FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・奔尉伝 7

     ←琥珀暁・奔尉伝 6 →琥珀暁・奔尉伝 8
    神様たちの話、第100話。
    最悪の状況で。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
     瞬く間にハンは敵に囲まれ、進退を窮める。
    「……やっちまったなぁ」
     ハンは苦笑いし、腰に佩いていた剣を抜く。
    (これで状況は最悪になった。勝つ道は無い)
     剣を構え、周囲をにらみつけて牽制しつつ、ハンは必死で頭を動かす。
    (この状況、どう切り抜ける? どうすれば最良の結果を導ける?
     最も俺にとって望ましい結果は、何ら犠牲無く、こいつらを翻弄することだった。それだけで済めば、一番消耗せずに済んだはずだ。
     だがそれはもう、絶望的だ。敵意むき出しのこいつらを全員かわすことは、もうできない。それに俺が降りてきたことで、こいつらは付近に俺の仲間が潜んでいることを察しているだろう。
     俺がこのままここから逃げ延びるか、もしくはこいつらに殺されたら、こいつらは今度こそ森に火を点け、いぶり出しを行うだろう。
     そうなれば確実に仲間の半分、いや、ほとんどが死ぬ)
     考えている間にも一歩、また一歩と、敵はハンに近付いて来る。
    (次善の策としては、こいつらと戦い、一人の犠牲も無く勝利することだ。
     だがそれも無理だ。俺と上の仲間が全員立ち向かったところで、この人数相手じゃ、間違い無く死人が出る。
     ……親父。済まない、俺はリーダー失格だ)
     ごく、と唾を飲み、ハンは剣を構え直す。
    (『人の上に立つ時は、下にいる奴を大事にしろ』ってあんたの教え、俺は守ったつもりなのにな。もうあと数分後には、誰かが死んでるだろう)
     それを見た敵も、警戒する素振りを見せる。
    (どうにかして誰も死なないような策をって、考えて考えてやってたってのに、どうしてこうなるんだかな。
     仕方無い。……覚悟決めるか)
     ハンはすう、と息を吸い、剣を振り上げた。

     と――その時だった。
    「ぐるぐる頭ん中で考え過ぎや、アンタ。まーだ覚悟決めへんのかいな」
    「……っ?」
     その声を聞き、ハンは驚きと、そして戦慄を覚えた。
    (今の声、……まさか?)
     空耳かと疑いかけたが、その女性の声は、続いてハンに投げかけられる。
    「今アンタ、『どうにか逃げられへんかなー、死人出した無いなー』とか思てたやろ」
    「そりゃ、思いますよ」
    「うんうん、分かるでー。人が死ぬのんなんてそうそう、見たないもんな。ましてや自分が知っとるヤツやったら尚更や」
    「そうですね」
     応答しつつ、ハンは複雑な思いを抱えていた。
    (助け、……が来たんだろうけど、色々信じたくない。
     そんな都合良く助けが来るわけ無いだろって言うのと、何であの人が助けに来るんだって言うのと、よりによってあの人にまた助けられるのかって言うのと、……あー、もう頭ん中が大混乱だ、クソっ)
     そんなハンの困惑に気付いているのかいないのか、彼女は優しく声をかけてくる。
    「ま、とりあえず剣、収めとき。もう終わっとるで」
     彼女の言う通り、いつの間にか敵は全員、その場に倒れ込んでいた。
    「今の一瞬で? どうやったんです?」
     ハンの問いに、いつの間にか正面に現れた彼女は、にこっと笑って答える。
    「アタシが新しく組んだ術やね。アタマん中にどわーってやかましい音、仰山詰め込んだってん」
    「聞くだけで頭が痛くなりそうですね」
     ハンはどうにか笑顔を作り、目の前に現れた狐獣人の女性に会釈した。
    「助かりました。お久しぶりです、エリザさん」
    「おひさー」
     女性――エリザ・ゴールドマンはにこにこと笑いながら、ハンをぎゅっと抱きしめる。
    「ちょ、っと」
    「ハンくん、アンタ相変わらずほっそいなー? アタシより腰、細いんとちゃう?」
    「は、はは、まさか。……すみませんが、その」
    「何や?」
    「そろそろ離れてくれませんか? 部下に、威厳が……」
    「あー」
     ひょいと離れ、エリザはハンに笑いかける。
    「ゴメンなぁ。久々に会うたから、そらぎゅーってしとかんとアカンやろなって思てなぁ」
    (……これだから苦手なんだよ、この人)
     そう思ったものの、ハンは極力、それを顔に出さないよう努めた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    50話突破から9ヶ月をかけ、どうにか100話突破。
    思えば昨年の暮れまで、第3部をどうにか書き上げようと四苦八苦していた記憶が。
    (そしてできたのが、こっちじゃなくてDW9と言う……)

    ただ、ここからの話が書きたくてたまらなかったのは事実。
    と言うのも――元々「双月千年世界」の元となった小説が存在していたことは、
    以前からちょくちょくお伝えしていましたが、その始まりは、「琥珀暁」のこの部から。
    ある意味、ここから双月世界が始まったと言えるわけで。
    それが2007年くらいのこと。

    (以下、自分語りになるので、タグで隠します。
    見たい方はソースから確認して下さい)



    ま、それはそれとして。
    10年前に自分が全力で書いたモノを、今の自分の全力を以てリメイクしています。
    あの頃よりきっと、100倍は面白いはず。
    ……ちょっと色々、どす黒くなったりアブなくなったりしてるけど。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・奔尉伝 6】へ
    • 【琥珀暁・奔尉伝 8】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・奔尉伝 6】へ
    • 【琥珀暁・奔尉伝 8】へ