FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・南都伝 6

     ←琥珀暁・南都伝 5 →琥珀暁・南都伝 7
    神様たちの話、第123話。
    エリザの食卓。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     食堂に着くなり、ビートとシェロがこそこそと耳打ちし合う。
    (予想通りっちゃ予想通りだけどさ)
    (何が?)
    (やっぱデカいんだな。玄関といい、廊下といい、食堂といい)
    (そりゃ、エリザ先生の自宅だし)
    (こうなると、メシもものすごいぜ。どんだけ出て来るか)
    (そりゃもう、想像も付かないくらいに出て来るんじゃ?)
    (つっても、マリアさんが半分くらい平らげるんじゃね?)
    (まさか! ……まさかとは思うけど)
    「ちょっとー」
     と、マリアが二人の間に割って入る。
    「いくらあたしでも、そんなに食べられないってば」
    「またまたぁ」
     ニヤニヤ笑っているシェロに、マリアがぷくっとほおをふくらませる。
    「あたしのこと、何だと思ってんのよー」
    「大食いで落ち着きが無くて騒がしい」
    「ちょっと、それ女の子に言う台詞?」
     マリアが目を釣り上がらせ、シェロの短い両耳をぐいぐいとつねったところで、ハンが諌めに入った。
    「その辺でいいだろ。エリザさんが俺たちを待ってくれてるのに、いつまで遊んでるんだ」
    「あ、はーい」
     マリアたちがバタバタと席へ急ぎ、続いてハンも座ろうとする。
     が、既に席に着いていたエリザが、「ああ、ちょと」と声をかけてくる。
    「ハンくんはこっち来」
     そう言って自分のすぐ隣を指差したエリザに、ハンは肩をすくめて返す。
    「礼儀に反します。俺は対面に座りますよ」
    「あら、つれへんなぁ」
     全員が卓に着いたところで、エリザが立ち上がる。
    「ほな、遠路はるばるおつかれさんっちゅうコトで。
     皆さんごゆっくり、くつろいだって下さい」
    「ありがとうございます」

     食事を始めて間も無く、マリアが給仕に来た、猫獣人のメイドに声をかける。
    「お待たせいたしました。前菜の……」「ねー、あなたがスナちゃん?」
     名前を呼ばれ、その幼いメイドは目を白黒させた。
    「えっ? え、ええ。どうしてわたしの名前を?」
    「リンダちゃんから聞いたよー。猫獣人で料理上手いメイドさんがいるって」
    「は、はあ、左様ですか」
     面食らっているスナに、マリアは他のメイドを見比べつつ、こう続ける。
    「他の人、みんな『狐』とか『狼』とか短耳の人とかばっかりだけど、こっちで『猫』って珍しいのかな。あなた一人だけっぽいし」
    「え、あ、あのー」
     困った顔で周りをきょろきょろとうかがっていたスナに、エリザが「ええよ」と応じる。
    「お客さんの相手も勤めの一つやし、料理と給仕は他の子に任せたり」
    「恐れ入ります、女将さん。
     え、えっと、はい。わたしの父も『猫』なんですけど、20年ほど前、北から移住して来たんです。ほんでその後こっちで結婚して、わたしが産まれたんです」
    「20年前の移民って言ったら、討伐隊のやつ?」
    「あ、はい。実は父は、その副隊長やったんですが、『こっちが気に入った』言うて、当時飼ってた羊たちと一緒に、越してきはったんです。
     それで移ってきた後、母と出会いまして」
    「そうなんだ。じゃ、お父さんが討伐隊の副隊長だったってことは、それつながりでスナちゃん、エリザさんのとこに来たって感じ?」
    「ええ、2年前からこちらで働かせていただいとるんです。
     でも、……えっと、すみません。お名前は」
    「マリアだよ」
    「ありがとうございます。えっと、マリアさんも猫獣人なんですね」
    「うん、そうそう」
    「わたし、父以外の『猫』の方に会うのん、初めてなんです。妹は母の血引いたみたいで、『狐』ですし」
    「あ、そうなんだ。北の方にはいっぱいいるよー」
    「そうらしいですね。わたしもいっぺん、行ってみたいんですよ」
    「いつか来てよ、案内するよー」
    「はい、その時は是非」
     二人が楽しく話し始めたところで、ハンがそれを咎めかける。
    「おい、マリア……」「ハンくん、ちょと」
     が、寸前でエリザから声をかけられる。
    「なんです?」
     憮然としつつ返事したハンに、エリザがにこにこと笑みを向けてきた。
    「仕事の話は後や。うまいもん食いながら、そんな辛気臭いコトでけるかいな」
    「招待主がそう言うのであれば」
     そう返したハンに、エリザはまた別の笑顔を見せる。
    「言い訳多いなぁ、自分。
     二言めにはすぐ『規律が』『礼儀が』て。ちょっとはアタマ柔くしいや。いっつもそんなんしとったら、あっちこっちでガッツンガッツン角立つで」
    「……っ」
     その言葉に苛立ちを覚えたものの――彼女の言う通り、自分の感情より規律を重んじようとする性分である。
    (ここで声を荒げれば、それこそ場の空気を悪くするだろう。冷静になれ、ハンニバル)
     ハンはそれ以上何も言わず、黙々と食事に手を付けていた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・南都伝 5】へ
    • 【琥珀暁・南都伝 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・南都伝 5】へ
    • 【琥珀暁・南都伝 7】へ