FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 11 ~ 大閣下の逆襲 ~ 6

     ←DETECTIVE WESTERN 11 ~ 大閣下の逆襲 ~ 5 →DETECTIVE WESTERN 11 ~ 大閣下の逆襲 ~ 7
    ウエスタン小説、第6話。
    猫撫での副局長。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    6.
    「悪い方向?」
     尋ねたエミルに、アーサー老人は初めて、憂鬱そうな雰囲気の混じった声で答えた。
    《この10年余におけるW&Bの成功は、メルヴィンの懐だけではなく、会社名義の預金・資産をも、相応に太らせてきた。じきにメルヴィンの融資が必要無くなるほどにな。
     となればそう遠くないうち、会社はメルヴィンを解雇するだろう。会社の都合が通用しない、わがまま放題の金庫爺など、会社にとってはただただ苛立たしいばかりの存在だからな。
     しかしそれはメルヴィンにとって、組織における存在理由を甚(はなは)だしく縮小させることを意味する。資金提供以上に、組織に従順なメルヴィンが『いずれW&Bを掌握できる立場にある』ことが、組織におけるメリットだからだ。
     もし本当にスチュアートが、メルヴィンに対して解任動議を起こせば、メルヴィンは必死で抵抗するだろう。スチュアートの暗殺を目論むほどに》
    「息子さんは、ワットウッドの正体を知らないの?」
    《教えていない。それを知ることは同時に、息子の身を著しく危険に晒すことでもあるからだ。
     秘密主義の組織が、その秘密をつかみ、かつ、公に広く知らしめる力のある人間を、脅迫も暗殺もせずに放っておくようなことは、到底考えられない》
    「そうね。じゃあ息子さんは今、本当にワットウッドを辞めさせようと?」
    《本人から聞いたわけでは無いが、息子の考えていることは手に取るように分かる。
     と言うよりも、私がもしメルヴィンの裏の顔を知らずにこの10年経営してきたとしても、確実に解雇を決定するからだ》
    「親友って言ってたのに?」
     非難めいたエミルの言葉に、アーサー老人は先程と同様の、頑固で淡々とした口調で答えた。
    《友情とビジネスは同じ引き出しに入れておくべきでは無い。
     私個人の情けや友愛にかまけて会社の利益を、ましてや社会全体の利益を損ねることなど、あってはならないことだ。私はそう考えているが、メルヴィンはそうではない。
     ビジネスに関しての見解に小さからざる相違がある以上、彼の協力が必要無くなれば、いずれは手を切っていただろうと、私はそう予想している。無論、友情は友情として、保持し続けるつもりではあったがね。
     ……私の思い出話はこの辺で終わりにしよう。Lが帰ってきた頃だと思うが、どうかね?》
     言われて、エミルは電話室から顔を出し、廊下を確認する。
    「あ、エミル? ただいま」
     と、三毛猫を抱えて戻ってくる壮年の男性と目が合う。
    「おかえりなさい、副局長。ボールドロイドさんから電話よ」
    「Aが? 分かった、代わるよ」
     副局長――リロイ・ライル・グレースは小さくうなずきつつ、抱えていた猫をエミルに差し出す。
    「セイナの相手してて」
    「はーい」
     エミルは三毛猫を受け取り、オフィスに戻った。
    「おかえりなさい、エミルさん」
     入ってすぐ、コーヒーをアデルたちに差し出すサムと目が合う。
    「あの、副局長はどうされたんですか?」
    「電話が来たから話してるところよ。猫預かっててって言われちゃった」
     そう答えつつ、エミルは懐の猫の背中を撫でてやる。途端に猫は、ごろろ……、と気持ち良さそうに、のどを鳴らし始めた。
    「大人しい猫ですね、本当」
    「そうでもないぜ」
     その光景にサムが微笑む一方、アデルは早くもドーナツを頬張りながら、苦々しい目で猫を眺めている。
    「俺とかロバートが近寄ると、すげえ吠えてくるんだぜ。ばっさばっさ爪で斬られるしさ」
    「え、そうなんですか? 僕、普通に触れましたけど……」
     きょとんとするサムに、アデルは苦笑して返した。
    「どうも男が嫌いなんだろうぜ。副局長を除いて」
    「はあ」
     と、その飼い主が苦笑いしつつ、話の輪に加わってくる。



    「元の飼い主にそっくりだよ。彼女も旦那さん以外の男性には、ろくに話もしないような人だったし。僕はなんでか例外だったけど」
    「あ、おかえりなさい、副局長」
    「ただいまー」
     リロイはエミルの隣に座り、猫を受け取る。
    「よいしょっと。……あ、それでエミル、Aの話だけど」
    「はい」
    「断っておいたよ。あいつ、熱くなるとすぐ無茶言うからね。
     まともに付き合ってたら、月まで行く羽目になっちゃうよ」
    「ふふ……、ありがとうございます」
     エミルは苦笑しつつ、再度猫の背中を撫でてやった。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    ブログ「妄想の荒野」の矢端想さんに挿絵を描いていただきました。
    ありがとうございます!
    関連記事


    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 11 ~ 大閣下の逆襲 ~ 5】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 11 ~ 大閣下の逆襲 ~ 7】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 11 ~ 大閣下の逆襲 ~ 5】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 11 ~ 大閣下の逆襲 ~ 7】へ