FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・練兵伝 2

     ←琥珀暁・練兵伝 1 →琥珀暁・練兵伝 3
    神様たちの話、第127話。
    対照的な、2人のリーダー。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     エリザからの、横槍とも取れるような提案はあったものの、それでも元来真面目な者が大勢を占める軍人たちである。
     集められた300人は黙々、奪還作戦の訓練に参加していた。

     中でも人一倍真面目なハンは、隊長と言う地位でありながら、いつも朝一番に訓練場に入って剣を振るい、日が暮れるまで砂袋を担いでいる。
    「はっ、はっ、はっ……」
     その日も汗だくになりながら、上半身裸になって訓練をこなしていたハンを、エリザが斜に構えて眺めていた。
    「いつも頑張るなぁ、自分」
     ちなみにエリザは、いつも昼過ぎになってから訓練場に顔を出しては、「おやつ食べよか」などとつぶやきつつ、適当に切り上げて帰っている。
    「リーダーですからね。率先して示さないと」
    「うんうん、立派やねぇ」
    「……示して下さいよ」
     そう返したハンを、エリザは「はっ」と鼻で笑う。
    「示しとるやん。泰然自若、山のように揺るがへん、頼りになるリーダーのお手本や」
    「運動しなさすぎだと思いますが」
     ハンは剣を地面に突き刺し、額に巻いていたバンダナで汗を拭いつつ、エリザに指摘する。
    「肉が大分、付いてきてるように思いますが」
    「アンタなぁ」
     エリザはひょいと立ち上がり、自分の胸を両腕を組んで持ち上げる。
    「コレは巨乳言うんや。デブとちゃう」
    「そこだけじゃありません」
     拭き終えたバンダナを絞りつつ、ハンはエリザの全身を見回す。
    「二の腕ももっちりしてますし」
    「う」
    「お腹も何となくぽっこりしてますし」
    「うっ」
    「あごも丸くなってきてるんじゃないですか?」
    「ううっ、……いや、なっとるかいっ」
     そう言いつつ、エリザは自分のあごに手を当てる。
    「大丈夫やないか。シュッとしとるわ」
    「作戦開始までのあと半月、ぼーっと座ってたらそうなるでしょうね」
    「怖いコト言いなや。……分かった分かった、ほなちょっとくらい頑張るわ」
     エリザは袖をまくり、傍らに置いていた魔杖を手に取る。
    「まあ確かにな、ちょこっとくらいは、こっち来て食べ過ぎかなーとは思とったし」
    「俺の部下もですよ。こっちに来てから確実に、2キロは太ってるはずです」
     再び剣を手に取り、ハンは素振りを再開する。
     一方のエリザも、短い呪文を繰り返し唱え、簡単な攻撃魔術を放つ。
    「せやけどアンタは全然やな。そらよー見たら筋肉付いとるけども、ちょと離れたトコで見たらひょろひょろやで。むしろもうちょい、太った方がええよ」
    「大きなお世話です」
    「まあ、そう言うたらお父さんもほっそい系やったな。抱き付いた時の感触が何ちゅうか、骨そのまんまっちゅうか」
    「やめて下さい」
     ハンは素振りしつつ、横目でエリザをにらむ。
    「浮気相手から父親の身体的特徴についてのことなんか、聞かされたくありません」
    「あーら、そらすんまへんなぁ」
     エリザはニヤニヤ笑いながら、魔杖を腰に佩く。
    「こんくらい撃ったったら、今日は十分やな。いい汗もかいたし」
    「たかだか50回程度でしょう? そんなに動いてないじゃないですか」
     そう突っ込んだハンに、エリザは「分かってへんなぁ」と返す。
    「考えてみ、鍋沸かすくらいの火ぃ焚くのんに、何本薪使う?」
    「ざっくり考えて4、5本ってところでしょうか」
    「アタシが今使てた『ファイアボール』は、1発で薪3本は余裕で火ぃ点けれる。ちゅうコトはや、50回撃ったら150本分、鍋30杯分になる計算になるわな。
     鍋30杯分、薪150本集めて燃やすのんがアンタ、どんだけ重労働か分かるか?」
    「まあ、そう考えたら」
    「つまりこう言うワケや」
     そう言いつつ、エリザは上着を脱ぐ。
     確かにエリザが示した通り、彼女が着ている肌着はびっしょりと、汗で濡れていた。
    「魔術師がみぃんな運動不足みたいなコト無いからな。結構体力持ってかれるんよ、魔術使うと」
    「失礼しました。俺の認識不足です」
     ハンがぺこりと頭を下げたところで、エリザは肌着のまま、くるりと踵を返す。
    「ほな今日は、このくらいにしとくわ。おつかれさん」
    「あ、はい」
     そのままエリザが歩き去ったところで――二人を遠巻きに見ていた兵士たちが、バタバタと近付いてきた。
    「いっ、尉官」
    「何だ?」
    「エリザ先生と何を話されていたのでしょうか?」
    「何をって、世間話だよ」
    「先生がいきなり服を脱がれたように見えましたが……?」
    「ああ。魔術がどれくらい体力使うのかって話をしてたから、それを見せるためにな」
    「な、なるほど」
     そこで一旦、全員が黙り込む。
    「……何だ?」
    「まさか尉官、先生と……」
    「ただならぬ関係にあるとか……」
    「じゃ無いです、……よね?」
     ハンははぁ、とため息をつき、周囲を一喝した。
    「そんなことあるわけ無いだろう! バカなことを考えていないで、真面目に訓練しろ!」
    「はっ、はい!」
    「すみませんでした!」
     わらわらと散っていく兵士たちの背中を眺めながら、ハンはもう一度ため息をつき――そのまま、素振りを再開した。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・練兵伝 1】へ
    • 【琥珀暁・練兵伝 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・練兵伝 1】へ
    • 【琥珀暁・練兵伝 3】へ