FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・練兵伝 6

     ←琥珀暁・練兵伝 5 →琥珀暁・練兵伝 7
    神様たちの話、第131話。
    精鋭マリア。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     ロウの拳を止めたまま、マリアはいつもののほほんとした雰囲気とかけ離れた、きつい口調と眼差しで相手を咎める。
    「やめて下さい、ロウさん」
    「あぁ!? 邪魔すんじゃねえよ!」
    「もう一度だけ、言います。やめて」
     マリアの制止に対し、ロウは怒鳴って返す。
    「邪魔すんならてめーからボコってやんぞ、コラ!?」
    「分かりました」
     次の瞬間――ロウはマリアに蹴りを叩き込まれ、その場から3メートル近くも弾き飛ばされていた。
    「う、っご……!?」
     玄関広間に置かれていた机や椅子をがしゃ、がしゃんと薙ぎ倒しながら、ロウは床に転がる。
    「な、何、しやがるっ」
     それでもすっくと立ち上がり、ロウは近くにあった椅子を手に取り、マリアに襲い掛かる。
     マリアも即応し、ロウが持っていた椅子を左脚を高く挙げて蹴り飛ばし、くるんと半回転しつつ、後ろ向きに右脚を突き込む。
    「ぐば、っ」
     右脚がロウの顔面にめり込むが、それでもロウは倒れず、彼女の脚をつかむ。
    「いい気に、……なってんじゃねえぞオラあああッ!」
     ロウはそのまま、マリアを乱暴に振り回そうとするが、それより一瞬早く、マリアの左脚がロウのあごを蹴り抜いていた。
    「はが……っ」
     ロウは大きくのけぞって体勢を崩し、膝を付いたきり動かなくなる。
    「……ふー」
     一方、マリアは何事も無かったようにすとんと床に降り立ち、ハンの無事を確かめる。
    「尉官、おケガありません?」
    「ああ、大丈夫だ」
     ハンは周囲の兵士たちに目配せし、命令を下す。
    「こいつを拘束しろ」
    「はっ」
     兵士たちは敬礼し、ロウを捕らえようとした。

     と――。
    「ちょい待ち」
     エリザがぺら、と手を振り、兵士たちを制した。
    「エリザさん?」
     いぶかしむハンに、エリザはにこっと笑って返す。
    「いくら何でも気の毒やで。折角遠いトコから来たっちゅうのんに、こないに顔蹴られて、しかも檻の中入れられるっちゅうんは」
    「しかし、そいつは正規の方法を執らずに軍施設に侵入した上、乱闘騒ぎを起こした奴ですよ。何もせずと言うわけには」
    「そんなもん、アンタとアタシのさじ加減やろが。
     訓練場やら宿舎やら入って来た言うても、何や盗られたワケでも無い。乱闘騒ぎにしても、ケガしとんのロウくん一人やん。壊れたもんはアタシが弁償したるし。
     後はアタシらが『不問に処す』言うたら、ソレで終わりやろ?」
    「まあ、それはそうですが」
    「大事(おおごと)にするようなもんでも無いやろ。ソレともアンタ、今後もこんなしょうもないコトで一々、大勢けしかける気ぃか?」
    「……そうですね。流石にそんなことが重なれば、士気を下げるでしょう」
    「せやろ? ちゅうコトで拘束は無しや。みんな、戻ってええでー」
     エリザの一声により、マリアを除く兵士たちはぞろぞろと、その場から離れて行った。
     後に残され、その場にうずくまったままのロウに、エリザは優しく声をかける。
    「手当てしたるで。一緒にアタシの部屋に来」
    「えっ、……い、いやっ、そんな、これくらいいいっスって」
     ロウは鼻血の跡を残したままの顔でばたばたと手を振り、それを固辞しようとする。
    「ええから。話もあるし。ま、二人きりっちゅうのんもアレやろから、マリアちゃんも一緒にいてもらおかな」
    「あ、はーい」
     マリアが素直にうなずく一方、ハンは憮然とした顔になる。
    「俺も行きます」
     そう返すが、エリザはぺら、と手を振る。
    「アンタ、ロウくんみたいなタイプ嫌いやろ? アンタが一緒におったら、アンタかロウくんのどっちかがキレてもうて、話にならへんやろからな。
     アタシに任せとき」
    「そう仰るなら、エリザさんに一任しますよ」
     ハンはそれ以上何も言わず、その場から離れた。

     ロウの騒ぎがあった、その直後――。
    (何だこりゃ)
     宿舎に戻ってきたシェロは玄関の惨状を目にし、呆れ返る。
     と、同僚が近くを通りかかり、彼に声をかけた。
    「シェロ? 今戻ってきたのか」
    「ああ、先にメシ食ってたんだ。
     それで、何かあったのか? 机とか色々、散らばってるけど」
    「闖入者(ちんにゅうしゃ:非正規に立ち入ってきた者のこと)騒ぎだ。今、エリザ先生が尋問してるんだってさ」
    「先生が?」
    「大変だったみたいだぜ。隊長が襲われたんだってさ」
    「隊長が? どうなったんだ? ケガでもしたのか?」
    「いや、マリアが守ったって話だ」
    「じゃ、無事なのか。ふーん……」
     チラ、と机の残骸を一瞥して、シェロはそのまま、自分の部屋へと戻った。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 5;緑綺星
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 5;緑綺星
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・練兵伝 5】へ
    • 【琥珀暁・練兵伝 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・練兵伝 5】へ
    • 【琥珀暁・練兵伝 7】へ