FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 8

     ←DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 7 →DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 9
    ウエスタン小説、第8話。
    ゴーストタウン。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    8.
     スリーバックスを発って5日後、アデルたち一行はN州、アッシュバレーに到着した。
    「……本当に何にも無いな」
     通りを見渡すが、薄汚れた家屋がまばらにあるばかりで、賑わっているような様子は全く見られない。
    「電線も無い。これじゃ確かに、電話連絡なんてできるはずが無いな」
    「それどころじゃないぞ。郵便局も保安官オフィスも無い。軒並み潰れてる」
     駅のすぐそばにあった建物を指差しつつ、ダンが呆れた声を漏らす。
    「ほぼ廃村って感じだな。本当にこんなところに、人が住んでんのか?」
    「そうね……」
     エミルが往来を見回し、首を横に振る。
    「ここ数ヶ月、馬車も荷車も通ってないって感じ。足跡も、せいぜい2人、3人ってところかしら」
    「3人だろう。3種類ある」
     アデルがしゃがみ込み、その足跡を調べる。
    「ただ、靴の形は一緒だな。大きさは違うが、靴底のパターンが同じだ。恐らく会社か州軍だとかからの支給品なんだろう。
     同じ会社の同僚3人が、駅に届いた荷物を受け取ったってところだろうな」
    「それに靴底のパターンが、やたらゴツいぜ。相当ハードな環境で働いてるんだろうな」
     ダンもアデルと同様にしゃがみ込み、その足跡を指先で触る。
    「その可能性は高いな。となりゃ、メッセマー鉱業の人間ってことで間違い無いだろう。
     ……何だよダン、あんたも結構やるじゃないか」
    「へへ……、伊達に特務局でしごかれてないさ」
     二人して笑い合ったところで、一転、アデルは首を傾げる。
    「だけど妙だな。3つあって、それが全部、作業員のヤツか」
    「何が妙なんだ?」
     尋ねたダンに、エミルが呆れ気味に答える。
    「サムたちよ。ここに来たはずでしょ?」
    「……あ、そうか」
     一行はきょろきょろと辺りを見回すが、それらしい足跡は見当たらない。
     と、様子をうかがっていたらしい年配の駅員が、とぼとぼとした足取りで近寄ってくる。
    「あんたら、さっきから何しとるんだ? 財布でも落としたのか?」
    「いや、何でも。……っと、ちょっと聞きたいんだが」
     アデルが立ち上がり、駅員に質問する。
    「俺たちの他に、スーツ姿で来たヤツらはいないか?」
    「スーツで? さあ……?」
     駅員は目をしょぼしょぼとさせながら、首を横に振る。
    「覚えが無いね」
    「最近雨が降ったのは?」
    「3日前くらいかなぁ」
    「そもそも、ここって人がいるのか?」
    「俺がいるだろ」
    「いや、そうじゃなくて、あんた以外に人が住んでるのかってことだよ。ざっと見たところ、店もサルーンも何も無いように見えるしさ」
    「鉱山の奴が4人か、5人くらい、……いや、6人? だっけか。まあ、そいつらくらいだな。
     あんたの言う通り、ここにゃもう店が無いから、ここで直に行商人と売り買いしてるみたいだよ」
    「『みたい』って……、あんた、ここで仕事してるんだろ?」
     呆れ気味にアデルがそう尋ねたところで、駅員は恥ずかしそうに笑って返す。
    「ヒマだからさ……。大抵寝とるんだ」
    「……そうか」
     その他、2、3点尋ねてみたものの、駅員からは大した情報を得ることはできなかった。

     駅員を適当にあしらい、駅舎へ戻っていったところで、ふたたびアデルたちは足跡に着目する。
    「あのくたびれたじいさんの話だから正確なことは分からないが、ともかくごく最近、雨が降ったって話だから――計算上、1週間くらい前にはサムたちが到着してたはずだし――サムたちの足跡が消えててもおかしくない。
     足跡が見当たらない以上、下手すりゃサムたちがここに来てない可能性もある。……とは言え、それは考えにくいけどな」
    「他に目的地も無いもんな」
     ハリーの一言にうなずきつつ、アデルが続ける。
    「だから来てることを前提として考えりゃ、間違い無くサムたちは、メッセマー鉱業を訪ねてるはずだ。
     この足跡も多分メッセマー鉱業のヤツらのだろうし、たどれば着くだろう」
     一行は駅を後にし、足跡に沿って街を抜けた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 7】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 9】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 7】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 9】へ