黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・彼心伝 3

     ←琥珀暁・彼心伝 2 →琥珀暁・彼心伝 4
    神様たちの話、第111話。
    ハンの抗弁。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    3.
    「まあ、ハン! 今更何を……」「クラム」
     声を荒げかけたクーを、ゼロがやんわりと制する。
    「他人の話は声を荒げて止めるべきものじゃない。最後まで、落ち着いて耳を傾けるべきだ。そうだろう?」
    「……はい」
     クーが黙り込んだところで、ゼロはハンに向き直る。
    「ごめんね、話の腰を折ってしまって。聞かせてくれないか、ハン」
    「では、3点ほど。
     まず第一に、殿下が使う魔術は非常に強力かつ高い効果を生ずるものですが、反面――そうした高威力・高効果の宿命として――詠唱や発動において、多少なりとも時間を有します。
     彼女の支援を必要とする状況が発生した際、その『多少の時間』を稼ぐために、我々が援護ないしは防御に徹しなければならなくなります。
     それは即ち、我々4名、あるいは彼女を含めた5名全員が危険にさらされる時間が増えると言うことでもあります。その危険と、彼女を随行させる必要性のどちらが大きいか、現状では判断しにくいところです。
     要素の不確実性を解消できない以上、その要素は――可能であれば――最初から排除すべきではないでしょうか」
    「一理あるね。2つ目は?」
    「殿下は兵士としての訓練を受けていらっしゃいません。
     我々4名の、これまでの作戦行動はすべて野外で行っております。無訓練・無経験の身で殿下が随行されるとなれば、必ず我々の側が、何かしらの配慮・便宜を図らねばなりません。
     そのような措置を取らねばならないと言うことは、率直に申せば、我々の足を引っ張ることに他なりません」
    「確かに」
    「そして3つ目ですが、先程陛下にご評価いただきましたように、我々の班としての実力の高さは、私の統率と部下たちの連携に起因するものです。
     しかるに殿下は、ご自身の魔術の練度故か、多分に自信家でいらっしゃいます。そうした人間ほど、上の命令を聞かず、下の意見を軽んじる傾向にあることは事実ではないでしょうか。
     団体行動において、そうした自分勝手で他人の話を聞かない人間が1名でもいれば、その団体全体の破綻につながりかねません。
     殿下が随行することによって、我々の班の実力の低下、いや、班の瓦解・崩壊につながる事態も有り得るのでは無いかと、私は懸念しております」
    「ふむ」
     ハンの意見を聞き終え、ゼロはチラ、とクーに目をやる。
    「確かにこの子は、団体行動に向くタイプじゃない。我を通そうとする性格だ。実際、『無理矢理にでも付いて行くぞ』と、君にゴリ押ししていたらしいしね。
     もし本当に随行させれば、この子がワガママばかり言って、君や班の皆を困らせてしまうことは、想像に難くない。
     それに最初、君は『3つほど』と言っていたけれど、本当はもっとあるよね、不満点」
    「ええ」
     ハンが素直にうなずくのを見て、クーは顔をしかめるが、ゼロがそれをたしなめた。
    「ムッとする気持ちは分かるけれど、クラム。
     今、彼が言った通り、君は何度もワガママを言って、ハンを困らせたんじゃないか? 不快感を与えられたって言うなら、それは君の方がちょっとばかり、回数が多いだろう。
     今度ばかりは聞いてあげなさい、クラム」
    「……はい」
     クーがあからさまに不満そうな顔でほおをふくらませたところで、ゼロがハンに微笑みかける。
    「そう言うことだ。
     ハンの意見はもっともだし、十分に納得行くものだ。私としても、この子をろくな準備や訓練も無しに、危険な場所へ向かわせることは望んでいない。よって君たちはこれまで通り、4名で行動してほしい。
     それで、……ここからが重大な話になる。悪いけれど一旦食事の手を止めて、落ち着いて聞いて欲しい。いいかな?」
    「はっ」
     ハンは勿論、がっついていたマリアたちも食器を机に戻し、一斉に敬礼する。
    「話と言うのは、他でもない。ハン、君はノースポートの奪還作戦に、参加して欲しいんだ。
     それも一班でではなく一大隊、400名を率いる指揮官としてだ。マリアとシェロ、ビートはその側近としてね」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・彼心伝 2】へ
    • 【琥珀暁・彼心伝 4】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・彼心伝 2】へ
    • 【琥珀暁・彼心伝 4】へ