黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・奪港伝 7

     ←琥珀暁・奪港伝 6 →カウンタ素材;ねこ機関車(ベース車輌;国鉄DD51形)
    神様たちの話、第139話。
    マリアの好み。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
    「……だから、……つまり、……俺としては」
     一見するとまだ素面のように見えるが、ハンは杯1杯も飲み干さぬうちに、完全に酔っ払ってしまったらしい。
    「……だから、……あれだ、……俺の考えは」
     既に何周も同じ話を繰り返しており、直立したままの脚は、かくかくと細かく震えている。
    「もうそろそろ潰れますね」
     その様子を眺めていたビートが、マリアに耳打ちする。
    「だねー」
     マリアがうなずくと同時に、ハンは唐突にすとん、と椅子に腰掛け、そのまま上を向き、動かなくなった。
    「やっぱり」
    「いつも通りですね」
     ビートは席を立ち、ハンが手に持ったままの杯を取り、卓に置く。
    「つくづく、この人は律儀で几帳面だなぁ。苦手なのにきっちり呑み切ってるし、落とさないようにつかんだまま寝ちゃうし」
    「そこが魅力だけどねー」
     そう返したマリアに、ビートは一瞬ながら、不安そうな表情を見せる。
    「あの、マリアさん」
    「んー?」
     席に戻り、ビートはマリアに尋ねる。
    「マリアさんは、その、尉官のことを、どう思ってるんですか?」
    「どうって?」
    「その、今、尉官のことを魅力的だと言ってましたが」
    「や、魅力的って言うか、うーん」
     マリアは片手に持った鶏のもも焼きで、ハンを指し示す。
    「面白い人だと思ってるんだけどね、あたしは」
    「面白い?」
    「だって面白いじゃん。超が付くほどクソ真面目で、何が何でも規則や場の雰囲気を大事にしようとして、結構無茶なことしまくってるし。
     今だって、コップそのまま放しちゃえばいいのに、手に持ったまんま。多分、『割ったら街の人に悪い』と思って、持ったまんまにしてるんだよね」
    「そこはやはり、尉官らしいところですよね。礼儀正しすぎると言うか。
     ……って、いや、そこじゃなくてですね。マリアさんが尉官のことを、その、何と言うか、どう思ってるかって言うか、あのー、相手として、いや、そのー……」
    「恋愛対象かってこと?」
     マリアにそう返され、ビートの顔が一瞬で真っ赤になる。
    「そっ、あっ、……ええ、まあ、率直に言ってしまえば、そうです」
    「うーん」
     マリアはもぐ、ともも焼きにかぶりつきつつ、これも率直に答えた。
    「無いねー」
    「え、……そうなんですか?」
    「タイプじゃないもん。あたしにとってはお兄ちゃんみたいなもんなんだよねー」
    「はあ……。そう言えば尉官もそんなこと言ってたような」
    「へー」
     ほぼ骨だけになったもも焼きを皿に置き、マリアは続いて、ほっけの塩焼きを皿ごと手に取る。
    「ま、尉官ならそーだよね。妹さんだらけだし」
     マリアは両手で塩焼きをつかみ、豪快にかぶりつく。
    「むぐむぐ……、そもそも尉官ってさー、自分から誰かに告白するよーなタイプじゃないし、一生独身なんじゃない?」
    「ありえますね」
     寝潰れたハンを一瞥し、ビートもうなずく。
    「仮に好きな人ができたとしても、『自分の都合で相手の人生を変えてしまうのは』とか何とかうじうじ考えて、結局言い出さないでしょうね」
    「うんうん、分かるー」
     二言、三言交わす間に塩焼きも平らげ、マリアはきょろきょろと卓を見回す。
    「お酒ですか?」
    「え、何で分かったの?」
    「一緒に食卓を囲んで長いですからね」
     そう答えつつ、酒瓶を差し出したビートに、マリアはにこっと笑いかける。
    「ありがとー、ビート」
    「いえいえ」
    「にしてもビート、色々良く気付くよね」
     マリアにほめられ、ビートも嬉しそうに笑う。
    「恐縮です」
    「ビートみたいなのがダンナさんだったら、あたしすごく楽できそう」
    「えっ、……えー、楽、ですか」
    「うん。家事全部任せるつもりしてるし。あたし、料理以外はさっぱりだし。多分洗濯とか掃除とか全部、押し付けると思う」
    「……あ、そうですか」
     ビートが一転、意気消沈したところに、マリアは更に追い打ちをかけてきた。
    「でもビートはまだ、そーゆー感じに見れないなー。もうちょいかっこ良かったら、いいかもとは思うかもだけど」
    「……あ、ども」
     ビートはすっかり気落ちしたらしく、その後はうつむいて黙々と、食事に手を付けていた。

    琥珀暁・奪港伝 終
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・奪港伝 6】へ
    • 【カウンタ素材;ねこ機関車(ベース車輌;国鉄DD51形)】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・奪港伝 6】へ
    • 【カウンタ素材;ねこ機関車(ベース車輌;国鉄DD51形)】へ