FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第4部

    琥珀暁・往海伝 1

     ←2018年11月携帯待受 →琥珀暁・往海伝 2
    神様たちの話、第146話。
    夏の思い出。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     双月暦13年、夏の頃。
    「ちゅうても寒い気するんよ」
     2歳になったばかりの娘、リンダを抱えながら、エリザは対面に座るゲートにそう言った。
    「アタシな、こっちやと何や羽織らんと、手足が冷えてしゃあないねんな。この子も耳、ぷるぷるさしとるし」
    「あー、うん、そうなのか」
     ゲートはチラ、チラと傍らの妻、メノーに視線を移しつつ、エリザに答える。
    「やっぱり、その、何て言うか……、山を越えて北に来ると、気候? って言うのか、そう言うのが多分、違うんだろうな」
    「せやろね」
    「本当、エリちゃん寒そうにしてるわよね。リンちゃんも」
     一方、メノーも自分の娘、テレサを膝に載せたまま、心配そうな顔でエリザを見つめている。
    「持って来よっか、上着? 冬用は仕舞っちゃったから、春先のやつしか無いけど」
    「ええのん?」
    「お耳、震えてるし」
    「ありがとな、メノーさん」
    「じゃ、あなた。テレサお願い」
    「おっ、おう」
     テレサを預け、メノーは席を立つ。
     子供たちを除き、二人きりになったところで、ゲートが絞り出すような声を上げる。
    「……何かなぁ、俺、圧力感じんだけど。君と、メノーからの」
    「そらせやろ」
     メノーがいた時と一転して、エリザは軽くゲートをにらみつけている。
    「アタシとメノーさんが仲良うなって随分経っとんのに、いつまでアンタ、ビクビクしてんねんな」
    「うぅ……」
     ゲートは自分の頭を抱え――ようとして、慌ててテレサに手を添え直す。
    「っと、あぶねっ」
    「ホンマ危なっかしいわ」
     エリザはリンダの尻尾を撫でながら、こう続ける。
    「ウチの方やと『父親になった男は強くなる』言うてるんやけどなぁ。アンタ、子供できる度に弱くなってへん? 5人もおるのに」
    「弱くもなるさ……。君との関係が明るみに出たら俺、二度と表を歩けなくなっちまう」
    「アホなコト言いなや。バレたらバレた時やん」
    「……はぁ」
     ゲートもテレサの頭を撫でながら、深いため息をついた。
    「俺はダメだ。とても君みたいに、強くなれん」
    「情けないなぁ」
    「……でも、ハンには強くなってほしいんだよ、そっちの方も」
    「そっち?」
     尋ねたエリザに、ゲートは疲れをにじませつつも、どうにか笑顔を見せる。
    「腕っ節なんかは、訓練すりゃ強くなるさ。だけども何て言ったらいいのかな……、心と言うか、精神と言うか、そう言う方向の強さは、俺には鍛え方が分からん。今だって俺、君やメノーににらまれて、こんな有り様だし。
     反面、エリちゃんはすごく、その、気丈って言うか頑固って言うか、折れないって言うか。……まあ、俺が何を言いたいかって言うとな、ハンのそう言う面を、鍛えてやってほしいんだよ。
     そっちの鍛え方は、俺より絶対、エリちゃんの方が上手そうだしな」
    「アハハ……」
     エリザはケラケラと笑いながら、こくこくとうなずいた。
    「ええで。アタシにでける範囲で良かったら、みっちり鍛えたるわ」



    「……なーんて言うてたんやけどねぇ」
     エリザはそこで言葉を切り、離れて兵士たちと会話を交わしていたハンにチラ、と目をやる。
     隣りにいたクーも同じようにチラ、とハンを見て、こう返す。
    「その仰りようだと、期待通りの結果にはならなかったように聞こえますけれど」
    「んー、期待通りっちゅうか、期待以上っちゅうか。
     ほら、あの子全然、心開くようなタイプやあらへんやろ?」
    「ええ」
    「鍛えすぎて、ガッチガチに防御してしまうようになってしもたみたいでなー。自分からごっつ高い壁築いて拒絶してしもてるから、誰とも打ち解けようとせえへんし、誰からも気さくに声かけてもらえへんし、や」
     エリザはどこか寂しそうに微笑み、クーに向き直る。
    「そのせいか、あの子に積極的に話しかけてくれる女の子――妹除いて――2人しかおらへんねんな。このままやとあの子、ずーっと一人のまんまになって、孤立してしまうわ。
     アンタ、そのうちの一人やし、どーにかあの子の心、開いたってほしいんよ」
    「ええ。元よりそのつもりですわ」
     そう返し、クーは目の前に広がる海に目を向けた。
    「だからこそわたくしは今、この船に乗っているのですから」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【2018年11月携帯待受】へ
    • 【琥珀暁・往海伝 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【2018年11月携帯待受】へ
    • 【琥珀暁・往海伝 2】へ