FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 7

     ←DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 6 →DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 8
    ウエスタン小説、第7話。
    追加連絡。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
    「息子?」
     朝食のベーコントーストを飲み込み、ダンが尋ね返す。
    「ええ。ただ、苗字も違うし、周囲の人間もそんな話聞いたこと無いって話だから、グリフィス本人は気付いてなかったかも知れないけど」
     局長からの電話で、グリフィスの監督する鉱山に、彼の息子が勤めていたことが判明したと伝えられたのである。
    「名前は?」
    「会社には、ケビン・モリスンって登録してたそうよ」
    「偽名、……とも何とも言えないな」
    「局長がざっと調べた限りじゃ、本名じゃないかって。グリフィスの、別れた奥さんの苗字がモリスンらしいから」
    「まあ、ケビンって名前も、モリスンって苗字も多いからな。グリフィスSrも息子だと思わなかったんだろう。
     しかし偶然とは思えないな。親父の管理してる鉱山に、息子が勤めてたってのは」
     アデルがつぶやいたその疑問に、エミルも同意する。
    「そうね。事件もあったわけだし」
    「思ったんだが」
     と、ダンが手を挙げる。
    「親子だって言うなら、似てたんじゃないか?」
    「あん?」
    「いやほら、駅だとか、アッシュバレーだとかで、グリフィスを見たって話だったろ?
     もしかしたらそいつ、グリフィスじゃなく、息子のモリスンの方だったのかもって」
    「……だとしたら?」
     けげんな顔をしたハリーに、ダンは得意そうな様子でこう続ける。
    「俺の推理だけど、グリフィスはもうとっくにモリスンに殺されてて、モリスンがカネを盗んだのかもって。
     いやほら、グリフィスの評判から言って、盗みを働くようなタイプじゃないって話だったしさ。良くあるだろ、『似た顔のヤツが別にいた』って、アレだよ、アレ」
    「三文推理小説ね、本当にそんな展開だったら」
     ダンの仮説を聞いたエミルが、呆れた目を彼に向ける。
    「もしその線が本当だったとしたら、事件から1ヶ月経ってるんだから、グリフィスの死体がどこかで発見されてるでしょ?
     局長からそんな話聞いてないし、その事実は今のところ、無いみたいよ」
    「近くの川にでも投げ捨てればそうそう見つかりゃしないだろうし、俺は有り得ると思うんだけどなぁ」
    「相当な手間じゃない? 忍び込んでカネを盗んだ上、人を殺して川まで運び出すなんて、そんなこと一人で、誰にも見付からずにできるかしら。
     第一、似てるとしても、親子なんだから、少なくとも20歳は年齢が違うはずでしょ? 40代の中年と20代の青年を見間違えるようなこと、そうそう無いと思うんだけど」
     エミルの反論に、ダンを除く全員が賛成する。
    「俺もそう思う」
    「いくら何でも、話がうますぎだ」
    「こじつけに近いぜ」
    「……だよなぁ」
     自分でもそう思ったのか、ダンは顔を赤らめつつ、コーヒーを一息に飲み干した。
    「まあいいや、この話はこれくらいで。
     ともかく、早くメシ食って支度しなきゃ、列車が出ちまうぜ」
    「そうだな」
     その後は取り留めもない話を交わしつつ、一行は朝食を平らげた。

     列車に乗り込み、動き出したところで、エミルが「あ、そうそう」と続けた。
    「局長からの電話、もう一つ伝えとくことがあったわ。
     特務局の状況だけど、明日か明後日くらいには、ミラー局長と局員が解放されるかもって」
    「解放されるって?」
     ほっとした顔をするダンに、エミルは肩をすくめて返す。
    「解放されるって言うより、追い出されるって言った方が的確でしょうけどね。
     ここ数日、オフィスにいた全員の身辺調査を行って、組織だとかの裏が無いってことが判明したから、とりあえず家には帰してもらえるらしいけど――司法省に組織の手が及んでるとすれば――間違い無く局長以下、全員が更迭・免職されるわね。
     組織にとって、特務局はパディントン探偵局の次にうっとうしい敵だもの。口実さえあれば、いつでも潰す気だったでしょうし」
    「そうか……そうだよな」
     ダンたちが意気消沈する横で、ロバートが不安そうに尋ねる。
    「探偵局は大丈夫なんスか?」
    「誰が潰すのよ? うちのトップは司法省長官でも州知事でも、大統領でもないわよ」
    「……あ、そう言やそうっスね」
    「そもそもうちにパディントン局長がいる限り、誰にも潰せやしないわ。そんな心配、あたしたちがする必要なんか無いし、気を揉むだけ無駄よ。
     だからあたしたちは、捜査に集中しましょう。それがベストよ。あたしたちにとっても、局長にとってもね」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 6】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 8】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 6】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 8】へ