黄輪雑貨本店 新館


    「琥珀暁」
    琥珀暁 第3部

    琥珀暁・北報伝 2

     ←琥珀暁・北報伝 1 →琥珀暁・北報伝 3
    神様たちの話、第141話。
    シモン家、ふたたび。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     ゼロへの帰還報告から1時間後、ハンたちはシモン家に集まっていた。
    「おかえり、……あれ? クーちゃん、久しぶりー」
     一行が玄関を抜けてすぐ、ハンの妹の一人、テレサが出迎える。
    「お久しぶりです、テレサちゃん。またお邪魔いたしました」
    「今日も泊まってくの?」
    「そのつもりですわ」「待て」
     クーが答えると同時に、ハンがさえぎろうとする。
    「はっきり言っておくが、今度は泊まらせ……」「そう言うことですので、今夜もよろしくお願いいたしますね」
    「は~い」
     しかし止める間も無く、二人の間で話がまとまる。
    「いや、聞けって。そんなに毎回毎回……」
     なおも抗おうとするハンをよそに、マリアたちも話の輪に加わる。
    「はじめまして、シモン尉官の部下の、マリア・ロッソです」
    「同じく、部下のビート・ハーベイです」
    「え? 部下?」
     テレサはきょとんとした顔になり、憮然としたままのハンに尋ねる。
    「ほんと、お兄ちゃん?」
    「ああ」
    「初めてだよね? お兄ちゃんが仕事かんけーの人、家に連れてくるのって」
    「そうだな」
    「なんかあったの?」
    「変なことは何も無い。クーが一緒に来いって言って、誘っただけだ」
    「へー」
     テレサはチラ、とクーを見て、もう一度ハンに向き直る。
    「お兄ちゃん」
    「何だ?」
    「クーちゃんとけっこんでもすんの? って言うか、もうしたの?」
    「はぁ!? 何でそうなる!?」
    「だって、お尻にしかれすぎだもん」
    「なっ……」
     唖然とするハンをよそに、マリアたちはクスクス笑っていた。

     そして夕食の席でも、ハンは父に小突かれていた。
    「お前……、本っ当に気を付けろよ?」
    「……分かってるよ」
     ゲートに釘を差され、ハンは歯切れ悪く弁解する。
    「いつまでもクーの思い通りにはさせないつもりだ。いずれビシっと言うよ」
    「お前なぁ」
     それに対し、ゲートは呆れた目を向けてくる。
    「気持ちがもう負けかけだろ。『つもり』とか『いずれ』とか、弱腰もいいとこじゃないか」
    「いや、それは、言葉の綾で」
    「もう諦めて、あの子に流された方がいいんじゃないか、いっそ?」
     一転、ゲートは真面目な顔になる。
    「何だかんだ言って、可愛いしな。それにゼロの娘婿なら、軍での将来も安泰だろうし」
    「そんな話はしたくないし、聞きたくない。親父の口からなら、尚更だ」
    「分かってないな。俺だから言える話だぞ。
     お前もボチボチ、嫁さん探す頃合いだろ? 人生の先輩としちゃ、むしろここでガンガン言っとかずに、いつ言うんだっての」
    「勘弁してくれよ。第一、クーはまだ子供だぞ」
    「もう1年、2年も経てば年頃だ。今から関係作っとくってのも、アリだと思うがな」
    「馬鹿言え」
     と、二人の間にマリアが割って入る。
    「二人でこしょこしょ、何話してるんですかー?」
    「ん? おー、マリアか」
     ゲートが振り向き、ニヤっと笑いながら、ハンを親指で指す。
    「なに、コイツの身の振りについて、ちょっとな」
    「身の振り、ですか?」
     マリアは二人の顔を見比べ、続いて尋ねてくる。
    「もしかしてシモン班、解散するとか?」
    「あー、いや、そう言う話じゃない。コイツがクーのことをどう思ってるんだって、そう言う話だよ」
    「あ、それあたしも聞きたいですねー」
     マリアもニヤニヤしながら、ハンに尋ねる。
    「尉官は結局、クーちゃんのこと、どう思ってるんですか?」
    「どうもしない。特に何とも思っちゃいない」
     ハンがぶっきらぼうにそう答えたが、マリアは依然、ニヤニヤとしている。
    「またまたー」
    「ハン、看破されてんぞ。本当にお前、隠しごとできない性質だな」
    「どこがだよ。俺は思ったままのことを、そのまま言ってるんだ。繰り返すが、クーのことなんてどうとも思っちゃいない」
     ハンは憮然とした様子でそう答えたが、マリアもゲートも、首を振って返す。
    「素直じゃないですねー」
    「まったくだ。一体誰に似たんだかな」
    関連記事




    blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ  3kaku_s_L.png 琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    • 【琥珀暁・北報伝 1】へ
    • 【琥珀暁・北報伝 3】へ

    ~ Comment ~

    NoTitle 

    現在次章制作中ですが、相変わらずハンはいじられてます。
    その次はどうなるか考え中ですが……。

    NoTitle 

    今はいい遊ばれキャラになってるけど、ハンくん、三章くらい先で、「来年結婚しようぜ」とかいってそのまま帰らぬ人になりそうな予感がする(そうか?)
    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・北報伝 1】へ
    • 【琥珀暁・北報伝 3】へ