FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・南都伝 2

     ←琥珀暁・南都伝 1 →琥珀暁・南都伝 3
    神様たちの話、第119話。
    キャンプの夜。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     夕食を済ませてすぐ、シモン班は眠りに就いた。
     無論――「危険は無い」とは言ったものの――念のために、交代で見張りを立てることにした。



    「……かん、尉官、起きてくーださーいよー」
     眠りに就いてから4時間ほどしたところで、ハンはマリアに起こされた。
    「ん……ああ」
     ぱっと起き上がり、ハンはテントから出る。
    「寒いな、流石に」
     出た途端、澄んだ星空と凍りつくような空気がハンを出迎える。
     一方、マリアは既にごろんと横になり、毛布にくるまっていた。
    「あったか~いねむ~いおやすみなさ~い、……ぐー」
    「寝るの早いなぁ。……ま、おやすみ」
     テントを閉め、ハンは焚き火の側に座り込む。
    (……さて)
     焚き火に乗っていたポットのふたを取り、中を確かめる。
    (中身は、……ただのお湯か? マリアのことだから、茶か何か沸かしてるかと思ったが)
     一旦ポットを地面に置き、辺りに散らかっていた鍋や食材の余りを確かめる。
     その中に茶葉があるのを見付け、ハンはそこから推理する。
    (使った形跡がある。自分で飲むのに一杯沸かして、それから多分、俺のために新しく火にかけてくれたってとこか。
     飯とか飲むものに関しては、マリアはこだわるからな。となると……)
     と、テントの中からもぞもぞと、マリアが顔を出す。
    「すみませーん、忘れてましたー……。お茶っ葉包んだの、カップの中に入れてますからー」
    「ああ、ありがとう。おやすみ」
    「おやすみなさーい」
     テントにぺら、と手を振りつつ、ハンはカップを手に取り、中に茶葉が入っていることを確認する。
    「やっぱりな。……さてと」
     一旦カップを足元に置き、ハンはポットを手に取ろうとした。

     その時だった。
    「お茶あるならボクにもくれない? キミが淹れた後のでいいから」
    「……!?」
     背後から突然声をかけられ、ハンはばっと立ち上がり、剣を抜きつつ振り向く。
     そこには――ぼんやりとした焚き火の灯りでも、はっきりと分かるくらいに――奇妙な耳と尻尾を持った獣人が立っていた。
    「あ、いやいや、待って待って待って」
     と、男はぱたぱたと手を振り、敵意が無いことを示す。
    「驚かせたのはゴメン。悪気は無いんだ。
     のど乾いちゃってさ、水場か何か近くに無いかなって探してたら、丁度キミがいたから。だから何か、飲むもの無いかなと思って。ソレだけなんだ」
    「……そうか」
     剣を収め、ハンは彼に座るよう促した。
    「立ったまま飲むのも変だろ? そこら辺、掛けてくれ」
    「ありがとね」
     彼はぺこっと頭を下げ、ハンの向かいに座り込んだ。
    「こんなトコで何してんの?」
     いきなりそう聞かれ、ハンは面食らう。
    「それはこちらの台詞だ。……俺たちは山の南側にある、とある街へ向かう途中だ。あんたは?」
    「気ままな一人旅ってトコかな」
    「呑気なもんだな」
    「あんまり人がいるトコにいたくない性分でね。こうして誰もいないトコをひっそり渡り歩いてるのさ」
    「なるほど。確かにこの辺り、人気がまったく無いな」
     そう返しつつ、ハンはカップに茶を注いで男に差し出す。
    「先に飲むか?」
    「いいの?」
    「のど、乾いてるんだろ?」
    「そりゃまあ」
    「俺はヒマつぶしに淹れてるだけだしな」
    「それじゃ、お言葉に甘えて」
     男はまたぺこっと頭を下げて、カップを受け取った。
    「見た感じキミ、軍人さんっぽいけど、あっちのテントで仲間が休んでる感じ?」
    「ああ。2時間おきに交代する予定になってる」
    「じゃ、ソレまでヒマってコト?」
    「そうだ。……何だ?」
     尋ねたハンに、男はきょとんとした目を向けてくる。
    「何が?」
    「俺がヒマだと、何かあるのか?」
    「ヒマつぶしに付き合ってあげようかって。お茶のお礼もしたいし」
    「いらん」
     ハンは素っ気無く返し、焚き火に視線を落とす。
    「ヒマのつぶし方なんていくらでもある。別にあんたに付き合ってもらう必要は無い」
    「つれないねぇ」
     男はニヤニヤ笑いながら、カップに口を付ける。
    「まあ、それでね」
    「いや、いらんって今言っただろ」
    「お構いなく。一人言みたいなもんだよ」
     飄々とした男の態度に、ハンはまともな会話を早々に諦めた。
    「……勝手にしゃべっててくれ」
    「うん」
     そのまま、男は話を始めてしまった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・南都伝 1】へ
    • 【琥珀暁・南都伝 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・南都伝 1】へ
    • 【琥珀暁・南都伝 3】へ