FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・彼心伝 2

     ←琥珀暁・彼心伝 1 →琥珀暁・彼心伝 3
    神様たちの話、第110話。
    測量班と賢王の会食。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     それまでの20年の人生で、少なくとも彼自身にとっては「破天荒」としか評価できないような出来事が度々起こっていたせいか――ハンニバル・シモンと言う人間には、人と堅く接しようとする性分が形成されていた。
     心の中でこそ、多少なりともフランクにしゃべってはいるのだが、実際にその口から出る言葉は、それを耳にする他人に、わずかながらも溝を感じさせるようなものばかりである。
     実際、彼は心の中に境界を作っていたし、そこを自分が越えることも、他人に越えさせることもしなかった。
     他人とは広く、しかし浅く付き合う、と言う姿勢が、彼のそうした性分を表していた。

     とは言え――彼が拒んでも、ずかずかと踏み込んでくる者が、一人いる。言うまでもなく、それはエリザである。
     と言うよりも、彼の性格が形成されたのは、破天荒の塊のような彼女の影響に他ならないのである。いきなり初対面で「父の不倫相手」として、だと言うのに実の母の如くべたべたと接してきたのを皮切りに、20歳となった現在に至るまで、ハンはエリザに度々振り回されてきたのである。
     そんな彼が、「他人と距離を置いておきたい」と考えるようになったのは、当然の成り行きと言えた。



     それ故――。
    (勘弁して欲しいよ、本当に)
     ゼロとクーを前にしつつ、部下たちと共に食事を囲んでいるこの状況は、彼にとっては苦痛でしか無かった。
    「……と言うわけで現在、敵は動かないだろうと言うのが、ゴールドマン女史の見解ですね。自分も同意見です」
    「ふむ、ふむ」
     運ばれてきた食事に手を付ける前に一通りの報告を行い、ハンはそのまま直立不動の姿勢を取る。
     対面のゼロも、先に食べ始めるようなことはせず、穏やかな顔で報告を聞いていたが、ハンの報告が終わるなり、カップに手を伸ばした。
    「ありがとう、ハン。状況は概ね把握できた。詳しい点はまた、後で確認したい。
     それよりも、そろそろご飯を食べよう。冷めちゃうと、作ってくれた人に申し訳無いし」
    「は……、お時間を取らせてしまい、大変失礼いたしました」
     敬礼し、着席したハンに、ゼロは苦笑いを返す。
    「いいから、いいから。じゃ、いただきます」
     ゼロに合わせ、他の者も食事を取り始める。
    「……うわっ、おいしー」
     途端に、マリアが感動した声を漏らす。それを見ていたクーが、クスクスと笑っている。
    「ええ、皆様の好まれるご料理については、道中で伺っておりましたから。料理人の皆様にしっかり、お伝えしておりましたの」
    「きょ、恐縮っス。あ、いや、恐縮であります」
    「とんだ不敬を……」
     顔を真っ赤にし、頭を下げたビートとシェロに、タイムズ父娘が笑って返す。
    「喜んでもらえて何よりだ。遠慮せず、どんどん食べてくれ」
    「わたくしたちだけの席ですし、お言葉遣いも接し方も、これまで通りにしていただいて結構ですから」
    「は、はい」
    「ども、っス」
     その中で一人、ハンだけは無言で、料理を口に運び続けていた。
    (これまで通りに、ね。ああ、了解してるよ。あなた方のご命令であれば、そうするさ)
     彼のその心中に気付く様子も無く、マリアがちょんちょんと、ハンの肩をつつく。
    「ねー尉官、これ美味しいですよー」
    「ああ、うん」
    「食べてみました?」
    「いや、まだ」
    「早く取らないと、無くなっちゃいますよー」
    「ああ」
     そのやり取りを見ていたクーが、どことなく不機嫌そうな目を向ける一方、ゼロはにこにこと笑っている。
    「ハン、君の班はとても仲がいいみたいだね。話を聞くに連携もよく取れていたようだし、一人ひとりの力量も大きい。
     何よりハン、君の判断力が優れている。若手チームの中では、君たちのところが一番なんじゃないかな」
    「お褒めに預かり、幸甚(こうじん)の至りです」
     一言、そう返して頭を下げたハンに、ゼロは満足気にうなずいて返した。
    「あ、そうそう」
     と、ゼロは傍らの娘の肩をとん、と叩く。
    「この子から、次回から君の班に、この子を随行させてほしいとお願いされていたらしいけれど、どうだろうか?」
    「……承知しました」
     内心に湧き上がる様々な悪感情を押し殺し、ハンはうなずいた。
     が――ゼロには、それを見透かされてしまったらしい。
    「いやいや、ハン。何か不満や不安があるのなら、承知する前に言って欲しい。
     君ほど聡明で経験豊富な男なら、その心中の、モヤモヤした『何か』が尾を引いて、後々に班全体の足を引っ張る原因になることは、十分に分かっているはずだ」
    「……では、卒爾(そつじ)ながら意見を申し上げます」
    「うん」
    「クー、いえ、クラム・タイムズ殿下が我々に随行することについて、私は反対申し上げます」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・彼心伝 1】へ
    • 【琥珀暁・彼心伝 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・彼心伝 1】へ
    • 【琥珀暁・彼心伝 3】へ