FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第4部

    琥珀暁・彼港伝 1

     ←クルマのドット絵 その75 →琥珀暁・彼港伝 2
    神様たちの話、第154話。
    彼の国の港。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    1.
     ホープ島を出発してからさらに3ヶ月、4つの島を越えて、遠征隊はついに、北方の地に到着しようとしていた。
    「あれが『我々の世界』における唯一の不凍港、テプロイモアだ」
     船の前方に見える港町を指差したイサコ尉官に、ハンが尋ねる。
    「意味は……、『温かい海』とでも言えばいいのか?」
    「そうだ。貴官らには変わらず寒い場所ではあろうが、我々にとっては最も南に位置する、実りある土地である。とは言え山間部に比べればその収穫も、さほどでは無いが」
    「言うてたね、そんなん」
     話の輪に、エリザが入ってくる。
    「山の方はお芋さんやらカボチャさんやら仰山取れるけど、海に近い方は農業、あんまり上手いコト行ってへんって、そんなん聞いたけど」
    「ええ。とは言え海ですから、水産物に関しては獲れることは獲れるのです。ただ、一年を通して寒さが厳しいので……」
    「漁場が凍ってしまう、と言うわけか」
    「うむ。どうにか港を出ても、海の方が凍り付いていることもある。そうした事情もあり、街を完全に賄えるほどの漁獲量は期待できない。それに不凍港とは言ったものの、厳寒期には凍ってしまう。
     故にあの街に住む者は皆、常に飢えと戦っているようなものだ」
    「詳しいな。トロコフ尉官は、南の方に?」
     尋ねたハンに、イサコは深々とうなずく。
    「うむ。実を言えば、故郷はあの街だ」
     と、エリザが手を挙げる。
    「そう言えば、あんまり詳しく聞いてへんかったかもやけど」
    「何でしょう」
     ハンなど、遠征隊のほとんどの者とは対等な口調で話すイサコも、どうやらエリザに対しては頭が上がらないらしく、彼女にだけは敬語が多くなる。
    「レン・ジーンっちゅうのんは、『アンタらの世界』で一番偉い、王様っちゅう認識でええんか?」
    「と言うと?」
     エリザの問いに、ハンが重ねて尋ねてくる。
    「例えばや、ハンくんらのトコやと、ゼロさんが王様やん。ただな、アタシらのトコやと、アタシがゼロさんの代理っちゅうか、力を貸してもろてるような立場やん?」
    「確かに名目上、エリザさんは名代(みょうだい)とされてますね」
    「実際もそうやろ? 何や『名目上』て。妙な言い回しやな」
     ハンを軽くにらみ、エリザは「ま、ええわ」と切り替える。
    「ほんでソコら辺、イサコくんらはどないやろなって。
     ジーンが直で、イサコくんに命令しとんのかなーってなると――イサコくんの話からして――えらい遠いところから伝えとんねんなーと思てな」
    「なるほど。確かにエリザさんの仰った通り、事情は多少違います」
     そう前置きし、イサコは「レン・ジーンの世界」について説明し始めた。
    「ジーン陛下は確かに、我々の世界全土を統べる方です。ただ、私も直接、面前に拝したことはありません。
     陛下はかつて、この世界にあった9つの国と戦い、そしてそのすべてに勝利し、絶対王者、皇帝として君臨しているのです」
    「アタシとゼロさんみたいな関係かな思てたけど、大分違うみたいやな。ちゅうコトは、絶対逆らえへんっちゅうような感じなん?」
    「左様です。加えて述べれば、かつてジーン陛下と戦った9人の王は皆、陛下によって処刑されております。現在いる王はすべて、ジーン陛下の下僕(しもべ)なのです」
    「それは、……極端だな」
     いつもより一層渋い顔を向けたハンに、イサコは肩をすくめて返す。
    「それがこの世界の普通です。弱者は死すべき、と」
    「けったいな考えやな」
     一方、エリザは怒りのこもった口調で反論する。
    「そんな考え、行き着くところまで行ったら、強いヤツたった1人になってしまうような考えやん。一番弱いのんが死んでしもたら、次に死ぬのはその次に弱いヤツっちゅうコトになるワケやし。
     そんな『他人は見捨てて当然』っちゅうような、クソみたいなコト考えるヤツが一番上でふんぞり返っとるんは、腹立ってしゃあないわ」
    「エリザさん、それは街に着いてからは、言わないようにしていただけますか」
     イサコが心配そうな目で、エリザを眺めてくる。
    「陛下がいないとは言え、その部下である兵士・将官は街に滞在・駐屯しています。もし彼らの耳に入れば、きっと陛下にも伝わるでしょう。そうなれば数日で、街は焼け野原にされてしまいます」
    「なるかいな」
     が、エリザはフン、と鼻を鳴らし、こう言い返した。
    「アタシを始めとして、ハンくんやらロウくんやら、腕利きが大勢おるんや。何やあったら、撃退したるわ」
    「困った人ですね、あなたは」
     イサコもハン同様に渋い表情を浮かべ、黙り込んでしまった。
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【クルマのドット絵 その75】へ
    • 【琥珀暁・彼港伝 2】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【クルマのドット絵 その75】へ
    • 【琥珀暁・彼港伝 2】へ