FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・狐傑伝 2

     ←琥珀暁・狐傑伝 1 →琥珀暁・狐傑伝 3
    神様たちの話、第103話。
    秘密と共通点。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
    「やっぱりそうか」
     そう答えたハンに、クーは顔を赤くする。
    「わたくしのこと、幼い振る舞いばかりで幻滅されたかしら? それとも素性を隠していたことを軽蔑なさるのかしら?」
    「そのどっちも、考えたことは無いな」
     ハンは肩をすくめ、こう返す。
    「脱出と陽動作戦、その2度の戦いのどちらでも、君は並々ならぬ協力をしてくれた。そんな君を幼いなんて思ったりはしない。
     それに君のことだ、素性を明かしてしまっては皆を萎縮させるし、気楽に振る舞うこともできない。そんなことを考えてたんじゃないか?」
    「左様ですわね」
    「確かにビート辺りは『畏れ多くも殿下のご面前に配しまして、恐悦至極にございます』なんてかしこまった言葉を立て並べて平伏しそうだしな。
     ロウのおっさんにしても、エリザさんに会った途端にあの態度だ。君の素性を知ってしまったら、あのおっさんも同じように、ペコペコしてくるだろうな」
    「ええ、恐らくは。そんな風に接せられることは、わたくしにとってはあまり、愉快ではございませんから。
     父もそうなのですけれど、わたくしももっと皆さんに、気さくに接していただきたいですもの」
    「そうだろうな。だから俺も、君のことは明かさなかったし、ビートたちにもしつこく聞かないよう、釘を刺していた」
    「……と仰ると、あなたもしかして、初めから気付いていらっしゃったの?」
     驚いた様子を見せるクーに、ハンはにこっと笑みを返す。
    「気付かないわけが無いさ。
     元々見覚えもあったし、髪の色も陛下と同じだ。何よりあれだけ卓越した魔術の使い手なんて、そういるはずも無い」
    「他に気付いた方は、いらっしゃるのかしら?」
    「いや」
     ハンは首を振り、こう続ける。
    「俺の班にいる皆は気付いてないだろう。マリアはそう言う類の勘は鈍い。シェロも気付いてたら、反応が変わるだろうし。ビートもさっき言った通り、平伏してるはずだろう。街の皆は尚更だ。
     ただ、エリザさんは初見で看破したっぽいけどな」
    「そのようですわね。本当、あの方は不得手です」
     そう言い放ち、しゅんとするクーに、ハンはうんうんとうなずいて見せる。
    「そうだな、よく分かるよ。何と言うかあの人は、人の弱点を見付けて弄(もてあそ)ぶようなところがある。
     そりゃ、際立って傷付けたり、実害を与えたりなんてことはしないけど、でもこっちが触れられたくないことにベタベタと触れてきて、それで困る様子を見るのが大好き、と言う性格をしてる」
    「それは、とても強く感じますわね。森でお会いした時も、あなたが仲立ちして下さらなかったら、わたくしきっと、皆の前で素性を晒されていたでしょう。
     確かにそれで、わたくしが傷付くと言うようなことはございませんけれど、それでも心苦しいですし……」
    「君がそうやって困る様子を見て、エリザさんはケラケラ笑うだろうな。……困った人だよ」
    「ええ、本当に」
     二人でクスクスと笑い合ったところで、クーが尋ねてくる。
    「それで、ハン。他に、わたくしに伺いたいことはございますかしら?」
    「そうだな……、いや、今はそれだけで十分かな。逆に、君が俺に聞いておきたいことはあるか?」
    「そうですわね……」
     クーはあごに指を当て、思案する様子を見せる。
    「どんなことでも?」
    「俺だって聞かれたくないことはあるし、それについては答えない。だけど、それ以外なら何でも答える。君も秘密を打ち明けてくれたんだし」
    「では、……そうですわね、ご家族は?」
     思ってもいなかった質問をぶつけられ、ハンはきょとんとする。
    「ん? ああ、俺を含めて5人だよ。両親と、前にも言ったが、妹が2人いる」
    「ご結婚は?」
    「してない。相手もいないしな」
    「あら」
     意外そうな声を上げ、クーは上目遣いにハンを眺める。
    「わたくしには、それなりに整ったお顔立ちと見受けられますけれど」
    「そりゃどうも。でも、顔で付き合うわけじゃないだろ?
     それに俺の主な任務は各地の探索と測量だ。あっちこっち歩き回ってばかりだから、家庭を持つどころじゃないし」
    「では、マリアさんとは? 同じ場所でご一緒にお仕事なさるのであれば、お心が通い合ったりなどされるのでは?」
    「無い、無い」
     ハンは肩をすくめ、否定する。
    「マリアは単なる同僚だよ。異性と思ったことは無い。強いて言えば、妹くらいにしか思ってないな」
    「確かに砦で話されていた折には、その様な雰囲気と見受けられましたわね。
     ……ねえ、ハン」
     クーはにこっと微笑み、こんなことを言い出した。
    「わたくし、あなたのことをとても気に入りました。
     今後、あなたの任務に、わたくしも随行いたしますわ」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 5;緑綺星
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 5;緑綺星
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・狐傑伝 1】へ
    • 【琥珀暁・狐傑伝 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・狐傑伝 1】へ
    • 【琥珀暁・狐傑伝 3】へ