FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・彼心伝 8

     ←琥珀暁・彼心伝 7 →琥珀暁・彼心伝 9
    神様たちの話、第116話。
    部下三人組の休日。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    8.
     ハンが家にクーを招いていた頃、マリアたち3人は、揃って街の食堂を訪れていた。
    「うふふふー」
     料理を待つ間、嬉しそうな笑みを浮かべるマリアを見て、ビートとシェロも笑っている。
    「そんなに楽しみなんスか?」
    「そりゃそーよ。あたし、どんだけここの山海焼き食べたいなーって思ったことか」
    「食べるの趣味ですもんね、マリアさん。……こうして連れ回される度に僕たち、1キロは太るのに、マリアさん太らないんですか?」
    「女の子にそーゆーこと聞く? ま、太んないんだけどね」
     ちなみにハンの人付き合いの悪さについては、マリアたちも十分に承知している。
     そのため、こうして仲間同士で集まる際には、基本的にハンには声をかけてはいないのだが――。
    「でもさー、尉官、呼ばなくて良かったのかな?」
     そんなことを言い出したマリアに、二人が首を傾げる。
    「って言うと?」
    「なんか疲れてるっぽかったし。気晴らしにどこか連れてった方が良かったんじゃないかなーって。
     あ、『疲れてる』って言っても長旅で、ってことじゃなくて、何て言うか、気疲れ? って言うのかなー、そんな感じの。
     んでさ、原因って多分、……あの人のせいだよねー?」
     申し訳無さげに尋ねたマリアに、ビートもぎこちなくうなずいて返す。
    「ん、んー、……まあ、あの人ですよね。何となく分かります」
    「誰のコトだ? クー、……いや、クラム殿下のコトか?」
     そう返したシェロに、マリアとビートが同時に首を振る。
    「ちがうちがう」「そちらではなくて」
    「え? じゃあまさか、エリザ先生?」
    「うんそれ」「まあ、そうでしょうね」
     二人の反応に、シェロはけげんな表情を浮かべた。
    「なんでだよ? 陛下が言ってたアレか?」
    「それだけじゃ無いと思うよー」
     そう前置きし、マリアは小声で話を続ける。
    「だってさー、エリザさんってすっごくさー、何て言うか……。
     あ、や、確かにね、いい人だと思うよ? あたし個人としても、超いい人だと思ってるしさー。砦でのことにしても、自分の予定切り詰めて、わざわざ助けに来てくれたんだし。
     そりゃま、陛下が昔のこと、色々気にされてるってことはあるけど、それを踏まえてもあたしは、エリザさんのことは普通に好きだよー。
     たださー、尉官ってやっぱ、ベタベタされるの嫌なタイプじゃん?」
    「あー、なるほど」
    「砦ん時にエリザさん、尉官がいるとこ、あっちこっち付きまとって色々しゃべり倒してたし。あれ、尉官にしてみたらすっごく、うっとーしかったんじゃないかなーって」
    「そう言われりゃ、確かにな。だけどなー……」
     シェロは首をかしげつつ、こんなことを言い出した。
    「俺からしてみたら、あんな美人に言い寄られて悪い気なんか、絶対しないけど」
    「まあ、その点はうなずける。僕だってエリザ先生と色々お話できたらな、と思ってるしね。
     ただ、尉官はあの性格だから……」
    「ソコが俺には分からんトコなんだよな」
     シェロは肩をすくめつつ、ハンについて不満を漏らす。
    「何であんなに人嫌いなのに、軍に入ったり班長やったりしてんだろうなって。嫌ならやめろよって思うんだけどな、俺としては。
     そりゃ尉官から直に『俺は他人が嫌いだ』なんてふざけた台詞聞いたりしたコト無いし、俺たちを邪険にしたってコトも無いけど、実際、報告やら連絡やら終わって、俺たちが世間話とかし始めたら、すぐに席を離れるよな、あの人」
    「あー、それはあるねー」
    「そんなに話したくないなら……」「いや、それは多分違う」
     シェロの話をさえぎり、ビートがこう返す。
    「尉官が人付き合いしないってのは確かに事実だけど、人嫌いだとか、話をしたくないってわけじゃないと思う。
     だってもし本当にそう言うのが嫌いなら、シェロの言う通り、軍なんて言う団体行動の極みみたいなところに入るわけが無いし」
    「じゃ、実際どうだって言うんだ?」
    「多分、他人にあんまり干渉したくないんだと思う。
     これは多分なんだけど、尉官って昔から、エリザ先生と面識があったんじゃないかなって」
    「そうなのか?」
     尋ねたシェロに、ビートはぷるぷると首を振る。
    「いや、あくまで僕の予想だよ。実際どうなのかは知らない。でも二人が話してる感じからすると、昔から付き合いがある感じだし。
     で、エリザ先生って――今、マリアさんが言ってた通り――すごく積極的と言うか、ぐいぐい押してくるタイプだから、その反動で尉官、押さないタイプになったんじゃないかなって」
    「あー、そうかもねー、……もぐもぐ」
     運ばれてきた料理に手を付けつつ、マリアがうなずく。
    「んぐ……、確かに尉官って、こっちから話しかけたり誘ったりしたら、応じてくれるよね。
     もしかしたらここにも、誘ったら来てくれたかなー?」
    「多分、来たと思いますよ」
    「んじゃさ、今から誘おっか?」
     そう提案したマリアに、ビートは素直にうなずく。
    「そうですね、たまには仕事抜きで話してみたいですしね」
    「え、マジで呼ぶんスか?」
     反面、シェロはうっとうしがるような表情を浮かべる。
    「折角の休暇にわざわざ上司の顔なんか見たくないっスよ、俺」
    「……何かさー」
     それを聞いて、マリアはほおをぷくっと膨らませた。
    「人間嫌いとか何とか言ってたの、あたしにしてみたら、尉官よりあんたの方がそうなんじゃないかって思うんだよね。
     ま、呼びたくないって言うならやめとくけどさっ」
     マリアはそれ以上ハンのことを話題に挙げず、黙々と食事に手を付けた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・彼心伝 7】へ
    • 【琥珀暁・彼心伝 9】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・彼心伝 7】へ
    • 【琥珀暁・彼心伝 9】へ