FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・狐傑伝 1

     ←イラスト;柊雪乃(蒼天剣) →琥珀暁・狐傑伝 2
    神様たちの話、第102話。
    彼女の素性。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     陽動作戦から帰還して以降、ハンはずっと、憮然としていた。
    「あ、あのっ、ゴールドマン先生ですよね!?」
    「あなたのご活躍、常々伺ってました! 一度お会いしてみたいと……!」
    「握手いいですか!? あ、あとサインも……」
     砦の皆に囲まれチヤホヤとされているエリザを、ハンは柱の陰で遠巻きに眺めつつ、干し肉をもしゃもしゃと噛みちぎっていた。
    (……やっぱり、苦手だ)
     居たたまれなくなり、ハンはその場を後にしようとする。
     と、踵を返したところで、部屋の入り口で様子をうかがっていたクーと目が合う。
    「あっ」
     小さく声を上げ、顔を引っ込めようとしたクーに、ハンは声をかける。
    「クー、待ってくれ」
    「は、はい?」
     呼び止められ、立ち止まったクーの手を引き、ハンも部屋を出る。
    「ど、どうされましたの?」
    「いや、部屋を出る口実が欲しかっただけだ。
     それよりも話をしたい。このまま黙って干し肉噛んでると、頭から煙が上がってきそうだった」
    「まあ」
     ハンたちは廊下を歩きつつ、落ち着ける場所を探す。
    「塔は監視班がいるか。中庭は……、エリザさんから呼ばれそうだな」
    「やはりハンも、あの方はお嫌いなのかしら?」
     クーからそう問われ、ハンは小さく首を振る。
    「いや、嫌ってるってわけじゃない。その……、家族ぐるみで、付き合いもあるからな。
     ただ、苦手なだけなんだ。具体的にどこがどうと言われたら、言葉にはしにくいが」
    「そう……ですわね。わたくしも、同じような気持ちですわね。
     あの時否定いたしましたけれど、確かにわたくしとあの方とは、昔からの面識がございます。
     誰にでも親しくされる方ですし、気さくに接して下さる方ですから、悪い方でないことは確かなのですけれど、その親しさが時として、……その、言葉は悪いですが、うっとうしいと申しますか、苛立たしいと申しますか」
    「分かるよ。あの人はフランクすぎるところが多々あるからな。
     俺が子供の時からベタベタしてくる人だったから、時々『やめてくれ』って邪険にしてしまったこともある。
     でもあの人、懲りずに迫ってくるって言うか……」
    「ええ、ええ。そのようなところ、ございますわね」
     並んで歩きつつ、二人はうんうんとうなずき合う。
    「分かってくれる奴がいて、ほっとしたよ。……っと、クー」
    「はい?」
     首を傾げたクーに、ハンは近くの空き部屋を指し示す。
    「あそこなら人も来なさそうだから、じっくり話せる。あっちに行こう」
    「ええ、構いませんけれど」
     クーはにこっと、いたずらっぽい笑いを浮かべた。
    「変なこと、なさらないようにお願いいたしますわね」
    「するわけないだろ……」

     部屋に入り、向かい合う形で座ったところで、ハンが話を切り出す。
    「まず、前も言った通り、どうしても答えたくないってことについては、俺が聞いても『言いたくない』って言ってくれていい」
    「ええ」
    「じゃあ、まず。……君の本名から聞かせてくれないかな」
     そう尋ねたハンに、クーは表情を堅くする。
    「それは……」
    「答えを聞く前に、俺から君について知ってることを話そう」
    「……!」
     クーが目を丸くするが、ハンは構わず、話を続ける。
    「ビートも言っていたが、君の使う術はあまりにも高等なものだ。とても一般兵や市井の魔術師が使うようなものじゃない。
     一方で、君が使っているような術、と言うより技法だが、あれは多段発動術と呼ばれるもので間違い無いな?」
    「え、ええ」
    「それが使えるような人物は、あんまりいない。
     難しい技術だからと言うのも理由の一つだが、容易に広まれば良からぬ人物、言い換えれば悪用しようとする人物にまで伝わりかねない、と言うのが一番の理由だ。
     その真意も含めて、多段発動術は極秘扱いになっている。故に、それを知る人間は一握り、陛下とそのごく近辺にいる、少数の人間だけとなっている。
     ちなみに俺がその事情を知っているのは、親父から聞いたからだ。その親父は陛下から教わったらしいが、『流石に俺じゃ使いこなせなかった』とも言っていた。
     その辺りから、君は陛下にごく親しい存在なんじゃないか、と判断するんだが、どうだろうか?」
    「……」
     クーは顔を覆い、うつむいてしまう。
    「いや、すまない。突っ込みすぎたよ。勿論どうしても言いたくないなら……」「いえ」
     クーは顔を挙げ、すう、と息を吸う。
    「もうお気付きですのね、わたくしの素性について」
    「ある程度はな」
    「では、もう、隠す必要もございませんわね」
     クーは頭の後ろでまとめていた髪をほどき、長い銀髪をさらりと垂らして見せた。
    「わたくしの本名はクラム・タイムズ。ゼロ・タイムズの娘です」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【イラスト;柊雪乃(蒼天剣)】へ
    • 【琥珀暁・狐傑伝 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【イラスト;柊雪乃(蒼天剣)】へ
    • 【琥珀暁・狐傑伝 2】へ