FC2ブログ

黄輪雑貨本店 新館


    「双月千年世界 4;琥珀暁」
    琥珀暁 第4部

    琥珀暁・衝北伝 2

     ←琥珀暁・衝北伝 1 →琥珀暁・衝北伝 3
    神様たちの話、第163話。
    凸凹問答。

    - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

    2.
     その日も小袋一杯にデニーを稼ぎ、エリザが戻ってきたところで、ハンが彼女のところへ詰め寄ってきた。
    「お話があります」
    「なんや?」
    「ここでは何ですから、俺の部屋に」
    「ココでええやろ? アンタがしたい話ちゅうのんはどうせ、2つしかあらへんからな」
    「何ですって?」
    「『遠征隊の規律がどうのこうの』か、『迎撃策はどないや』のどっちかやろ? どっちも陰でコソコソ言う必要は無いと思うけどな」
     剣呑じみたエリザの言葉に、ハンのまなじりが尖ってくる。
    「そんなに皆の面前で、俺に怒られたいんですか?」
    「そんなコトあるかいな」
     エリザは辺りを見回し、遠巻きに見守っている兵士たちに声をかける。
    「みんな、ちょとこっち来ー」
    「え?」
     面食らった様子のハンをよそに、皆が集まってくる。
    「アタシから、ちょと周知あるから」
    「周知?」
     尋ねるハンには答えず、エリザはこう続けた。
    「明日辺りな、帝国軍さんら攻めてきはるで」
    「は!?」
     エリザからの突然の報告に、ハンはぎょっとしている。
    「待って下さい、エリザさん。一体……」「とりあえず続き聞き」
     そんなハンを制して、エリザは話し始めた。
    「今日、街の人らがうわさしとったんやけどもな。街の外れでちょいちょい、帝国兵さんらが目撃されとるらしいんよ。どうも斥候(せっこう:敵や地形などの状況を確認・監視する兵士のこと)やろな。
     ちゅうコトは近い内、攻めて来はるっちゅうコトや」
    「対策は済んだんですか? 『5日で国王を説得する』と言っていましたが」
    「そんなん言うてへんよ」
     そう返され、ハンは唖然とした表情を浮かべる。
    「何ですって? エリザさん、はっきり言っていたじゃないですか!?」
    「人の話はちゃんと聞かなアカンで」
     エリザはフン、と鼻を鳴らし、ハンの鼻に人差し指をちょこんと当てる。
    「アタシが言うたんは『5日あればどうとでもでける』や。あんなしょぼくれたおっさんと話する気ぃなんか、ハナっから無いわ」
    「国王と話さず、どうやってこの国の軍を動かすんです?」
    「軍も放っとき」
    「……わけが分かりません」
     ハンはエリザに詰め寄り、苛立たしげに尋ねる。
    「まさか俺たちだけで勝手に防衛するなんて言いませんよね!? そんなことをすればどうなるか、話し合ったはずですよね!?」
    「分かっとるよ。ちゃんとみんなに助けてもらうつもりしとる」
    「みんなですって? たった今、軍には助けを求めないと言ったばかりじゃないですか!?」
    「言うたよ?」
    「めちゃくちゃだ!」
     ハンは顔を真っ赤にし、いよいよ怒鳴り出す。
    「こんな数秒の間に、言うことがコロコロと変わるなんて! いい加減にも程があります! あなたは頭が、……頭がおかしいとしか思えない!」
     続いて剣を抜き、エリザに向けた。
    「あなたの権限をこの場で奪わせてもらいます! あなたは狂ってる! 到底、副隊長の任を全うできる状態じゃない!」
    「言いたいコトはソレで全部か? 人の話聞かんと、よーもまあ、そんな人を罵りよって」
     一方、エリザはいつも通りの、ひょうひょうとした態度を崩さない。
    「アタシは何にも、矛盾したコトは一つも言うてへんで? アンタがカタいアタマで勝手な推察立てて、物事を変な方向に決め込んどるだけや」
    「黙れ、狂人ッ!」
     ハンは一歩間合いを詰め、エリザの鼻先に剣の先を付ける。
    「もう一言もしゃべるな!」
    「アホ」
     次の瞬間――ぱちん、と何かが破裂したような音と共に、ハンは剣を放り出し、その場に尻餅を付いていた。
    「な……な?」
    「ぎゃーぎゃーうるさいわ。ちょと黙っとき」
    「い……った……い、なに……を?」
     その場で伸びたままのハンに、エリザは優しく声をかける。
    「ちょとしびれさせたんや。黙れ黙れ言うてる割にアンタ、めっちゃうるさかったし」
    「う……ぐ……」
     その言葉に抗おうとしているらしく、ハンはぶるぶると手や足を震わせているが、立ち上がれそうな様子は全く見られない。
     そんなハンに構わず、エリザは話を始めた。
    「ほな、アタシの策についてちゃんと説明するからな。大人しく聞いときや」
    関連記事




    ブログランキング・にほんブログ村へ





    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ 3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    総もくじ 3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 4;琥珀暁
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 3;白猫夢
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 2;火紅狐
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 1;蒼天剣
    総もくじ  3kaku_s_L.png 双月千年世界 短編・掌編・設定など
    もくじ  3kaku_s_L.png DETECTIVE WESTERN
    もくじ  3kaku_s_L.png 短編・掌編
    もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
    もくじ  3kaku_s_L.png 雑記
    もくじ  3kaku_s_L.png 携帯待受
    もくじ  3kaku_s_L.png 今日の旅岡さん
    総もくじ  3kaku_s_L.png イラスト練習/実践
    • 【琥珀暁・衝北伝 1】へ
    • 【琥珀暁・衝北伝 3】へ

    ~ Comment ~

    管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

    ~ Trackback ~

    トラックバックURL


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    • 【琥珀暁・衝北伝 1】へ
    • 【琥珀暁・衝北伝 3】へ