FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・彼心伝 7

     ←琥珀暁・彼心伝 6 →琥珀暁・彼心伝 8
    神様たちの話、第115話。
    父と子。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
     クーと妹たちが談笑し始めたところで、ハンはその場を離れ、一人黙々と本を読んでいるロイドに声をかけた。
    「ロイド、久しぶりだな」
    「えっ、あっ、うん」
    「前に会ったのって、いつくらいだったっけ」
    「えーと、確か半年くらい前。今回のんみたいに、母さんとリンダと一緒にこっち来た」
    「何の用だったんだっけ」
    「何か、母さんがタイムズさんと話し合いある言うて」
    「そっか。……何の本読んでるんだ?」
    「書いとる」
    「あ、うん。何書いてるんだ?」
    「母さんから言われたこと、まとめとるとこ」
    「どんなこと言われたんだ?」
    「色々。魔術とか、彫金とか」
    「大変だな」
    「うん」
     色々と声をかけてみるが、どれも一方通行気味で、ハンがやめれば話は止まってしまう。
     会話を諦め、ハンはもう一度、妹たちとクーの様子を眺めてみる。
    (……ま、俺がいなくても良さそうだな、あっちは。
     これでようやく、一息付けるってところか)
     ハンは誰にも気付かれないようにそっと居間を離れ、自分の部屋に向かおうとした。
     と――。
    「ハン、帰って来てたのか」
     廊下に出たところで、背後から声がかけられる。
     ハンが振り向くと、そこには自分の父、ゲート・シモンの姿があった。
    「いたのか、親父?」
    「そりゃいるさ。自分の家でくつろいで何が悪い」
    「いや、悪くないけどさ。今まで全然姿見せなかったし、いないのかと思ってた」
    「家の中が騒がしいからな。庭の畑いじってた」
     そう返した父に、ハンは苦笑いする。
    「将軍様が畑いじりかよ。相変わらずだなぁ」
    「俺の趣味だからな。
     それよりハン、ゼロから聞いたけども、大変な目に遭ったんだってな」
    「ああ。どこまで聞いてる?」
    「お前が現地から報告した内容は、全部こっちにも伝わってる。
     で、こっちの対応についてだが、もうゼロから聞いてるか?」
    「ああ。びっくりしたよ、俺が大隊指揮官なんて」
    「ま、多少若いのは心配っちゃ心配だが」
     ゲートは肩をすくめ、こう続ける。
    「それ以外に不満点は無い。他の将軍連中にも、そう言って説得したしな」
     これを聞いて、ハンは憮然とした気持ちになる。
    「って、親父が俺を推薦したのか?」
    「ああ。だが、理由もゼロから聞いたろ?」
    「一応な」
    「そんなら、ひいきしたんじゃないってことは分かってくれるな?
     これは父親の欲目じゃなく、将軍としての、公平な判断だからな」
    「うーん……」
     釈然としない気分ではあったものの、ハンはこれ以上、この話題について話すことを避けた。
    (今更俺が何言ったって、決定は変わらないだろうしな。
     それに軍からの正式な辞令でもあるし、いち軍人が断るわけに行かない。……まあ、断る理由もつもりも無いしな)
    「あー、と。それから、ハン」
     と、ゲートがどこか遠慮がちな声色で、こんなことを尋ねてきた。
    「そのー……、エリちゃんに遭ったって?」
    「ああ、うん。いつも通りだったよ」
    「そうか。……毎回、すまんな」
    「いいよ、もう。あの人はああ言う人だって、諦めてるから」
    「まあ、なんだ。せめて南へ行く時は、ある程度便宜するから。装備とか費用とか」
    「気にしないでいいって」
    「……あと、もう一つな」
     ゲートが神妙な顔になり、居間をチラ、と覗き見つつ尋ねてくる。
    「なんで家にクラムがいるんだ?」
    「家に来たいってお願いされたんだよ。随行断ったから、その埋め合わせってことで」
    「お前、まさか手を出してないよな」
    「親父じゃあるまいし」
     そう返したところで、ゲートの顔色が目に見えて悪くなる。
    「い、いや、エリちゃんのことは不可抗力なんだって、マジで」
    「不可抗力で2人も子供ができるのか?」
    「……ま、まあ、なんだ。この話はもう、やめにしよう」
    「ああ。クー、……いや、クラム殿下のことだけど、一応、ジニーたちには身分明かしてないから、そのつもりで接してくれれば」
    「そうか、うん、分かった。
     ……あー、と。忘れ物したかも知れんから、畑戻るわ」
    「ああ」
     そそくさとその場を離れていくゲートの背を眺めつつ、ハンはため息をついた。
    (このことさえ無かったら、あんたのことは、そこそこ尊敬できるんだけどな)
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・彼心伝 6】へ
    • 【琥珀暁・彼心伝 8】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・彼心伝 6】へ
    • 【琥珀暁・彼心伝 8】へ