FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    DETECTIVE WESTERN

    DETECTIVE WESTERN 11 ~ 大閣下の逆襲 ~ 7

     ←DETECTIVE WESTERN 11 ~ 大閣下の逆襲 ~ 6 →DETECTIVE WESTERN 11 ~ 大閣下の逆襲 ~ 8
    ウエスタン小説、第7話。
    進むべきか、退くべきか。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    7.
    「くそッ!」
     サルーンの隅に取り付けられた電話に受話器を叩き付け、アーサー老人は毒を吐く。
    「Lめ、わざわざ半島での話を持ち出してくることはあるまいに。つくづく嫌味な奴め」
    「断られたご様子ですな」
     背後にいたイクトミに、アーサー老人は苦々しい顔を向ける。
    「ああ、そうとも。Lの奴、『冷静さを欠いた今の君に兵隊を寄越したりなんかしたら、1週間どころか1日で全軍壊滅しちゃうよ。だから絶対だーめ』と抜かしおった。
     私のどこが冷静さを欠いていると言うのだ、あの猫撫で親父め!」
    「ふむ」
     イクトミは腕組みしつつ、こくりとうなずいた。
    「ムッシュ・グレースの仰る通りと存じますな」
    「何だと?」
    「確かに我々はアンリ=ルイを討ち、勢いに乗っていると言えましょう。しかしマドモアゼルがトリスタンを討ち損ねた事実を鑑みれば、本営で我々を待ち受けているのは、そのトリスタンに他なりますまい。
     重ねて申し上げますが、わたくしの力量はトリスタンに一歩、二歩ばかり及びません。命も誇りも投げ出した捨て身の攻勢で、どうにか一太刀程度の傷が付けられようか、と言った具合です。
     加えて臆病かつ深謀遠慮たる大閣下のこと、本営にも少なからず護衛を付けていることは、想像に難くありません。例えムッシュ・ボールドロイドの目論見通りに兵を集めたとしても、制圧は極めて難しかろうと考えられます。
     いや、ムッシュ・グレースにも断られたと言うことであれば、わたくしからもはっきり申し上げましょう。勝算はございません。ここは一旦退いて形勢を立て直すのがよろしいでしょう」
    「イクトミ君」
     明らかに憤った様子で、アーサー老人は反論する。
    「では君は、千載一遇のこの機会をみすみす逃すと言うのか」
    「わたくしにはこれが好機であるとは、まったく思えません。言うなれば、崩れる橋に置かれた金塊でしょう。欲に目がくらんで橋を渡れば、待つのは死あるのみです」
    「……」
     なおも反論しようとしたらしく、アーサー老人は口を開きかけたが、どうにか納得したのだろう――やがて目を伏せ、黙り込んだ。

     と、カウンターで酒を飲んでいた男が、「おい」と声をかけてくる。
    「あんたら、揉めてるようだが。人手がいるのかい?」
    「うん?」
     アーサー老人は男の方に振り返り、邪険に返す。
    「君には関係の無い話だ。引っ込んでいたまえ」
    「まあ、そう言うなって」
     男はバーボンの酒瓶を片手に立ち上がり、ニヤニヤ笑いながら二人に近寄ってくる。
    「俺は……、そうだな、DJと呼んでくれ」
    「DJ?」
    「周りからそう呼ばれてるのさ。ちっと本名が長いもんでね。
     ああ、そうそう。人手が欲しいって話なら、俺が紹介してやれるぜ」
    「なに?」
     渋い表情を向けるアーサー老人に、DJは手をぺらぺらと振る。
    「まあ、そうにらむなって。自慢じゃないが、色々人脈を持っててね。俺が声をかければ、7~80人はさっと集まる」
    「ほう」
     アーサー老人はいぶかしげにDJを眺めていたが、やがてこう尋ねた。
    「いくらかかる?」
    「1人1日4ドル、80人なら1日320ドルだ」
    「武装できるか?」
    「追加料金、1人1ドル半。旅費も出してくれるならありがたい」
    「構わん」
    「ムッシュ?」
     イクトミが険しい表情を浮かべ、アーサー老人を止めようとする。
    「冷静になっていただきたい。普段のあなたなら、こんな怪しい話に乗りはしないはずでしょう?」
    「確かにそうだ。だが丁度このタイミングで、人を集められると言うのであれば、多少のリスクは目を瞑(つむ)ろう」
    「いや、いや、ムッシュ! リスクがあまりにも大きすぎます!」「構わん!」
     アーサー老人は怒鳴り返し、DJに振り返った。
    「すぐ用意してくれ。O州のクリスタルピークへ向かう」
    「オーケー」
     DJはニヤッと口の端を上げ、酒瓶をカウンターに置いた。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 5;緑綺星
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【DETECTIVE WESTERN 11 ~ 大閣下の逆襲 ~ 6】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 11 ~ 大閣下の逆襲 ~ 8】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【DETECTIVE WESTERN 11 ~ 大閣下の逆襲 ~ 6】へ
    • 【DETECTIVE WESTERN 11 ~ 大閣下の逆襲 ~ 8】へ