FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・彼心伝 9

     ←琥珀暁・彼心伝 8 →2018年4月携帯待受
    神様たちの話、第117話。
    彼女は悪人なのか?

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    9.
     夕方を過ぎ、クーも交えての食事を終えたところで、ゲートが自分の畑に来るよう、ハンを呼び出していた。
    「なんだよ、こんなとこまで……」
    「こんなとこって言うな。二人で話せるところなんて、他に無いだろ?」
     ゲートは畑の横に置いてある長椅子に座り、ハンにも座るよう促す。
    「まあ、何だ。色々俺に言いたいことあるだろ?」
    「無くはない」
     そう返しつつ、ハンも長椅子に腰掛ける。
    「だけどさ、答えてくれるのか? 昼にエリザさんのこと聞いたら、逃げただろ」
    「ん、いや、まあな。でもあの時は隣にロイドとリンダがいたからな。
     あんまり下手なこと言って、後で告げ口されちゃ敵わん」
    「ああ、確かにな。じゃあ今なら、肚割って話してくれるってことか?」
    「おう。ま、いつものアレだが」
    「『答えられることだけ答えとけ。答えたくないことは言うな』」
    「そう、ソレだ」
     胸を反らすゲートに、ハンは苦笑を返す。
    「はは……、まあ、じゃあ。
     エリザさんのことは、どう思ってるんだ? いや、好きとか嫌いとかの話じゃなく、……その、善人か、悪人かって話でさ」
    「ん……? どう言う意味だ、そりゃ?」
    「今日、陛下と話してた時、陛下はエリザさんのことを、『油断してると付け込んでくる悪人だ』って評されてたんだ。
     事実、20年前に親父が率いた討伐隊の何十人かを、エリザさんは向こうに持って行っちまったんだし。確かにそれを考えれば、かなりのワルなんじゃないかとは思う。
     だけど、俺本人はそこまで言うほど悪い人じゃないとは思ってるんだ。いや、確かに若干うっとうしいなって思うことはあるけど。
     でもあれだけ人のいい陛下が、珍しく悪し様に人を評されていたから、不安になってさ」
    「ふーむ……」
     ゲートは煙草に火を点け、ふーっと一息吹かす。
    「確かにゼロが他人を罵るなんてのは、俺は一度も見たこと無いな。夏に雪が降るくらいの珍事だ。
     とは言え、言いたくなる気持ちも分かる。向こう行っちまった奴らは、みんなゼロと苦楽を共にした仲間だったんだからな。一致団結して、厳しい戦いを4年も5年も凌いできた奴らが、突然『エリちゃんに付いて行く』っつって、一斉に離れて行ったんだ。そりゃヘコみもするさ。
     それに、アレだ。ゼロだって巷じゃ神様だ、聖人だって持てはやされちゃいるが、結局はやっぱり人間だってことなんだろう。歳取ったせいで、ちょっとくらい頑固になったり、寛容になれなくなったりするようになったってことだ。
     誰でも歳取りゃ、そうなるさ。だからゼロのそんな話なんて、『おっさんのたわごと』くらいに思ってりゃいいんだ。あいつが言うほど、エリちゃんは悪人なんかじゃないって。
     じゃなきゃ俺だって、エリちゃんと、その、……まあ、アレなことになったりなんてしないさ。マジでワルだ、自分の都合と利益しか考えないクズだったってんなら、押しに滅法弱い俺でも流石に、『勘弁してくれ』っつって逃げ帰ってるさ」
    「押しに弱い、ねえ」
     そう返したハンを、ゲートがニヤニヤしつつ、肘で突いてくる。
    「他人事じゃないぞ、ハン」
    「何だよ?」
    「お前も押しに弱い男だってことだよ。
     気ぃ付けろよ、クラムは母親似だからな。気が付けば、いつの間にやら、あれよあれよと言ううちに、……ってことになりかねんぞ。ゼロの場合がそうだったんだからな」
    「まさか」
     そう口では言ったものの、ハン自身も心の中で、「そうかも知れない」と納得してしまっていた。
     それを見透かしたように、ゲートは依然、ニヤニヤ笑っている。
    「ま、いっそ押されてみるのも、アリかも知れんがな。
     お前は自分からどうこうするって性格じゃないからな、放っときゃ一生ヨメさん無しで過ごしかねん」
    「勘弁してくれ」
     ハンは立ち上がり、ゲートに背を向ける。
    「折角もらった休みだし、今日はもう寝るよ。先に帰ってるぜ、親父」
    「おう。……ん?」
     と、ゲートも立ち上がったところで、首をかしげる。
    「そう言えば、ハン?」
    「どうした?」
    「クーは今日、うちに泊まるのか? 何にも聞いてないが」
    「あっ」
     二人で顔を見合わせ、やがてぽつぽつと言葉を交わす。
    「泊まると思って無かったが、……聞いた方がいいよな?」
    「そりゃそうだろ。歯止めかけとけ」
    「だな」
    「……ハン、お前マジで気を付けろよ。
     明日、朝になって横向いたら一緒に寝てたとか、そう言うことは絶対起こすなよ」
    「お、おう」
     二人は急いで、家まで駆けて行った。

    琥珀暁・彼心伝 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・彼心伝 8】へ
    • 【2018年4月携帯待受】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・彼心伝 8】へ
    • 【2018年4月携帯待受】へ