FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・彼心伝 6

     ←琥珀暁・彼心伝 5 →琥珀暁・彼心伝 7
    神様たちの話、第114話。
    シモン家。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     ゼロが便宜を図ってくれた通り、ハンたちの班には3日間の休暇が与えられ、各々自由に過ごしていた。
     ハンはクーからの「おねがい」を断った穴埋めをするため、彼女を自分の実家に招待していたのだが――。

    「まず、弁明させて欲しい」
    「どうぞ」
    「随行を断った件だが、君には本当に済まないと思っている。だからこれは本来、お詫びも兼ねてのことだったんだ」
    「ええ。十分に承知しておりますわ」
    「だが、……その、……彼らがいることは、その考えとは関係が無いことなんだ。
     無論、君に対していたずらをするだとか、不快にさせようなんて気は、毛頭無い。
     知っていたら勿論、教えた」
    「はあ」
    「つまり、その、想定外の事態と言うのも、何と言うか、時に起こってしまうことは、仕方無い。それを理解してくれると、とても助かるし、ありがたい」
    「ええ。この状況がハンの想定し得ないものであることは、十分に理解しておりますわ」
     クーは室内を一瞥し、父親譲りの穏やかな笑顔で応える。
    「流石に『お母様』の方はいらっしゃらないようですわね。お忙しいとご自身で仰っていたし、父上も帰ったものとお考えのようでしたし。
     もしいらっしゃったら、ハンたちのお手間が省けたでしょうに、……とは申せませんわね」
    「ああ。正直、俺と彼女の2人で膝を詰めて話をするのは、考えただけで相当辛い」
    「ことごとく、ハンの神経を休ませない方ですこと」
     ハンとクーが並んでため息を付いたところで、居間にいた狐獣人が声をかける。
    「あ、あのー、僕と、あの、リンダおるけど、な、何か、アカンかった?」
    「いや、そんなことは無い。単にびっくりしただけだ」
    「あ、う、うん。えっと、えー、兄さ、あ、いや、あのー……」
     狐獣人はチラチラとクーを見ながら、困ったような顔をハンに向ける。彼の聞きたいことを察し、ハンは先に答えた。
    「この子はクー。俺たちの家の事情については知ってる。いつも通りでいい」
    「あ、うん」
    「それで、ロイド。エリザさんに連れられて来たのか?」
     ハンに尋ねられ、その気弱そうな狐獣人――エリザの息子、ロイド・ゴールドマンは小さくうなずいた。
    「う、うん。帰りは、あ、えっと、母さんから『どうせハンくんら、近いうちにウチんトコ来はるやろから、一緒に連れてってもらい』って言われて、あの、母さん、先に帰ってしもたんやけど、その、予定って、兄さん、あったり、する?」
     ロイドの言葉に、ハンとクーは揃って目を丸くした。
    「マジかよ」
    「ご明察にも程がございますわね」
     二人は顔を見合わせ、エリザの考えを推測する。
    「そこまで読んでるってことは、陛下がエリザさんを招聘(しょうへい)しようとしてることも、俺たちがその使いに行くことも、予想済みだってことになる」
    「もしかしたらハンが大隊の指揮官になることも、察していらっしゃるかも知れませんわね」
    「まさか、とは思うけどな」
     互いに苦笑いを浮かべたところで、ハンが尋ねる。
    「しかし、本当にこれで良かったのか? 俺の家なんて、何も見るものなんか無いぞ」
    「ええ、これで結構ですわ。ご家族にもお会いしたいと思っておりましたし、以前に『妹さんに魔術指導する』と約束しておりましたし。
     ……とは申しましても、エリザ女史が度々いらっしゃっているのでしたら、わたくしが教えることは皆無かも知れませんけれど」
    「いや、そんなこと無いさ。……と言っても、俺は魔術については全然だから、妹たちがどれくらい使えるか知らないけど」
     二人で話していたところに、ハンの妹たちが寄ってくる。
    「お帰りなさい、兄さん。そっちの子は?」
    「あー、と」
     正直に話すか迷い、ハンはクーに目をやる。クーも目線を合わせ、小さくうなずいて自己紹介した。
    「わたくしは魔術師のクーと申します。ハンの友人ですわ」
    「ゆうじん?」
     妹3人が揃って目を丸くし、異口同音に尋ねてくる。
    「兄やん、友達おったん?」
    「そりゃいるさ。俺を何だと思ってるんだ」
    「でもあたし、お兄ちゃんが家に友達連れてきたの、見たこと無いよ」
    「そうだっけ?」
    「私も見た覚え無いわね。家でだって、基本外から帰って来てご飯食べてお風呂入ったら、そのまま朝まで部屋に籠もってるし。
     たまに外へ一緒に出かけても、何も買わないし、ご飯おごってくれても露店のサンドイッチくらいだし」
    「つまんないよね」
    「ねー」
     目の前でかしましく騒がれ、ハンは苦笑いする。
    「俺の話はいいだろ? それより……」
    「あ、そうだった。
     はじめまして、クーさん。私はヴァージニア・シモン。ジニーって呼んでね」
    「あたしはテレサ。こっちの耳ふわふわしてるのはリンダ」
    「もー、自分で言うてー。先に言わんといてーやー」
     二言、三言話す度にきゃっきゃっとじゃれる妹たちを前に、クーも楽しそうに、クスクスと笑っていた。
    「とても仲がよろしいのね、皆さん」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・彼心伝 5】へ
    • 【琥珀暁・彼心伝 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・彼心伝 5】へ
    • 【琥珀暁・彼心伝 7】へ