FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・狐傑伝 3

     ←琥珀暁・狐傑伝 2 →琥珀暁・狐傑伝 4
    神様たちの話、第104話。
    クーのわがまま。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
     クーのその発言があまりにも予想外だったため、ハンは絶句してしまった。
    「え、……っと? いや、クー?」
    「何か?」
    「本気で言ってるのか? 冗談だよな、勿論?」
    「ええ、勿論。本気で申しております」
     そう言って、クーはまた、にこっと笑う。
     ハンは頭に手をやり、なだめようとする。
    「あのな、クー。遊びでやってるんじゃないんだぞ、俺たちは」
    「ですから『任務に随行』、と申しましたが」
    「軍が許可するわけ無いだろ?」
    「父上を通して正式に許可を取り付けさせます」
    「許すと思うか? 陛下はもとより、俺だって許さないぞ」
    「最終的には許す気になるでしょう。いいえ」
     クーは席を立ち、こう言い残して部屋を後にした。
    「その気にさせますわよ。わたくし、諦めの悪い性格ですの」
     一人、部屋に残ったハンは、ただただ唖然とするしか無かった。
    「……何だって俺の周りは、変な女ばっかり集まるんだ?」
     ぽつりとつぶやいたその言葉は、森から聞こえてくる梟(ふくろう)の鳴き声にかき消されるくらい、弱々しいものだった。

     ハンを一人残し、クーはにこにこと微笑みながら、廊下を歩いていた。
    (さて、どのように攻略しようかしら)
     出会った当初はさほど好印象を持っていなかったものの、数日を過ごす内にすっかり、クーはハンのことが好きになっていた。
    (……とは申しても、あまり性急に押しすぎると、はしたない女と思われてしまいかねないですわね。それにハン自身、あまりそうした性質の女性を好んでいないご様子でしたし。
     首尾良く随行できるようになった折には、まずは大人しめに接した方がよろしいかしら。幸い、競争相手も現れそうにございませんし)
     クーの頭の中で色々と、ハンに対する「攻略」が練られるが、どれも途中で、今後に対する期待感のために霧散してしまう。
    (多少なりとも健啖なご様子でしたから、まずは料理などで印象付けようかしら。わたくし、それなりに料理も得意ですし。きっと気に入りますわ。『うまいな、本当に』『気に入っていただけて何よりですわ』『ああ、君のことも』……なーんて、えへへへへー。
     ……はっ。いけないいけない、わたくしまた、妄想の世界に入りかけてしまいました)
     そんな風に、始終にこにこしながら砦内をさまよっていると――。
    「クーちゃん、何やええコトでもあったん?」「ひゃあっ!?」
     突然、後ろからぽん、と頭を撫でられ、クーは飛び退いた。
    「ななななんですの!?」
    「アタシや」
     振り向いた先には、あのエリザが、ニヤニヤしながら立っているのが確認できた。
    「あ、あなた、街の方たちとご歓談されていたのではっ!?」
    「流石に1時間、2時間も囲まれて疲れてもーたから、『ボチボチお開きにしよかー』ちゅうて抜けてきたんよ。
     ソレよりクーちゃん、何やニッコニコしながらフラフラ歩いとったけど、ハンくんと何しとったん?」
    「え、えっ? は、ハン、と? さ、さあ、何のことでしょう?」
     どぎまぎしつつごまかしたが、エリザにはあっさりと看破されてしまう。
    「さっきこそっと、ハンくんと一緒に部屋抜けてたやろ? チラっと見てたで」
    「う」
    「二人してシケた顔並べてドコ行っとったんやろ思ててな、ほんで探しとったんよ。
     で、こんな人気の無いトコで二人でナニしとったん?」
    「はっ、話を、お話ですっ」
    「お話? まー、そやろな。奥手で堅物のハンくんがまだ15歳のアンタに手ぇ出すワケ無いしな」
    「……っ」
     エリザの言葉に、クーはわずかに苛立ちを覚えたが、それすらもエリザには見抜かれていたらしい。
    「ん、貶しとるワケちゃうで? 真面目で誠実ってコトや。ホンマにええ男やと思うよ」
    「そう、……ですわね。その点は確かに、わたくしも評価いたしておりますわ」
    「せやから好きになったんやろ?」
     そう言われ、クーは自分の顔が熱を持つのを感じる。
    「な、なっ、いえ、すっ、好きだなんて、そんなっ」
    「えーからえーから、お姉さん分かっとるから。
     せや、良かったらハンくんが好きなもんとか、こそっと教えたるけど、聞く?」
    「え……?」
     エリザの申し出に、クーは首を傾げた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・狐傑伝 2】へ
    • 【琥珀暁・狐傑伝 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・狐傑伝 2】へ
    • 【琥珀暁・狐傑伝 4】へ