黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・狐傑伝 5

     ←琥珀暁・狐傑伝 4 →琥珀暁・狐傑伝 6
    神様たちの話、第106話。
    歴史に書けないスキャンダル。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     ハンはいつものように顔を若干青ざめさせつつ、話を続ける。
    「俺ん家に来たエリザさんと、手を引かれて付いてきてたロイドを見て、親父はどうなったと思う?」
    「……ど、どうなったん、……ですの?」
     恐る恐る尋ねたクーに、エリザが答えた。
    「ぱったーん、って感じで仰向けに倒れてしもてん」
    「そりゃ卒倒もしますよ。親父は自他共に認める、真面目で誠実な男だって評判の人だったんですから。
     ……で、当然その後、家は大騒ぎになった。お袋はカンカンになって、ほうきで親父をバカスカ殴りまくるし、親父は血まみれのアザまみれになるし。俺もジニーも、ロイドと一緒に固まって、部屋の隅でブルブル震えてたし。
     だのに、一方でただ一人、エリザさんと来たら、『コレからも仲良うしてなー』とか親父とお袋に向かって言い出すし。子供心に、『ああこれは家庭崩壊するんだろうな』って感じて、ものすごく怖かった覚えがある。
     だが――今でもマジで、どうしてそうなったか俺には分からんが――何と言うか、唐突に丸く収まったんだよな。その後にテレサが産まれたし、同じ年、エリザさんももう一人、リンダって子を産んだし。
     今でもエリザさんは、1~2年に1回くらい俺ん家に来るけど、お袋と仲良く料理してるし、親父とも楽しそうに話してる。俺や妹たちにしても、エリザさんの子供たちとは結構仲良くしてるし、たまにお互いの家に遊びに行くこともあるしな。
     とは言え、陛下のごく親しい側近でもあるゲート・シモン将軍が不倫してるなんて話が公になったら、親父の評判も悪くなるし、もしかしたら陛下にも何かしら、悪影響が及ぶかも知れんから、……内緒で頼む」
    「え、ええ、しょ、しょうち、いたしましたわ」
     かくんかくんと首を振ってはいたものの、幼いクーの内心は爆発寸前だった。
    (と、とんでもない秘密を、打ち明けられてしまいましたわ……!)
     クーはまだどぎまぎしていたものの、そこでハンが席を立った。
    「そう言うわけですから、エリザさん。あんまり俺にベタベタしないで下さい。怪しまれます」
    「はいはーい」
    「それからクー」
     ハンに声をかけられ、クーはかくんと首を上に向ける。
    「はっ、はひっ? なんっ、……なんでしょう?」
    「何だかんだあって疲れてるから、俺はもう休むよ。
     それに明日の朝、出発する予定だからな。早いとこ寝とかなきゃならん。君も一緒に来るんだろ?」
    「あっ、ええ、そうですわね。で、では、わたくしもこの辺りで、お休みいたします」
    「お休み、クー。それからエリザさんも」
     ハンの挨拶に、エリザは口を尖らせる。
    「何や、ついでみたいな……。ま、お休み」
     ハンが部屋を後にし、二人きりになったところで、エリザがクーに向き直る。
    「あ、そうそう。アタシも帰り、一緒やから」
    「えぇ!?」
     驚いたクーに、エリザが肩をすくめる。
    「元々『北』へは、半月くらいだけ滞在する予定やったしな。大部分、こっちへの行き来で使てしもたから、急いで帰らなアカンねん。
     せやからアタシも明日、ハンくんらと一緒に帰るんよ」
    「さ、左様でしたか。……驚いたりなどして、失礼いたしました」
    「えーよえーよ、こんなドぎついお姉さんが側におったら、気ぃ休まらへんやろしな」
    「い、いえ、そんなことは」
    「えーからえーから。ほな、また明日な」
     弁解しようとするクーに背を向け、エリザも部屋を後にした。
    「……はぁ」
     一人残されたクーは大きなため息をつき、机に突っ伏してしまった。
    (何と申せば良いのかしら、……濃い方ですわね、本当に。
     もしハンとお付き合いだとか、……け、結婚、……だとか、そのようなことをいたしたら、あの方とも――直接ではなくとも――縁続きになるわけ、ですわよね。……わたくし、その生活に耐えられるのかしら?
    『恋愛は障害がある方が燃え上がる』だなんてうそぶく方がいらっしゃったけれど、この障害はあまりにも大きすぎますわ……)
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・狐傑伝 4】へ
    • 【琥珀暁・狐傑伝 6】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    考えて付き合い方をどうにか出来るタイプの相手じゃないですからね……。

    NoTitle 

    クーちゃんへ。

    「考えたら、負け」(笑)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・狐傑伝 4】へ
    • 【琥珀暁・狐傑伝 6】へ