FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・奔尉伝 6

     ←琥珀暁・奔尉伝 5 →琥珀暁・奔尉伝 7
    神様たちの話、第99話。
    窮地。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
    「うらあああッ!」
     戦鎚がうなりを上げ、ロウの正面にいた虎獣人の鎧を粉々に打ち砕く。
    「**!?」
     まるで手鞠のごとく弾き飛ばされ、ロウを囲んでいた敵たちは、一様に戦慄の表情を浮かべる。
    「……*!」
     だが、それでもじわじわと包囲を狭め、ロウの進退を窮(きわ)めさせていく。
    「くっそ、しっつけえなあぁ!」
     ロウ自身、どうにかして包囲を抜け、ハンのところに戻ろうと焦っているのだが、何故か敵たちは、明らかに他の仲間よりもロウを、集中的に狙ってきている。
    (こないだボッコボコにしたのがまずかったか?)
     撤退の合図はロウも確認していたものの、敵が執拗に行く手を阻んできた結果、その機を失ってしまったのである。
    (畜生、このまんまじゃまたあの、ガリガリのっぽの尉官に『勝手なことすんな』だの何だの言われちまうな。……腹立つなぁ、クソ)
     もう一人打ち倒し、包囲網にわずかな隙間ができるが、それもすぐ、他の敵に埋められてしまう。
    (……ってーか、普通にヤバい。流石に息があがってきたぜ)
     自分が肩で、ハァハァと荒い息を立てていることに気付き、ロウの額に冷たい汗が浮く。
    「ちぇいやあああッ!」
     と――誰かの叫び声と共に、敵の一人が前のめりに倒れる。
    「おい! 無事か!?」
     その背後から現れたのは、ハンだった。
    「念入りに狙われたもんだな、あんたも」
    「……へ、へへっ、ちっと大暴れしすぎたみたいでよ」
     突如現れたハンに、敵全員の視線が集中する。すかさずロウは、ハンが開けてくれた隙間に飛び込み、包囲を突破する。
    「**!」
     一瞬遅れて敵が反応するが、ロウもハンもそのまま走り去り、広場を後にした。

     10名以上の敵に追われたまま、ハンたちは皆がいるところまで戻ってくる。
    「クー! やってくれ!」
    「は、はい!」
     ハンに命じられ、クーは魔術を発動させる。
     途端に周囲から白い煙が立ち上り、敵も味方も煙に巻かれる。
     その様子を見ていたビートが首を傾げ、不満げな口ぶりで漏らす。
    「『ホワイトアウト』なら、僕も使えるのに……」
     それを受けて、クーはどこか得意げな様子で答える。
    「その術だけが必要であれば、わたくしがここまで馳せ参じる意味がございませんわ。
     もっと効果的な術を使用しておりますの」
    「と言うと?」
     尋ねたところで、ビートの目の前を敵がそのまま通り過ぎ、そのまま自分から、家の壁に頭から突っ込んでいく。
    「え? え?」
    「この術は『ミラージュ』と申しまして、幻惑術の中でも高等と分類されているものですわ。実像と虚像の境界を操る、とでも申せばよろしいかしら。
     そしてわたくしの場合、こうして範囲的に発動しておりますけれど、操りたい相手にのみ術をかけることがいたせますのよ」
    「範囲型で、しかも対象選択を? 一体どうやって……?」
    「詳しくご存知になりたいのであれば、後でご説明差し上げますわ。
     とにかく今は、探査部隊が戻ってくる前に撤退いたしましょう」
    「あ、そうでした」

     全員が門を抜けたところで、ハンが叫ぶ。
    「ビート! 中の奴らを足止めしてくれ!」
    「了解です! 『ブレイズウォール』!」
     すぐさまビートが呪文を唱え、門の周囲に火を放つ。
    「……っ」
     炎の壁に阻まれ、中にいた敵は立ち尽くし、ハンたちをにらむことしかできない。
    「探査部隊の方は!?」
    「こっち来てる! めちゃくちゃ怒ってるみたいだ!」
    「森に逃げるんだ!」
     ハンの指示に従い、一同は森へと逃げ込む。
     奥まで進み、木の上へ登ったところで、敵も森の中へとなだれ込んでくる。
    《静かに。動くんじゃないぞ》
     ハンは樹上にいる者たちに目と手振りで指示を送りつつ、下の様子を窺う。
    (見つからないはずだ。これだけあっちこっちに木があるんだし、一つ一つ探るのは骨が折れる。いくらなんでも、そこまで手間をかけてまで探るとは思えん。
     火を点けていぶり出すって手もあるだろうが、そう街から離れてるわけでもない。飛び火して街を焼く可能性を考えたら、やろうなんて奴はまず……)
     が――すぐに焦げた臭いが漂ってくる。
    (……マジかよ!? いや、そうか。ここは俺たちの土地であって、あいつらの土地じゃないんだ。
     クソ野郎めッ! 他人の土地なんかどうなろうと構わない、ってわけか!)
     次の瞬間――ハンは地面に飛び降り、松明(たいまつ)を手にしていた虎獣人を殴り倒していた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・奔尉伝 5】へ
    • 【琥珀暁・奔尉伝 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・奔尉伝 5】へ
    • 【琥珀暁・奔尉伝 7】へ