FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 6

     ←DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 5 →DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 7
    ウエスタン小説、第6話。
    銃創。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
     アデルが予測していた通り、アルジャン兄弟や組織からの襲撃も無く、アデルたち一行は一晩を安穏に過ごし、翌朝を迎えた。
    「ふあ、あー……」
     宿を一歩出て、背伸びをしたところで、アデルはすぐに腕を下げ、「いてて……」とうめく。
    (やっぱ一日くらいじゃ、治っちゃくれないよな)
     撃たれた右腕をコートの上からさすり、ずきずきとした痛みが残っていることを確認する。
    (ま……、痛いが、痛いってだけだな。腕も指も動くし、放っときゃそのうち治るさ)
     と、背後から声をかけられる。
    「『放っときゃ治る』なんて思ってないわよね」
    「えっ!? あ、いや」
     弁解しかけたところで、エミルがさらに釘を刺してくる。
    「そんなの、半世紀前の考えよ? きちんと治したきゃ、包帯変えたり消毒したり、ちゃんと治るまで手当て続けなさいよ」
    「お、おう」
     と、エミルがアデルのコートの襟を引き、脱ぐよう促してくる。
    「見せてみなさいよ。あんた、いっつもケガしても、隠すじゃない。
     化膿したり腐ったりしたら、手遅れになるわよ。切り落としたくないでしょ?」
    「い、いや、いいって。自分でやるって、後で」
     渋るアデルを、エミルは軽くにらみつけてくる。
    「何よ? まさかあんたも女だなんて言うつもりじゃないでしょうね?」
    「バカ言うなよ。……分かったよ、脱ぐって。脱げばいいんだろ」
     アデルはもたもたとコートを脱ぎ、左手をたどたどしく動かして、シャツの袖をまくろうとする。
    「……っ、……あー、……くそっ」
     しかし利き腕側でないことに加え、右腕の痛みが邪魔をして、思うようにボタンを外すことができない。
     見かねたらしく、エミルが手を添えてきた。
    「外したげるわよ」
    「わ、悪い」
     シャツの袖を脱がすなり、エミルは一転、呆れた目を向けてくる。
    「あんたねぇ……」
     アデルの右腕に巻かれた包帯が、赤茶けた色に染まっていたからだ。



    「血は止まってるっぽいから、昨日からずっと使ってるんでしょ、この包帯」
    「……バレたか」
    「バレたか、じゃないわよ。マジに切り落とすことになりかねないわよ、こんな汚いことしてたら」
     エミルはぐい、とアデルの左腕を引っ張り、宿の中に連れて行く。
    「宿なら包帯も消毒薬もいっぱいあるでしょうし、ちょっともらいましょ」
    「ああ……」
     と、二人が戻ってきたところで、宿のマスターが声をかけてきた。
    「お客さーん、エミル・ミヌーって名前?」
    「そうよ。電話?」
    「そう、パディントン探偵局ってところから」
    「出るわ。あ、その間、こいつの包帯変えるのお願いしていいかしら?」
    「ああ、いいよー」
     そのまま電話口まですたすたと歩き去るエミルを眺め――マスターと目が合ったところで、彼が心配そうに声をかけてきた。
    「お客さん……。めっちゃくちゃ俺のことにらんでるけど、そんなに傷、痛むの?」

     アデルの手当てが終わったところで、丁度エミルも電話を終えたらしい。
    「あら、綺麗に巻いてもらえたわね」
    「ちぇ、何か子供扱いされてるな。……で、局長は何て?」
    「話す前に、皆呼びましょ。そろそろ朝ご飯食べて列車に乗り込む準備しとかないと、遅れちゃうもの」
    「そうだな。……っと」
     言っているうちに、ロバートとダンたち3人が階段を降りてくる。
    「おはよーっス、兄貴、姉貴」
    「今、電話がどうとかって言ってたが……」
    「丁度いいわね。マスター、ご飯もらえる? 6人分ね」
    「はいはーい」
     店主がその場を離れたところで、ロバートたちが席に着く。
    「電話って? 一体どこ……、いや、こんな時かけてくるなんて、局長だけっスよね」
    「ええ。まだあたしたちがスリーバックスにいるって読んで、追加情報をくれたのよ」
     エミルの言葉に、アデルは首をかしげる。
    「追加情報? 特務局のことか?」
    「それもあるけど、メインは横領事件の方ね。
     犯人の身辺について、一つ分かったことがあるって」

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    ブログ「妄想の荒野」の矢端想さんに挿絵を描いていただきました。
    ありがとうございます!
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 5;緑綺星
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 5】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 5】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 7】へ