FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 9

     ←DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 8 →DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 10
    ウエスタン小説、第9話。
    疑惑の炭鉱。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    9.
     街を出て程無く、アデルたちは薄汚れたあばら家の前に到着する。
    「『メッセマー鉱業 アッシュバレー営業所』って看板が付いてるな。一応って感じでだが」
    「なんか傾いてないか……?」
     ハリーとスコットが指摘した通り、その小屋はあちこちに穴が空いており、今にも崩れそうな様相を呈していた。
     と、小屋の奥にあった坑道から、人がわらわらと現れる。
    「おい、あんたら……」
     スコットが彼らに声をかけようとしたところで、相手からの怒鳴り声が返ってくる。
    「んなトコでボーッと突っ立ってんじゃねえッ! 下がれ、下がれ!」
    「……! おっ、おう」
     状況を察し、アデルたちは大慌てで踵を返し、小屋の方へ走ろうとする。
     が、一人、ぽかんとした顔で突っ立っていたロバートを、残り5人が慌てて引っ張る。
    「バカ、鉱山だぞここ!」
    「え? は?」
    「マイトだよ、マイト!」
    「真糸?」
    「寝ぼけたこと言ってる場合か!」
    「坑道から大急ぎで人が出てきて『下がれ』っつってんだ、分かんだろ!?」
    「何が……」
    「ああ、もう!」
     まだ状況を把握できていなさそうなロバートを小屋の裏まで引っ張り込み、5人は耳を抑えて身を屈める。
     次の瞬間――ぼごん、とくぐもった音と共に、周囲がぐらっと揺れる。
    「おわっ!?」
    「……ダイナマイト使うくらい分かれよ」
    「す、すんませんっス」

     発破による粉塵が収まってきたところで、改めてアデルたちは、メッセマー鉱業の人間に声をかけた。
    「パディントン探偵局? それが一体、うちに何の用だ?」
     現場監督のジム・マクレガーは、けげんな目で一行を一瞥する。
    「監査なら本社に行けよ。うちにある帳簿なんて、メシとマイトのことしか書いてねえぞ」
    「いや、そうじゃない。数日くらい前に、ここに連邦特務捜査局の人間が来なかったか?」
     尋ねた途端、マクレガー監督の顔に険が差す。
    「あ? 捜査局だ? 知りゃしねえよ」
     その反応を見て、アデルは強い語調で尋ね直す。
    「もう一度聞くぞ。連邦特務捜査局の人間が、ここに来たはずだ。知ってることを話してくれ」
    「知らねえって言って……」
     怒鳴りかけた瞬間、マクレガー監督は硬直する。
     対面にいたエミルが、拳銃を抜いたからだ。
    「なに、……する、気だ、姉ちゃんよ?」
     恐る恐る尋ねるマクレガー監督に、エミルはもう一方の手でハンカチを取り出しつつ、こう返す。
    「別に? あなたが正直に話してくれたら、ほこりを払って終わりよ。
     でも強情張る気なら、掃除のはずみで弾が2、3発くらい出てきちゃうかも知れないけど」
    「……ぐっ」
     たじろぐ様子を見せるが、マクレガー監督はなお、頑なな態度を執る。
    「仮に俺がそいつらを知ってるとして、そしたら、あんたたちは何する気だ?」
    「なるほど」
     そこでアデルは、背後に立っていたダンたちを親指で差す。
    「ちなみにこいつらも特務局の人間だ。いや、だったと言うべきだな」
    「だった……?」
    「詳しい経緯は省くが、先日、特務局は解体された。当然、こいつらに逮捕権は無い。
     仮にあんたらが何らかの罪を犯したとして、それでも、あんたらを捕まえることはできない。その上で、だ。
     もしも特務局の人間がいるなら、解体された件を伝えて、一緒に引き上げようってだけだ」
    「……」
     マクレガー監督はしばらく黙り込んでいたが、やがて、はあと一息吐き、不安そうな口調で尋ねてきた。
    「本当に逮捕はしないんだな?」
    「あんたらを勝手に逮捕したら、俺が逮捕されちまうよ。そんな権限は無いからな」
    「……来てくれ」
     そう言って、マクレガー監督はアデルたちに背を向け、坑道に向かって歩き出した。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 8】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 10】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 8】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 10 ~ 燃える宝石 ~ 10】へ