FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・狐傑伝 4

     ←琥珀暁・狐傑伝 3 →琥珀暁・狐傑伝 5
    神様たちの話、第105話。
    秘密のつながり。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    4.
    「エリザさん、一つお聞きしてよろしいかしら?」
     そう返したクーに、エリザはきょとんとする。
    「どないしたん?」
    「ハンとお話なさっていた時にも感じたのですが、あなたとハンは、昔からご面識が?」
    「あるで」
     エリザはにこっと笑い、こう続けた。
    「付き合い長いし、アタシの子供みたいなもんやね」
    「こ、子供?」
    「ちゅうても血がつながっとるワケちゃうで。ま、似たようなもんやけど」
    「え……え?」
     エリザの言っていることが把握できず、クーは戸惑う。
     が、エリザはそれに構う様子も無く、話を続ける。
    「あの子のお父さんと、何やかや『色々』あってな。家族ぐるみで親しくしとるんよ」
    「左様でしたか」
    「ま、そう言うワケやから、あの子が好きなもんとか嫌いなコトとか、そう言うんはよー知っとるで。
     例えばな、あの子キノコ嫌いやねん」
    「あら」
     意中の男性の嗜好の話になり、クーは長い耳をぴん、と立てる。
    「昔、アタシん家に来た時、アタってしもてな。ソレ以来、キノコ系は避けて食べよるんよ」
    「まあ」
    「せやからな、料理したげよ思うんやったら、その辺り気ぃ付けといた方がええで」
    「参考にいたしますわ」
     クーは懐からメモを取り出し、さっと書き付けた。
     と――。
    「それは克服しましたよ、エリザさん。もう食えます」
     ハンの憮然とした声が、二人にかけられる。
    「あれ? せやった?」
    「各地の測量を行うとなると、行程の大半が野宿になりますからね。キノコに限らず、野のものが食えなきゃ、到底やってられないですよ」
    「そうかー……。成長したんやなぁ。『お母さん』、嬉しいわぁ」
    「だから、それはやめて下さいと言ったじゃないですか」
     ハンは眉間にしわを寄せながら、こう続ける。
    「俺とあなたは血がつながってませんし、親父の本妻は俺の母です」
    「細かいなぁ」
    「あなたが奔放すぎるんです。それに、そんなことをあんまり大っぴらに言わないでくれと、親父からも言ってあったはずですよね」
    「せやから、アンタとアタシの時だけの、……あー」
     言いかけたエリザが、傍らのクーに目をやり、ぺろっと舌を出す。
    「ゴメン、クーちゃん。今の聞かんかったコトにしといて」
    「……えーと、……はい?」
     クーは自分の常識と理解を超えた話の展開に付いていけず、ぽかんとするしかなかった。

     ハンはクーとエリザを連れてもう一度、先程の部屋に戻った。
    「あの……?」
     まだ合点の行かなさそうな顔をしているクーを座らせ、ハンは説明する。
    「まず、……そうだな、今からする話は、秘密にしていてほしい。
     公になると俺も困るし、俺の両親、と言うか親父が特に困る。……エリザさんだって困るはずなんですけどね」
    「そらまあ、うるさいのんが沸きよるやろな」
    「ですよね? ……なのに何で、……いや、まあいい。とにかく説明する。
     俺の家族構成については、さっき言った通りだ。親父とお袋、俺、妹2人。それがシモン家の全員だ。
     だが親父の血を引いてるのが、あと2人いるんだ。それが……」
     ハンはそこで言葉を切り、エリザに視線を向ける。
    「……それが、エリザさんの子供なんだ」
    「まあ! それは、つまり……」
     ハンの秘密を聞き、クーは目を丸くしている。
    「そう。いわゆる不倫ってやつだよ。
     十数年前、エリザさんの要請で、親父はバケモノの討伐隊を率いて山の南へ行ったんだ。討伐作戦は成功して、親父は戻ることになった。
     だけど親父が帰路に着く前日、エリザさんが迫ったんだ。『どうしても奥さんになりたい』つってな」
    「なんて、まあ……、何と申せばよろしいのかしら」
     顔を真っ赤にして聞いていたクーに、エリザがニヤニヤと笑みを浮かべる。
    「ロマンチックやろ?」
    「どこがですか、まったく。……それで、まあ、その後、エリザさんは子供を産んだ。名前はロイド。俺にとっては一応、母親違いの弟ってことになる。
     で、ロイドが3つになるかって頃に、エリザさんはあろうことか、俺ん家に来たんだよ」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・狐傑伝 3】へ
    • 【琥珀暁・狐傑伝 5】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・狐傑伝 3】へ
    • 【琥珀暁・狐傑伝 5】へ