FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 11 ~ 大閣下の逆襲 ~ 5

     ←DETECTIVE WESTERN 11 ~ 大閣下の逆襲 ~ 4 →DETECTIVE WESTERN 11 ~ 大閣下の逆襲 ~ 6
    ウエスタン小説、第5話。
    友情と不穏。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    5.
     私は彼との約束を、私なりに守ってきたつもりだ。
     彼がワインを好むと知れば大西洋を越えてボルドーまで買い付けに行ったし、フォード劇場跡が見たいと言い出せば、連邦政府や陸軍にしつこく根回しして、観覧を取り計らった。彼の極度な蒐集(しゅうしゅう)癖にも、全面的に協力してきた。
     彼の方でも、それなりに私のことを友人として見てくれるようになった。いつしか彼は私以外の実業家にも投資家にも、代議士などにも会わなくなり、「人が私が金庫だと呼ぶのならば、それはボールドロイド家の書斎に鎮座する金庫なのだ」と公言するようになった。
     君からすればカネと強権と偏執性にまみれた、不健全な絆だと思うかも知れないが――私とメルヴィンの間には、確かに、確固たる友情があったのだ。

     だが、いつしか不穏が訪れた。それは187X年、それまでと同じように、二人きりで夕食を取っていた時のことだった。
     その晩も、私はいつものように、彼に事業の計画やアイデアを、取り留めもなく話していた。いつもであれば、彼はただ、うんうん、いいじゃないか、やってみればいい、……とうなずくばかりだった。
     だがその晩は違った。私がO州に既設されていた鉄道路線を延伸することに言及した時、彼はその時初めて、私に「ノー」と言ったのだ。「その計画は実行すべきでは無い」と。
     繰り返すが、そんなことはこれまで一度も無かったのだ。私も面食らったし、彼も震えているようだった。だが、滅多に無い彼の忠言だったから、私は素直に受け入れた。すぐにその翌朝の会議で、私は計画の変更を幹部に伝えた。
     するとどうだ――不思議なことに数日後、O州で大規模な落盤事故があったと言う。丁度、私が買収し、埋めるか橋を渡すかと考えていた鉱山があったところだ。もし当初の計画通りに進めていれば、そんな脆い地盤に通した鉄道など、使えたはずも無い。会社は大損害を被っていたはずだ。
     だからこそ私はメルヴィンに対し素直に感謝の意を示したし、彼も表面上、喜んでくれた。……だが、これには裏があったのだ。

     どうした、ミヌー君? 一言もしゃべらないが。
     いや、しゃべれないのだな? そうとも、それこそ君の因縁――組織が一度目の壊滅と言う憂き目を見た、「事故」なのだからな。

     既にその頃から、メルヴィンは組織に引き込まれてしまっていたのだ。それもいち構成員などではなく、極めて重要な秘密を握る、幹部としてな。
     その幹部たる彼が、まさか大閣下が居を構える本営、言うなれば組織最大の秘密基地であるその土地に「鉄道を通す」などと言う話を聞いて、それを容認するはずが無い。だからこそあの晩、彼は私の計画を止めさせたのだ。
     そしてなお悪いことに、組織が壊滅してもなお、メルヴィンは大閣下への尊敬と畏敬を失うことは無かった。壊滅直後から、彼は――私以外には資金を融通しないと言っていた彼が――組織に多額の献金を行い始めた。
     当然、社長である私は、その闇献金に気付いた。だがあくまで、彼のカネは彼のモノだ。会社のモノではない。私が説得したところで、彼がそれをやめることなどありはしなかっただろうし、強制的にやめさせる手立ても無かった。
     それどころかメルヴィンは、私を狙い始めていたのだ。私の命のみならず、私の地位をもだ。彼が会社のトップに立てば、それこそ組織の勢力は、合衆国全域に拡大する。W&Bの全鉄道網、のみならず全商業網を、好き放題に悪用してな。

     その危険を回避させ、そしてメルヴィンを制御するために、私は策を打った。事業を失敗したように偽装した上で息子のスチュアートを新たな社長に立て、私は「隠居」と称して雲隠れしたのだ。
     これも単なる事実としての発言だが、スチュアートは人を手玉に取ることにかけては、私より一枚上手だ。ましてや私では、どうしてもメルヴィンに手心を加えてしまう。それは確実に、私にとって致命傷を生じうるほどの隙になる。
     反面、スチュアートであれば、暴走しかねないメルヴィンを思い通りに操作し、カネだけを出させることは容易なはずだと踏んだし、実際、その目論見は十二分に当たった。
     この10年、スチュアートはメルヴィンをしっかりと、O州クリスタルピークの彼の屋敷の中に封じ込めてくれた。それでも闇献金は止められなかったが、組織にW&Bを掌握されると言う、最悪の事態は回避し続けてきた。

     だが――この2、3年で、事態は急変しつつあるのだ。悪い方向にな。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    フォード劇場跡……ワシントンDCにある史跡。
    19世紀に劇場として営業していたが、1862年に全焼した上、
    1865年にはリンカーン大統領の暗殺が行われるなど、不幸な事件が重なった末に閉鎖。
    以後は米陸軍が管理していたが、1893年に崩落事故が発生して以降は、倉庫として使われる。
    1970年に再び劇場として開かれたが、あまりにも事故や事件が多いため、
    アメリカ屈指の呪いスポットとの呼び声も……。

    観たい人には観たい場所なのかも知れません。僕は嫌ですが。
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 11 ~ 大閣下の逆襲 ~ 4】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 11 ~ 大閣下の逆襲 ~ 6】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 11 ~ 大閣下の逆襲 ~ 4】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 11 ~ 大閣下の逆襲 ~ 6】へ