FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 1;蒼天剣」
    蒼天剣 第1部

    蒼天剣・手本録 3

     ←蒼天剣・手本録 2 →蒼天剣・手本録 4
    晴奈の話、21話目。
    師匠を酔わせてどうするつもり?

    3.
    「見事な居合い抜きじゃったな、雪さん」
     勝負を終え、汗を拭っていた柊の元に、重蔵がニコニコしながらやって来た。
    「いえ、まだまだです」
    「謙遜せずとも良い。まさに一撃必殺――胸のすくような、ほれぼれする技じゃった」
     重蔵にほめちぎられた柊は、顔をほんのり赤くして頭を下げた。
    「恐縮です」
     師匠をほめられ、晴奈も嬉しくなる。
    「お疲れ様でした、師匠」
    「ありがと、晴奈」
     晴奈に向けられたその顔は、いつも通りの穏やかな笑顔だった。

     一方。
    「いや、だからな、今日はやっぱり俺、ほんのちょっと体調が悪かったんだよ。それにな、この鉈まだ新品だからな、まだしっくり、手になじんでなかったんだって。それでも善戦した方なんだって、そーゆーマイナス要素があったにも関わらず、……あ、それにほら、ここは敵の本拠地だろ? 『負けろ』みたいな空気をさー、俺感じちゃって。そう、空気が悪い、それなんだよ。それが敗因なんだって。じゃなきゃ、俺があんな女に……」
     クラウンは自分の付き人たちに向かって、愚痴じみた言い訳をブツブツとこぼしていた。
     結局30分ほど愚痴を吐いた後、自分でもいたたまれなくなったらしく、彼はその場から逃げるように帰っていった。



     その晩、晴奈と柊は勝利を祝って、ささやかな酒宴を開いた。
    「さ、師匠」
    「ありがと」
     晴奈が柊の杯に酒を注ぎ、柊はそれを飲み干す。
    「ふう……。本当に、今日は疲れたわ。……ふふっ」
    「師匠?」
     突然笑った柊に、晴奈はけげんな顔をする。
    「晴奈、あなた勝負の間中、ずっと顔がこわばっていたわね」
    「み、見ていたのですか?」
     晴奈はあの緊迫した勝負の中、師匠に自分を見る余裕があったのかと驚いた。
    「そんなに不安だった?」
    「いえ、そんなことは……。ただ、家元から『師匠は一撃必殺を狙っている』と聞かされたので、いつ、どのように繰り出すのかと、後学のために注視していた次第で」
    「ふふ、そうだったの。流石は家元ね」
     柊はもう一度、一息に酒を飲み干す。ぐいぐいと呑んでいたためか、その顔は少しとろんとしている。
    「……晴奈、あなたもどう?」
     柊は晴奈に杯を渡し、酒に手を伸ばす。
    「え? あ、いや、私は、その……」
    「あら? 呑んでみたくないの?」
     そう言われれば、美味しそうに酒を呑む師匠に多少触発されてはいるので、呑んでみたくはある。
    「……少しだけ、なら」
     晴奈は恥ずかしそうに、杯を差し出した。
    「うふふふ……」
     どうやら柊は、大分酔っているらしかった。

     師匠に付き合ううち、晴奈も大分酔ってしまった。
    「ふわ、あ……」
     思わず、大あくびが出てしまう。柊の方を見ると、すでに眠り込んでいる。
    (いけない、いけない。風邪を、引いてしまう)
     ふらりと立ち上がり、食膳や酒瓶を片付け、床の用意をする。
    「うにゃ……、せえな?」
     柊も目を覚まし、晴奈に声をかけてきた。
    「師匠、今床を整えておりますので、そちらでお休みください」
    「んー、ありがと。……ごめん、おみずもってきてちょうらい」
    「あ、はい」
     近くの井戸から水を汲んできて、椀に注いで柊に手渡す。
    「ありがと。……ふふ、わたし、おさけすきなんらけろ、よあいのよ」
    「そのよう、ですね」
    「せえな、あんまいよっれないろれ。うらやあしいなぁ」
     呂律が回っていないので、何と言っているのか今ひとつ、理解はできなかったが、言わんとすることは何となく分かる。
    「いえ、そんなことは。
     さあ、床のご用意ができました。今日はもう、お休みください」
    「ん、ありがと。せえなも、もうねる?」
    「あ、はい」
     晴奈がそう答えると、柊は晴奈の手を取り、引っ張った。
    「いっしょにねよ?」
    「……はぁ?」



     晴奈と柊は普段、別々の部屋で寝ている。
     だからこんな風に、二人揃って枕を並べることは無いのだが、師匠の誘いでもあるし、酔い方もひどかったので、晴奈は放っておけず、その日は二人並んで眠ることとなった。
    「ふー……、よこになると、ちょっとらくね」
     まだ呂律は怪しいが、先ほどよりは平静を取り戻したようだ。
    「んー……。そっか、はじめてよね。こうやってふたりでねるのって」
    「そう、ですね」
    「こんなによっぱらったのも、なんねんぶりかなー」
    「少なくとも、私がこちらに着てからは、初めてお見かけします」
    「そっかー」
     しばらく、間が空く。眠ったのかと晴奈が思った途端、また声がかけられる。
    「ねえ、せいな」
    「はい」
    「こんどさ、ちょっとだけ、とおでしてみない?」
    「遠出?」
    「そ、ひとつきか、ふたつきか、それくらい。みじかく、たびしない?」
    「いいですね。是非、お願いします」
    「ん……」
     また、静かになる。
     今度は完璧に眠ったらしく、すうすうと言う寝息が聞こえてきた。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2008.10.07 転載及び加筆修正
    2016.02.04 修正
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【蒼天剣・手本録 2】へ
    • 【蒼天剣・手本録 4】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    なって、……ないとは言い切れないなぁ。
    雪乃の方は。べろんべろんですし。

    NoTitle 

    ここから見てなかったのかv-416
    朝起きたら2人とも裸になってるはずv-402

    NoTitle 

    酒に弱いのね師匠
    言われてみれば納得してしまうな
    宴会の帰りに刺客に出会えばどうなるか?
    危険だぬ
    飲ません方がいいな
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【蒼天剣・手本録 2】へ
    • 【蒼天剣・手本録 4】へ