FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・北報伝 1

     ←カウンタ素材;ねこ機関車(ベース車輌;国鉄DD51形) →琥珀暁・北報伝 2
    神様たちの話、第140話。
    警護任務の拝命。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     ノースポート奪還作戦が終了し、クロスセントラルに戻ったところで、シモン班は再びゼロの御前に召集されていた。
    「ご苦労だった、皆。とてもいい仕事をしてくれたと聞いてる。ありがとう」
     前回と同じように、ゼロは鷹揚な態度でハンたちを出迎えてくれた。
    「痛み入ります」
     そしてハンも、前回と同じく慇懃(いんぎん)に敬礼して返す。
     ハンが頭を上げたところで、ゼロが話を切り出してきた。
    「早速で悪いけれど、次の任務について話をしたいんだ。いや、そんなに手間取らせるようなことじゃない。ごく簡単なことなんだ」
    「と仰いますと……?」
     尋ねたハンに、ゼロは申し訳無さそうな笑みを浮かべる。
    「ノースポート古砦への警護任務だ。と言ってもクーのだけど」
    「クラム皇女殿下の、ですか」
    「あら、よそよそしいお言葉ですこと」
     謁見の間に声が飛び、続いて本人が姿を現す。
    「以前のようにクーとお呼び下さいませ」
    「ご機嫌麗しゅうございます、クー殿下」
     そう返したハンに、クーはぷくっとほおをふくらませる。
    「敬称は結構です。クーだけでよろしいですわ。……コホン、本題に参りましょう。
     あなた方の働きにより、現在ノースポート近隣の古砦に身元不明の敵性勢力が53名、勾留されております。
     ですが現時点では彼らについて、所属も、目的も、まったく不明。彼らと意思疎通を図り、情報を聞き出さない限り、事態の進展は望めないでしょう」
    「そこで私からクーに翻訳術を伝え、彼らと話をしてもらおうと考えている。君たちはクーを護衛してもらいたい」
     ゼロから命令を受け、ハンは素直に敬礼して従う。
    「拝命いたしました。出発はいつでしょうか」
    「流石に帰ってすぐに、と言うのは忍びない。だから今回も3日、休暇を取ってからにしてもらうよ」

     シモン班が謁見の間を出たところで、すぐにクーも追いついてきた。
    「お待ち下さいませ」
    「何です、……何だ、クー」
    「あら、お勉強なさいましたわね。以降はそれで構いませんわよ。お父様の前でも」
    「それは角が立つだろう。いくら陛下がいいと仰っても」
    「訂正。まだまだ勉強不足ですわね」
     そう言って、クーはハンの腕を取り、ぎゅっと抱きついてくる。
    「何だよ」
    「文句は無しでお願いいたしますわ。ともかく、今回の休暇にもわたくし、追従させていただきますから」
    「勘弁してくれ」
     ハンはうんざりした顔で、クーをはねつけようとする。
    「前回もそうやって結局、俺の家に2泊しただろうが。正直、親父も俺も辟易してたんだ」
     一方のクーも、ハンの腕にしがみついたまま、離れようとしない。
    「では今回は、より親密になれるようっ、精一杯、努力いたしますわっ」
    「そんな努力はしなくていい。離れてくれ」
    「離れま、せんわ、よっ」
     突っ張り合う両者を眺めていたマリアが、たまらず吹き出した。
    「ぷ……、ふ、ふふ、あははっ」
    「何がおかしい」
    「おかしいですってば。いいじゃないですか、クーちゃんと一緒に遊びに行っても」
    「よくない」
    「尉官が気にするほど、周りは気にしてないですよ。お似合いのカップルです」
    「なっ」
     ハンが愕然とした顔をする一方で、クーは心底うれしそうに笑みを浮かべている。
    「感謝いたしますわ、マリア」
    「どーもー」
    「と言うわけです、ハン。観念して、わたくしを家にお連れなさい」
    「……」
     ハンはげんなりした顔をして、かくんとうなずいた。
    「分かったよ。家でもどこでも、勝手に付いてくればいい」
    「ええ、そういたします。
     ああ、そうそう。良ければマリアたちも、一緒に如何かしら?」
     クーがそう提案したところで、再びハンが彼女を引き剥がそうとする。
    「待て、何でそうなる」
    「よろしいでしょう? あなた、一度も部下の皆さんをっ、家に招いたことが、無いのでしょう? いい機会だと、思いますけれどっ」
     再度しがみつくクーを押し除けながら、ハンは抵抗する。
    「俺は思わない」
    「いつもあなた、そんなだからっ、部下の方から冷たい方だって、思われるんですのよっ」
    「だから何だ? 俺はそう言う人間なんだ」
    「いいえ、あなたのそれは、口先だけですわっ」
     前にも増してぎゅうぎゅうとしがみつきながら、クーは説得を続ける。
    「本当のあなたは、もっと温かみの、ある方ですのよっ。それを皆さんに、分かっていただかないとっ」
    「んー」
     マリアが苦笑しつつ、声をかけた。
    「知ってるけどね、あたしもビートも、多分シェロも」
    「……っ」
     短く、ハンが何事かをうめくが、マリアはこう続ける。
    「少なくともあたしは尉官がいい人だってこと、知ってます。あと、いっぺんお家にお邪魔してみたいなーとも。
     と言うわけで参加しまーす」
     そう言いつつ、マリアもハンの腕に抱きつく。
    「二人とも行くよね?」
    「えっ」
     マリアに問われ、ビートは戸惑った顔をしつつも、うなずいて返す。
    「あ、はい、行きます」
     だが一方で、シェロは即座に断ってきた。
    「俺は遠慮しときます。用ありますんで」
    「……」
     マリアが軽くにらんでいたが、シェロは何も言わず、そのまま背を向けて歩き去ってしまった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【カウンタ素材;ねこ機関車(ベース車輌;国鉄DD51形)】へ
    • 【琥珀暁・北報伝 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【カウンタ素材;ねこ機関車(ベース車輌;国鉄DD51形)】へ
    • 【琥珀暁・北報伝 2】へ