやら皆、鬱憤(うっぷん)が溜まってたみたいだな」
    「案外、これで奪還まで行けるんじゃ……」
     そんなことを言うビートに、ハンは首を横に振る。
    「深追いして探査部隊が戻ってきたら、退路を失うことになる。陽動作戦で疲れ切った皆が突破できる可能性は低い。
     そもそも俺たちは敵の全容を把握していない。先日の退却の時にしても、敵全軍が広場に揃っていたとは思えん。俺たちが遭遇した何倍もの人員が潜んでいたとしたら、奪還なんて到底できない。
     作戦の目的はあくまで、探査部隊を街まで引き返させることだ。それ以上は現状で望むべきじゃない」
    「そう……ですね」
     と、クーが声をかけてくる。
    「こちらも準備完了いたしました。いつでも発動できますわよ」
    「ありがとう。それじゃビート、合図を頼む」
    「はい」
     ハンの命令に従い、ビートは魔術で音を立てる。
    「『ラウドビート』!」
     バン、バンとけたたましい音が鳴り、広場に散っていた者たちが一人、また一人とハンたちのところへ戻ってくる。
    「もう終わりでいいのか?」
    「ふーっ、参った参った」
    「奴らしぶといわー」
     汗だくになっていたり、軽く傷が付いていたりはするものの、動けないほどの重傷を負った様子は、誰にも見られない。
     それに安堵しつつ、ハンは退却を命じようとしたが――。
    「……待て」
    「ん?」
    「どうした、尉官さん?」
     ハンは内心の苛立ちを極力押さえながら、皆に尋ねた。
    「ロウは? どこだ?」
     その問いに、皆は辺りを見回し、そして一様に頭を抱えた。
    「アイツ……いねえ」
    「まだ戦ってんのかよ?」
    「マジで人の話聞かねえな、あのバカ」
    「……ふざけるな」
     ハンは怒りで頭に血が上りそうになるのを抑え込みつつ、広場に駆け出した。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・奔尉伝 4】へ
    • 【琥珀暁・奔尉伝 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・奔尉伝 4】へ
    • 【琥珀暁・奔尉伝 6】へ